ヘルシーな何のお酒にも合うおつまみいかがですか?「梅アボカドクリームチーズ海苔巻き」「わさび菜マグロ」

ヘルシー食を続けている わが家ですが
主人が頭が痛いと言うところから産まれた「梅アボカドクリームチーズ海苔巻き」
そして
美味しくってヘルシーな「わさび菜」に、マグロの中でもカロリーが低い
「ビンチョウマグロ」を組み合わせて、美味しいおつまみを作っちゃいました。

お箸が止まらなくっても、カロリーを押さえてあるので、安心して頂けます。
また、カロリーだけのことではない、満足なヘルシー食として
ご覧になってください♪

楽しく美味しくヘルシーに!
薄着になって来る季節には、持って来いのメニューです。

梅アボカドクリームチーズ海苔巻き どうぞ。

ヘルシー食の時はもちろん、嬉しい美味しさですが
ちょっとしたおつまみとしても、思いがけない美味しさがあります!

これ1個で、29キロcal程です。
クリームチーズの高カロリーさはあるのですが、
使う量をおさえて、ほんのちょっと使うと満足度も高く腹持ちがいいので、
他の物も食べ過ぎないで済むというステキさも、魅力です!

では、そんな 「梅アボカドクリームチーズ海苔巻き」から、ご紹介します。

巻の支度をします。

用意は簡単です。
・焼き海苔、1枚  巻きすの上にひいて
・自家製梅干し、中2個 
 種を外して包丁でたたいて、一部海苔の巻き終わりに塗りつけて
・真の実アボカド、1個 
 皮と種を外して、タテ半分に切ってから斜めに薄くスライス
 海苔の前後を2cmていど残して、敷き詰めて
・キリクリームチーズ、1個(61キロcal) 手前側に手でちぎって乗っけて
 たたいた梅干し、沿わせるように乗せます。

手前から、空気を入れないようにくるくると巻き込んみます。
(煎り胡麻をちらしても美味しいのですが、
         今回はヘルシーにしたかったので入れませんでしたの)

巻終わり

くるくる巻き込んだら、はい、巻き上がりです。
巻きすでおさえて、両端を手で中に押し込みます。

切る

切る時も、切り口後ろを、巻きすで優しく押さえながら切ると
形が崩れないで、きれいに切れます。
(海苔巻きのご飯などを切る時も同じです。)

包丁は、1切りごとにキレイに拭きながら水で濡らして切ると、
とってもきれいに切れます。

盛り付け

断面を上にして盛り付けますが
真の実のアボカドは
完熟なのに持ちが良くって、黒くなりにくいのでこういった使い方をしても
美しい色のままなんです♪ 果物のプロの方が熟成させてるからなんですね!

持ちが良くって、濃厚な滑らかさを持つ真の実のアボカド
これ、大丈夫かな?と外見からは分からない、そんなストレスの心配のない
美味しいアボカドです。

では、もう1品!「わさび菜マグロ」

さてと! もう1品です。

お野菜タァ~っぷりいただきたいので、
・わさび菜、18cmボール1杯分
汚れを落として、一口大にちぎって、水にさらしてパリンとさせて、
その後しっかりと水気を切っておきます。

冷凍しておいたマグロ

こちらは、冷凍焼けをせずに美味しいままで冷凍するように
キッチンペーパーにくるんで、ラップしてジップして冷凍しておいた

・ビンチョウマグロのお作り用柵、8cmていど

ビンチョウマグロは、本鮪の赤身よりもヘルシーで
100gで110キロcalちょっと!
ヘルシーなのに美味しくって、大助かりです。

解凍

解凍は、パスタを茹でるよりも少し濃い目の食塩水に
巻いておいたキッチンペーパーのまま7~10分漬け込んで半解凍します!

ペーパーが汚れて水が濁るようでしたら
同量の塩水に替えて半解凍にします。

ビンチョウマグロの漬けダレ作り

では、解凍している間に、漬けだれを作りましょう。

このタレは冷てからタッパに入れますが、まずは
小鍋に
・醤油、大さじ1.5
・みりん、大さじ1.5
・昆布だし顆粒、2つまみ
・水、カップ半分   軽く火を入れ、出汁を溶かして
冷めてからタッパに入れて、
・細ネギ、3本 きざんで入れて
・わさび、お造りなんかに付いてくるわさび2つ   溶いて

漬けだれ完成です。

マグロを切る

半解凍になったビンチョウマグロは
塩水から引き上げて、ペーパーをはがし、
新しいキッチンペーパーで、水分を取り除いて、薄くスライスします。

漬け込む

そのまま漬けダレに漬けて、冷蔵庫で1時間以上置きます。

タレの味が濃くないので、漬かり過ぎてしまうことはありません。
お時間のご都合がつかない場合は、一晩漬けても大丈夫です。

表面が空気に触れないように、ラップで落し蓋をしておくか
キッチンペーパーで落し蓋をしておきます。

食べる直前に和える

食べる寸前に、水を切っておいたわさび菜と和えます。
・黒胡椒、7ガリガリ
・岩塩(シチリアの塩を使いました)、5ガリガリ も一緒に入れて

この時、漬けダレのお汁は全部は入れませんが、
薬味に使ったネギや、ビンチョウマグロは、全部入れて
様子を見ながら、漬けダレを足して、しっかりと混ぜます。 
盛り付けた時に、下に汁だまりがジョビジョビしない程度に足します。

盛り付け

盛り付けて、こんな感じです。
・ミディトマト、1個  タテにスライスして 
            盛り付けてある上から差し込むようにします。
(こうすることで、
 薄いトマトスライスも崩れないで、色もキレイなままテーブルに運べます♪)

テーブル

いちご も、1パック278円で買ってきたので、お得と思っていたら
見えないところが傷みだしていて、予定外のデザートにすることに!

花粉症が気になる主人は、甜茶で
私は、ウーロン茶で いただきまぁ~す 。

いただきます

これひと皿ほぼ260キロcal です。
これを、二人で分けて、ゆっくりとイタダキマス。

梅アボカドクリームチーズ海苔巻き です。 

実食

見た目が爽やかで、大きさも一口大で丁度いいと、主人が褒めてくれましたが
 
うちは、自家製の梅干しに、シソで色を付けていません。
シソを用いて、赤い色をつけている人は、もっとキレイにできます。
うちの梅干しは、おとなしい色でした(笑)

食べた感じは、
アボカドのとろける美味しさに、梅の酸味がベストマッチ!
噛んでるとほんの少しのクリームチーズなのにマイルドな濃厚さが
口の中に残る海苔の旨みと合わさって、とっても美味しいです。

この日、主人は、ちょっと頭が痛かったのですが
この梅の酸味が気持いいと、スッキリしたようです。

そうなんです、これは主人が「頭痛い」っていうところから
発案のメニューなんです。

昔から頭が痛い時に、こめかみに梅干しを貼ったって言うのは、
誰が発見したのか凄い事だったんだなって思いますよね!

こちらも実食

見た目サラダのようですが
つけた名前は、「わさび菜ビンチョウマグロ漬け和え」で、
サラダの語源である「塩」もメインではないので、
サラダと言って良いものかどうかハッキリしません(笑)
でも、とっても美味しくお野菜をたっぷり頂けます。

主人が思っていた、塩とオリーブオイルなどの一般的なサラダの味と違って
優しい和風の味わいがマグロを、より美味しくしてくれます。

ほんの少し入れたわさびが、わさび菜の美味しさを引き立てて
漬けのネギが良い風味を出していながらの、黒胡椒の締り!
それが、柔らかい身のビンチョウマグロの甘みを、より引き立てて、
完璧に美味しい!
塩水で解凍しているので、生臭みも一切ありません!

主人から、また明日も作ってくれと言われましたが
残念なことに、わさび菜を全部使ってしまいましたので
また今度買って来る時までオアヅケです。(笑)

ヘルシー食の基本は、なんでも食べすぎないことが一番です。
ゆっくりと噛んで、栄養の偏りがないように、
毎日美味しく頂くことが何よりですよね。

今日は、そんなヘルシー食でありながら、美味しい「おつまみ」2品
「梅アボカドチーズ海苔巻き」「わさび菜ビンチョウマグロ漬け和え」
の、ご紹介でした。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー