マスク生活を快適に!透明な『近大マスク』が使い勝手◎!

みなさんこんにちは。変わらずマスクを付けなければいけない日々が続いていますね。マスクをしていると、表情が見えにくかったり食事の際に不便だったりと、プチストレスが溜まり気味に。
そこで、近畿大学が開発した『近大マスク』という透明なマスクを試してみました。使って見て良いなと感じた点をレビューしていきます。

スケーター株式会社
  • 5762
  • 33
  • 0
  • いいね
  • クリップ

『近大マスク』とは?

『近大マスク』は、近畿大学の複数の学部・クラブが連携し実現した3D立体形状の透明マスクです。

開発過程では医学部感染症関連の専門家の方の意見を反映しながら、理工学部でマスクの気流の可視化実験を実行!さらに経営学部の強力で体育会陸上部による試作品を装着したアンケート調査を行って開発していったそう。

まさしく ”オール近大” で開発されたマスクですね。

ここからは実際の使い心地についてレポートします。

見た目のデザインが良い!

まず見た目のデザインがとてもきれいです。透明のプラスチック製カップがやわらかい曲線で顔を覆うような作りになっています。
口元には直接当たらないので口紅が付いてしまう心配がないのがうれしいポイント。

優れた耐久性のSBC樹脂を使用しているので、しっかりとしていてチープさをまったく感じないです。

窮屈さがなく使い心地◎!

『近大マスク』は耳にひっかけるだけで軽いつけ心地です。

不織布マスクを長時間つけていると息苦しさと肌荒れが常に気になりますが、『近大マスク』はそのストレスから解消されます!窮屈さがないんです。

それでいて鼻~口元をガードする3D立体形状(気流の可視化実験済み)なのが便利!
目を覆わないので視界もバッチリ良好です。

さらにフレーム部分が取り外せて、2段階で位置調整が可能です。ピアスをしていてもひっかかったりすることがないので、そこは特に嬉しい点です♪

息苦しさが軽減され熱がこもりにくい為、これからの暑い季節の熱中症対策にも適していると思います。

ジョギングの時も、息苦しさが軽減されるので、わたしは『近大マスク』を付けて走っています!

使い終わったら水で洗うこともできますし、消毒して繰り返し使用できるのも経済的ですよ。

ずらすだけだから会食時にも便利

写真のように上にずらして、そのまま飲食ができます。

これまで会食時に度々マスクを付けたり外したりする煩わしさがあり、食事中にはずしたマスクをテーブルの上に置くのにもなんだか躊躇していました。
でも、『近大マスク』ならそんなストレスが軽減されます。

クリアだから表情がよく見える

小さなこどもと居るときは、表情がわかるので喜んでもらえると思います。

優れた透明性の樹脂を使用しているので、付けていても口元の表情や動きがよく見えます。

特に赤ちゃんがいる暮らしの中では、お世話をしてくれている人の表情がよく見えた方が赤ちゃんも安心できそうです。

幼いこどもと接する保育士さん、新生児に寄り添う助産師さん、こどもたちと向き合う学校の先生や、他にも接客業の方、講演会や会社でのプレゼンなどにもとても活躍するのではと思いました。

長時間つけていても息苦しさを感じないので勤務中にも最適ですね。

小学生の息子もなんだかかっこいい形状のマスクに興味津々でした。

これまでの生活では、相手の口元の動きや表情の変化を無意識に自然と感じながら会話ができていたと思います。

マスク着用が当たり前となった現在、『近大マスク』はコミュニケーションの場で表情が見えるということの大事さを取り戻せるアイテムですね。

購入はこちらからどうぞ↓

  • 5762
  • 33
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

築24年 2LDK 55㎡家族4人コンパクトで質素な賃貸暮らし。普通のごはん。掲載本「収納が、ない!」2019年「シンプル収納のルール&アイデア」2018年「家…

rie_yamanouchiさんの他のアイデア

雑貨のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード