本山のアトリエ

画家のアトリエのある、築25年のマンションのリノベーションです。既存のRC直貼りクロスを剥がすと、隠れていた継ぎ接ぎだらけのパテ跡が残った躯体が露わになりました。市販の滑り止めシートをステンシル代わりに使い、RC面に直接張り付けてマスキング塗装すると、荒々しい躯体の表面に花柄の模様が靄のように浮かびあがる独特なテクスチャーとなりました。

元々はアトリエという用途上、絵の具などの汚れが気にならないようにという配慮がデザインの意図でしたが、出来上がった空間は「単に新しいでも、古いでもない」独特な雰囲気を纏った空間が立ち現れてきました。

  • 438
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 438
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード