初心者がコンクリート塀に板壁!汚れも隠して気分も上がる一石二鳥のDIY☆

数年前の、ほとんどDIYをやっていなかった頃になりますが、玄関ドアへと続く階段の塀の壁に板壁を貼りました。

手探り状態で進めた作業ですが今でも問題なく使っています。
外のDIYはまだそれほどしていませんが、この板壁はかなりのお気に入りなので、数年前のDIY、そして今の状態をご紹介したいと思います(^-^)

  • 7965
  • 79
  • 0
  • いいね
  • クリップ

玄関へ続く階段

ビフォー写真です。

玄関ドアへと続く階段横のコンクリート塀。
ここの劣化はとても早く、入居して割と早くから黒ずみが気になっていました。
高圧洗浄で掃除してもすぐに汚れるので、いっそのこと隠してしまおうと思ったのがDIYをしようと思ったきっかけでした。

道具・材料

当時は室内のちょっとした家具を作る…くらいのDIYしかしていなかったので、かなり手探り状態。

木材は、大量に必要になるので予算面を考え、そして常に天候の影響を受ける屋外、ということでSPFの1×4材を使うことに。

ホームセンターで店員さんに相談し、コンクリート用のネジを購入。
本来、コンクリートには振動ドリルを使った方がいいと言われましたが、とりあえずは手持ちのインパクトドライバーを使うことにしました。

塗装

まずは大量の木材を壁の高さに合わせて斜めにカットし、下地として水性ステインのウォルナットを塗りました。

下地を作る

全部の板壁を直接コンクリートに打ち付けるのはかなり大変なので、先に下地を作っておきます。
カットしていない長いままの1×4を、コンクリート用金具&インパクトドライバーを使って打ち込みます。

このような感じに下地となる1×4を打ち付け終わりました。

少し力が必要ですがインパクトドライバーでできました。

板壁設置

仕上げに屋外用のオスモカラーを塗り、木ネジを使ってどんどん固定していきます。

オスモカラーはお値段がそれなりにするペンキですが、屋外にも推奨されているくらいなので、天候の影響を受けるこの場所には最適かと思います。

完成!

雑貨を飾って完成です。

黒ずんで暗かった階段の壁が大変身。グリーンや雑貨が映える白い板壁です。
疲れて帰ってきても、通ると気分が上がる明るい階段になりました。

数年経った今…

約4年経った現在の板壁です。
設置から今まで、何もメンテナンスしていませんが、雨風にさらされ、暑い夏の日射しや寒い冬を何度も越した割には大して劣化を感じません。

オスモカラーはお値段以上の価値があることがよくわかりました。

小さかったモッコウバラはすっかり大きくなり、毎年この時期キレイな花が咲きます。
白い板壁+グリーンは言うまでもなく相性抜群。

手探り状態でやってみた外の板壁DIYですが、やってよかったです。

知識がなくても、ネットで調べたり、ホームセンターに行けば店員さんはいろいろな事を知っているのでネットでもよくわからないこともアドバイスをしてくれます。
DIYは後から考えると、ここはこうしていれば…ということもたくさんありますが、初心者でもここまで出来たので『よくわからないけどやってみる!』って楽しいなーと思います(^-^)

春になりあったかくなってきたので、外のDIYも進めていきたいです。

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 7965
  • 79
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード