1日5分!トイレ掃除で金運アップも♡クエン酸を使う、簡単トイレ掃除のコツ

トイレ掃除が、毎朝5分でキレイになる方法があります。

トイレの掃除をさぼってしまうと、嫌な臭いや汚れの原因に…

においの原因は「尿の飛び散り」です。

トイレットペーパーとクエン酸を使って、スッキリ解消!

「簡単!毎日5分でできるトイレ掃除術」をご紹介します(^^♪

  • 56375
  • 696
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは、清掃収納マイスターの山崎由香です。

トイレ掃除が苦手な人は、以外に沢山いるんですよ~

めんどくさいし、汚いし…

でも、トイレ掃除は、方法さえ知っていれば毎日5分で出来ちゃいます(^^♪

トイレ掃除のメリット♡

朝の5分間だけ、パパッとトイレ掃除するだけで

・金運アップ

・人間関係が良くなると言われています。



トイレと言えば、私たちの体から出る不要なものを流してくれる場所。

トイレを、お掃除することで

様々な執着(片づけられない原因でもあります)を流し、リセットすることができます。



また、トイレの神様

烏枢沙摩明王は、婦人科の病気から守ってくれる神様でもあります。



女性は毎日お掃除しときたい場所ですね(^^♪



プロが知っている「トイレ掃除のコツ」をご紹介します。

毎日5分で掃除する方法

①トイレの床などの「ホコリ」をトイレットペーパーで拭く

いきなり便器を磨くのはNG!

ホコリは水分を吸うと「泥汚れ」になってしまいます。

・トイレの床

・タンクの上

・棚の上

「ホコリ」は「ホコリ」のうちに取るのがポイントです(^^♪

方法は簡単!

トイレットペーパーを手にくるくる巻き付けて、床などを撫でるだけ。

ホコリが取れたトイレットペーパーは、水に流してOKです。

簡単だけど、必ずやりたいお掃除術です(^^♪

②便座の裏などは、クエン酸でキレイに

便器の裏や便器の一部などに、飛び散ってしまう尿。

その尿が「黄色」になってませんか?

この「黄色しみ」をそのままにしていると「においの原因」に!

そんな時は、「クエン酸スプレー」をシュッシュして、

トイレットペーパーで拭くと簡単にきれいになりますよ(^^♪

クエン酸スプレーの作り方

・200ccのスプレー容器に

水200cc+クエン酸小さじ1を入れて混ぜるだけ。

防腐剤が入ってないので、1か月位で使い切る量が適量です。

注意)塩素とクエン酸で有毒ガスが出ます!

最近のトイレの洗剤に

「塩素」が入っているものがあります。

ご自宅のトイレの洗剤の「裏」を見てください。

そこに「塩素」の文字があると、クエン酸の併用はできません。


☆「塩素」が反応して有毒ガスが発生します。

「クエン酸」の自体は安全なものです。


「中性」なら大丈夫!

必ずチェックしてから、クエン酸を使用してくださいね。

③便器の中を洗う

洗剤とブラシで洗います。

この時、見落としがちなのが「便器の淵」

ここ、ブラシでこすれないんですよね(;'∀')

そこで、便利なのが歯ブラシ!

歯ブラシは、フォシュレットの掃除にも活躍。

ブラシ+歯ブラシですみずみまでキレイにしちゃいます

④水拭きで仕上げる

尿の汚れなども拭きっとったので、あとは水拭きで完了です。

汚い部分はトイレットペーパーで除去しているので、雑巾で拭いても気になりません。

もちろん使い捨てペーパーでもOKです(^^♪

トイレ掃除用ペーパ―の注意点

「流しても大丈夫」と書いてある、トイレ掃除ペーパーですが、

水に溶けにくいです。

配管にペーパーが詰まることも…

自宅は財産です!

配管が詰まると、高額な修繕費がかかるので、

流さずごみ箱に捨てるのがオススメです。



いかがでしたか?

・トイレットペーパーでホコリを取る

・クエン酸で尿汚れを除去

・ブラシと歯ブラシですみずみまでこする

・水拭き終了!



文章で書くと長いけど、掃除は5分で出来ますよ(^^♪

朝の5分掃除で、すがすがしい朝をスタートしてくださいね!

お掃除にはお手上げレベルがあります。

そんな時は、プロのハスウクリーニングを利用してリセットしてもらうといいですよ。

HappyLifeのホームページでもご紹介しています。

トイレ、キッチン、レンジフード、お風呂、エアコンのご依頼は多いんですよ(^^♪

お気軽にお問い合わせくださいね。

  • 56375
  • 696
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハウスクリーニング

大阪府箕面市「自然派ハスウクリーニング」Happylifeの山崎由香です。植物洗剤にこだわり、アレルギー体質の方・子ども・ペットなど敏感体質の方にも安心してご利…

おすすめのアイデア

話題のキーワード