インテリアと書籍の融合 la kagu

  • 685
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

インテリアショップでもなく、書店でもない

2014年にオープンした「la kagu」
サザビーと新潮社のコラボによるこの商業施設は、作家のイメージ合わせたインテリア雑貨などを多くそろえて
大人の女性のライフスタイルを程よく刺激してくれる店だ


新潮社の倉庫があった敷地を逆手にとって、シンプルモダンを演出

新潮社のある神楽坂はもともとフランス人が多く住むエリアだが、
近年はさらに雑貨屋やギャラリーが増えて、おしゃれな店が多く並ぶ。

その雰囲気から一線を画す、インパクトのある外見は、
神楽坂の矢来口を出ると目の前に広がると、思わず人々を引き寄せるようだ。

私も工事中からどんな店ができるのか楽しみで仕方なかった。

店内はファッション、雑誌、ライフスタイル雑貨、そしてカフェと
そこですべてをそろえようすることもでき、
一日いても十分楽しめる。
特に二階は、雑誌と雑貨を融合して並べていて、
まるで一人の部屋にいるよう。

そうか、こういう部屋の作り方もできるのだなと感心させられた。

テラスでもカフェメニューを食することができる。気持ちいい空間

一階のほぼ半分をカフェスペースが占める。
大きなテーブル席とカウンターと、ソファスペースとあり、あくまでの家で過ごしている雰囲気。

加えてテラス席もあり、暖かい日は外でランチをするママグループもたくさんいるようだ。

子連れグループや車いすの方にもしっかりと配慮。

正面からの大きな階段はともするとベビーカーを利用している人たちには
ハードル高いかなと感じていたが、
ちゃんと裏側からルートが確保されていた。

そう、このあたりは子連れが多いエリアなので、
ママたちの憩いの場としてちゃんと考えられていたのはうれしい限り。

  • 685
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

なかなか一人の時間を見つけられない昨今、すきま時間を充実できるように気になるカフェのメモを残していきたいです

おすすめのアイデア

話題のキーワード