ママ必見!キッチンはどんな形が使いやすいの?

ママが毎日使うキッチン。本当にたくさんの種類があり、どの形が使いやすいのか迷ってしまいますよね。それぞれに特長があるので、自分にぴったりなキッチンを見つけてみてください!

  • 7890
  • 23
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチンには様々な種類があり、お家のレイアウトや使い勝手から、最適なものを選ぶようになります。
毎日使うキッチン、この機会に自分にぴったりな形などの形なのか・・考えてみてはいかがですか?

流しとコンロの関係

I型、L型などキッチンのレイアウトの違いは、シンクとコンロの関係によります。


最もポピュラーなI型は、シンクとコンロが同一線上にあるため、シンク付近で調理をしていても、コンロの様子を伺うことができ、移動も左右の動きだけで済みます。
ただし、キッチンが長くなると移動距離が伸び、使いにくいという声もあります。

L型・コ型・Ⅱ型

L型、コ型は、シンクとコンロの距離が離れすぎず、動きは楽です。
ただし、コーナー部分は収納などに利用しにくいという難点があります。
コ型はどの辺にコンロとシンクを配置するかの選択肢が3通りあり、他の部分とのつながりや、自分たちにあった調理の流れを考えて決めます。

一方、シンクとコンロを別々にするレイアウトの代表がⅡ型です。
洗う+調理する側と、煮炊き+配膳が明確に分かれ、一般的に調理の段取りがしやすい配列といわれています。

対面キッチンの作り方

対面キッチンの魅力は、手元を隠しながらも、ダイニングやリビングとコミュニケーションが取れ、台所仕事が孤独な作業にならない点です。
しかし、対面カウンターに食卓を付けて配置すると、席によってはキッチンへの導線が遠くなり、不便なケースもあります。
また、対面キッチンでは、対面カウンターの奥行きや高さも、使い勝手や見え方に大きく影響します。

アイムの家では、モデルハウスやショールーム内で、実際のキッチンの配置を体感していただくことが可能です。
ぜひ一度お越しください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 7890
  • 23
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

完全自由設計で理想のマイホームを実現するアイムの家です。当社の大きな特徴が、専任の女性インテリアコーディネーターが打ち合わせから完成まで家づくりを担当します。お…

おすすめのアイデア

話題のキーワード