リフォームの際キッチンやユニットバスを施主支給する場合の注意点

通常リフォームでは、施工業者が設備や建材を手配して施工しますが、施主様が自分で設備や建材を購入して施工業者に取り付けてもらうという方法が最近増えています。これを『施主支給』と言います。
施主支給でよくあるケースは、自分で購入したこだわりの洗面ボウルやステンドグラス、タイルなどを現場に持ち込んで取り付けてもらう事。特にアンティークや海外の製品など、一般的に流通しないものや、思い出の品などをリフォームに生かすことは素敵なことだと思います。
しかしそうした小物にとどまらず、「システムキッチンや、ユニットバスなどの住設物も自分の好みで選びたい」という声もよく聞きます。たとえばサンワカンパニーやアドヴァンのようなネット販売をしている設備・建材商社は表示価格=購入価格で、比較的安価なので人気があります。

  • 902
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 902
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム会社

「やってよかったよ!このリフォーム!!」こう言ってもらえるように、お客様の希望と不安をとことん聞きます。せっかくお金をかけて家をリフォームしても、あとからああし…

おすすめのアイデア

話題のキーワード