カラフルな図書館のよう! 色がテーマのNew インテリアショップ

「カラフル&Made in Japan」をコンセプトにしたホームインテリア雑貨専門店『CORAZYs(カラジー)』が、2016年1月29日にオープン。店内のイメージは図書館。本を探すような楽しさを味わいながら、お気に入りのホームインテリア雑貨を手に取ることができます。

  • 4711
  • 26
  • 1
  • いいね
  • クリップ

主役は色! 上質で心和むホームインテリア雑貨

イメージを左右する“色”は、インテリアを完成させる上でマストの要素。「このアイテムが欲しいけれど、色がない…」と悩んだ経験が、誰しも一度はあるはず。

2016年1月29日表参道にオープンの『CORAZYs』は、「すべてのモノを色から考え、色から始まる世界」という、180度真逆の発想でモノづくりを手掛けた“色”が主役のホームインテリア雑貨専門店。良質な生活雑貨を4色のカラーバリエーションで展開する。

店内のデザインを手がけたのは、独特な色使いで空間をつくりだすフランス人建築家のエマニュエル・ムホー氏。図書館をイメージした空間で、本を探すようにさまざまな雑貨を手に取ることができる。

オレンジ、ピンク、グリーン、ブルーの4色がテーマ

リビング・ダイニング・キッチン雑貨から文具やアパレルまで約600点のアイテムは、人に癒しを与える4色にカテゴライズされている。

・光を感じるオレンジ(太陽)
・気持ちを感じるピンク(心)
・自然を感じるグリーン(自然)
・生命を感じるブルー(海)

しかも、すべての商品が“Made in Japan”。日本の伝統工芸品にカラーを添えた『CORAZYs』オリジナル商品は、ここでしか手に入らないアイテムだ。

『ISSEI MIYAKE』や『ABC Cooking Studio』などのデザインを手がけたフランス人建築家、エマニュエル・ムホー氏が設計した店内は、カラフルな“雑貨の図書館”がコンセプト。平面的ではなく、三次元空間を形作る道具として“色”を扱う独自のポリシーをもっており、独特の色使いが鮮やか。

商品はそれぞれの色をあしらったラックにディスプレイされ、「たくさんの物語がつまった図書館でお気に入りの1冊を探し出すように、ひとつひとつに物語がつまったお気に入りの“雑貨”をみつけてほしい」との思いが込められている。

商品を手に取ると隣接する色の商品が覗き見られるように工夫されており、行き来しなくても色を比べて選べる! ショッピングをより一層楽しいものに変えてくれる仕掛けがいっぱいだ。

ぬくもりを感じる4色のカラーリングと“日本製=HONMONO”との融合で、充実したライフスタイルを演出する『CORAZYs』。第1号となる表参道店のオープンに合わせて、公式サイトでのインターネット販売もスタート。

また、今後はホームインテリア雑貨のさらなる商品開発はもちろん、家電など多種多様なカテゴリーのアイテムを販売するとのこと。カラフルでハイクオリティな雑貨で、暮らしに彩りを添えてみては?

物語のあるアイテムが並ぶ、雑貨の図書館

【店舗概要】
CORAZYs(カラジー) 表参道店

東京都渋谷区神宮前5‐51‐3 GALERIA-artsビル1F

電話/ 03-6427-7756
営業/11:00~20:00(予定)
定休日/未定

公式HP:http://www.corazys.com/(2016年1月29日オープン)

【建築家プロフィール】
エマニュエル・ムホー
1971年フランス生まれ。1995年に初来日の際、東京の街にあふれる無数の色を見て衝撃を受け、東京在住を決意。同年フランス国家建築家免許を取得し、翌1996年東京に移住。2003年一級建築士免許を取得し、同年からemmanuelle moureaux architecture + designを主宰。色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱う独自のコンセプト「色切/shikiri」に基づき、色を大胆に取り入れた、建築、空間デザイン、アートなど多様な作品を創造し続けている。東北芸術工科大学准教授。

公式サイト:www.emmanuelle.jp


Text:千葉こころ


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中!

  • 4711
  • 26
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

雑貨、家具、家電、ショップ…素敵な生活のための新商品情報やニュースをいち早くお届けします。おされボーイ&ガールを目指している方、情報の早さを褒められたい方、常に…

おすすめのアイデア

話題のキーワード