外出中に地震!?「防災ポーチ」で普段の鞄が防災バックに早変わり!

ここ数年相次ぐ大きな地震や災害。



お家の中に避難バックを準備しているという方は多いと思います。



でも、地震や災害は時や場所を選んでくれません。

被災するのは自宅にいる時とは限らないのです。

もしかしたら外出中に被災する可能性もあります。



そんな時に心強い存在なのが「防災ポーチ」!



このポーチさえあればいつも持ち歩いている普段のバックが避難バックに早変わり。



「大げさな避難バックはまだ用意していない…」という人もすぐに準備できますのでぜひ「防災ポーチ」を作ってみてくださいね!

  • 158376
  • 744
  • 0
  • いいね
  • クリップ

実は「避難バック」には種類がある!

地震や災害の時に持ち出す非常用持ち出し袋や避難バック。

「あれもこれも」と詰め込んだ結果、とても背負えるような量ではなくなってしまった経験ありませんか?

特に家族を守るママさんの作る防災バックは心配から荷物が多くなってしまい「こんなの抱えて逃げられません。どうしたらいいですか?」と相談される事も。

そんな時にまずアドバイスするのは、

「避難バックといっても用途別に3種類あるのですよ」

ということ。

「避難バック」は3段階ある!

【0次避難バック】
いつも携帯しておきたい防災グッズ。災害が起きているその現場から安全に逃げるために、また、数時間程度の避難に耐えられるように持ち歩きたい最低限の非常用品。

【1次避難バック】
災害発生直後の3日間くらいを自宅以外(避難所など)で生活するために必要となるもの。
一般的に言われる「非常用持ち出し袋」や「避難バック」はこれに当たります。
すぐに取り出せるよう玄関などに置いておきたいバックです。

【2次避難】
1週間〜2週間くらいの避難生活をおくるために必要なもの。
バックには入りきらないので自宅に「備蓄」しておく。

この3段階の避難バックをごちゃごちゃにしてしまうと荷物が多くなりすぎて結局持てなくなってしまいます。

今日ご紹介するのは「0次避難バック」についてです。

0次避難バックの基本は普段使いのバック!

災害が起きたその瞬間真っ先に持ち出したいものと言えば懐中電灯やラジオやお水…色々考えられますが、お財布や携帯なども必需品ですよね。

赤ちゃんがいるお母さんならばおむつやおしり拭きが必要です。
他にもティッシュやハンカチリップクリーム等普段から必需品として持ち歩いているものも持ち出したいですよね。

そう、実は普段使っているバックには自分が絶対に必要としているモノがもう入っているものです!

そこに最低限の非常用のグッズを入れた「防災ポーチ」を放り込めば「0次避難バック」の出来上がり。

外出中の災害にも普段のバックが「緊急避難バック」として機能してくれます。

防災ポーチには何を入れるの?

防災ポーチというのは外出時に何かの災害にあった時、一晩程度を乗り切るためのモノを想定して普段から持ち歩くもの。

例えばショッピング中に地震にあい、一晩デパートや公共の施設で過ごすことになった時。

ショッピング中だけではありません。
2月にも千葉で地震があり、新幹線が停電してしばらく止まっていたりしましたね。
大きな地震の時ほど車内に閉じ込められる時間は長くなります。

また、地震だけではなく、乗る予定の飛行機が吹雪で飛ばなくて急に空港に一晩泊まることになった…!(実際、私自身も昨年体験しかけました)など、いつ何が起こるのかわかりません。

とりあえずその場で体を休める場所を確保したり寒さから見を守るモノ、また、少し口に入れたりできるモノを普段から準備しておくことが大切です。

テーマを決めよう!

さて、防災ポーチの中身なのですが、性別や年齢によって必要なモノは様々。

でも、大切なのは「想像力」。

防災ポーチのテーマを決めて、どんな時に使うことになるのかイメージすると中身を決めやすいと思います。

私の防災ポーチのテーマは

「4歳6歳の息子達と突然一晩どこかで過ごすことになった時に最低限必要なモノ」

です。

主人は仕事で別行動の日が多いのでとりあえず3人をメインに考えています。

本当はアレもコレも持っていたいけれど普段から持ち歩ける量は限られていますのでなるべく汎用性が高いものにすることを意識。

また、ウェットティッシュや頭痛薬、絆創膏、マステ(食べかけのお菓子の袋を止める等)モバイルバッテリー、ビニール袋等は普段からよく使っていて、防災だけのために持っているわけではないものも実はけっこうあります。

汎用性が高くて普段から使えるモノをたくさん持つのが防災ポーチを長く持ち続けられるコツだと思います。

さて、気になる中身はこちら。

Fujinao(フジナオ)の防災ポーチの中身は?

・小さなライト(ダイソー)
・常備薬と使い捨てコンタクトとゴムひも、写真データ(子供達のアルバム写真のデータです)
・包帯同士がくっつく包帯と医療用テープ。そのままだとかさばるのでプラ板に巻いて少量を持ち歩いています。(ダイソー)
・カイロ(地味に重いのですがあると防寒としてとても心強い。夏場は除外)
・ウェットティッシュ(ダイソー)
・油性ペン(兄弟喧嘩防止のためにそれぞれのお菓子の袋に名前を書いたりと普段から活躍しています^^;)
・モバイルバッテリー(スマホは家族との連絡や情報収集はもちろんですが、子供達の好きなアニメ等も何本か入れてありますので少しでも子供達の気休めになればと思っています。不安な中、子供達の気を紛らわせるモノも大切ですよね)
・iPod(ラジオ代わり。薄くて軽い!)
・生理用品(止血にも役立つそうですし、ビニール袋と一緒に使えば非常用トイレにすることも可能だそうです。個人的に大人のトイレには量的にちょっと無理そうな気がするけど子供達のトイレくらいにはできるかな?)と圧縮タオル(ダイソーで購入。かなり軽くてコンパクトです)
・マスク(地震の後は粉塵がすごいので必需品!)と歯ブラシ(吹雪で空港で一晩過ごすような時なら水も使えるはず)
・ビニール袋(大小数枚)とアルミブランケット(ダイソー)
・大判風呂敷(寒ければ羽織ったり、荷物をまとめたり)
・携帯トイレ(3回分。3人分なので本当はもっと持ちたいけれどかさばるのでこれが限界…)

中身はダイソーで購入したものがけっこう多いですね!

あとは食べ物としてお菓子類を持ち歩いています。

お腹にたまる干し芋やドライフルーツ、甘い物、しょっぱいもの等。

東日本大震災の時、非常食の準備等を何もしていなかったために食べ物も何も持っておらず、避難所で隣の家族が食べ物を食べているのを見て自分の子供が「お腹空いたよ」と泣き出した話を聞きました。

子供達がお腹空いた〜と泣く姿は見たくない…。
一晩過ごすには足りないだろうけれど少しでも空腹の足しになれば、と思っています。

防災ポーチの中身は人それぞれ違う!

いかがでしたでしょうか?

普段使いのバックにちょい足しするだけで心強い見方になってくれる防災ポーチ。

必要なモノは人それぞれ違いますが、「地震直後に最低限必要なモノは何かな?」と場面を想像することで自分が必要とするものが見えてくると思います。

ぜひ、みなさんも「防災ポーチ」を作ってみてくださいね!

また、iBooksなどでは東京都が発行した防災のガイドブック「東京防災」を無料でダウンロードすることができます。

こちらは荷物になりませんのでダウンロードしておいていざという時のために読んだり備えたりしておくのもいいですね。


整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)でした!

【大幅値下げ!】持ち歩ける防災グッズ9点セット「災害イツモ 常時携行パック2」 地震 災害 水害 台風 停電 帰宅困難 小型ラジオ ヘッドライト 携帯トイレ 防災ポーチ 薄型ブランケット 非常持ち出し袋の代わりに
\お買い物マラソン開催中/
商品情報を楽天で見る 商品情報をAmazonで見る


LIMIAからのお知らせ

ポイント最大43.5倍♡ 楽天お買い物マラソン
ショップ買いまわりでポイント最大43.5倍!
1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に!

  • 158376
  • 744
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。  私の今の暮らしは転勤族の経験で学んだ「モノの少ない暮らし」。モノが少ないと家の中を心地よい風が通ります。…

Fujinao(フジナオ)さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード