築44年、昭和な四軒長屋の中央に光を風を

2013年の3月。「住之江の元長屋」が、大阪の「リフォーム・リノベーションコンクール」で最優秀賞を受賞した。

そのイベントの一環でオープンハウスを開催したのが9月。かなりの雨の中、夫妻は小さなお子さん2人を連れてみえた。ご主人のお母様も一緒で、その5人がこの住宅「阿倍野の長屋」の住人である。

住宅密集地に建つ、築44年の四軒長屋。その中央二棟をフルリノベーションしたいという相談だった。

現地を訪れると、光を求め塔屋ができ、洗濯干し場が屋根上に出来る。まわりを見渡すと、同じような長屋が連なっている。その景色をみると、人は本当に逞しいと思うし、昭和という時代を感じる。

その洗濯干しは残しつつ、家の中を明るく、また人が集まる家にしたいという要望だった。

ご主人は「この家に、母と同居してくれないなら結婚できない」と言ったそうだ。母と2人で暮らしたこの長屋とこの地域に、人並みならぬ愛着をもっていたのだ。

環境を大きく変えようとするなら、屋根上部分から直接の光を取り込むしかない。2階部分を減築し、光庭をとるプランを提案した。

1階には水回りと各寝室。中2階には母専用の畳のリビングがある。光庭に開かれたLDKはから5段下がった位置にあるのだが、若夫婦に来客があっても気を使わない。かと言って、寂しくもない距離だ。

LDKと子供室を兼ねるロフトは階段を介して繋がっているが、その境界にある元界壁にはボルダリングを施した。共に体育会出身のご夫妻からの希望だった。

段差のある子供部屋は、「おもちゃがリビングに広がらないのが何より嬉しい」とは奥様からの感想だ。

広い洗濯干しはお母様たっての希望だったが、半分は月見台とさせて貰った。そこから見るあべのハルカスはなかなかのもので、都会に住むなら、空を望む価値はさらに大きい。

こだわりがある分、外壁、タイル、家具の仕上げ等を決める際、迷うことも多くあったが、一緒に考え、アドバイスし、答えを出して行くのが私達の仕事。無理強いはしないのが私のポリシーでもある。

ご家族は本当に明るく、現場打合せでもいつも笑いが絶えなかった。その人柄がそのまま表れた健康な家だと思う。

建築は、クライアントだけ、設計者だけで創るものではないと確信している。

  • 6905
  • 20
  • 0
  • いいね
  • クリップ

四軒長屋の中央二軒のリノベーション

慣れ親しんだ土地に住むことへ拘る。
北向きの四軒長屋の中央二軒のフルリノベーション。

北側外観
北側外観
玄関
中2階にあるお母様専用リビング。LDKから5段下がった位置にある。

この部屋は、お母さん専用リビング。
家族が集うリビングから階段を5段下がったところにある。

ご家族の友達が遊びに来た時、丁度良い距離感が5段なのでは、という奥さんとの会話から出来上がったもの。

リビングと子供部屋の間にあるボルタリング

明るく生まれ変わったリビングダイニング。

リビングとロフトを繋ぐ近道。クライミングウォールの先には子供部屋が。

既存の界壁にボルダリングを施し、活発に動き回る育ち盛りのお子さんたちにはもってこいのツール。カラフルな配色は避け、リビングと調和するようにグレーで仕上げた。

キッチン
食事準備
ダイニング
キッチンからダイニングをみる
ロフト 子供部屋

玩具が広がっても気にならない。かつ目は届くロフトは、母にとってはありがたい。

ロフト 子供部屋

リビングと繋がる開口によって天井高を感じさせない広々とした空間。屋根の勾配が空間に変化をもたらしている。

緩やかにリビングと子供部屋を繋ぐ

リビングからはロフトのある子どもの遊び場に緩やかに繋がる。

既存の界壁に開口を設け、空間に連続性を持たせた。

既存の要素を残すのも時間を繋げる意味で重要な役割を果たす。

光庭から月見台へあがる
LDKの光床を見上げる
月見台からあべのハルカスを望む
光庭を見下ろす
光庭からみるLDKの夕景

リノベーションにおいて、減築は勇気のいるものだ。

この計画では、光・風・テラスを得ることができた。

夏はここでプールを楽しんだり、バーベキュースペースとなる。

リノベーション前の住宅

以前の外観
以前の玄関
以前の階段
以前のリビング
  • 6905
  • 20
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「夢は必ず実現する、してみせる」 「こんな暮らしをしてみたい」「あんな建物でこんな仕事をしてみたい」全ては、夢を描くところから始まります。何としても実現するとい…

おすすめのアイデア

話題のキーワード