フロートタイプ(浮いている)TVボード完成作品集

2004年に開発したフロート式(浮いている)TVボードは
一部のハウスメーカーだけにデザインを提供してきましたが
今ではその枠組みを超え、全国から直接お問い合わせを受けて提供しています。
その一例をごらんください。

  • 9321
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

コンパクトタイプからオールインタイプまで

TVボードのスタイルはコンパクトのものからオールインを目的とした
収納力があるものと様々ですが、
いずれもスタイリッシュさを際立たせるという意味でフロート式
(浮いている)タイプとしたものです。

それではごらんください。


広いスペースにシンプルなTVボードが際立っています。

階段の踊り場からの見え方も計算の上です。

TVボードから階段を眺める。

内部のグレードこそ大切にしています。

こちらのTVボードの大きさは3mを超えています。
さらに内部にはスピーカーをはじめゲーム機器やアンプやレコーダー、そしてメディアも
たっぷり収納できるようになっており、生活感を表に出さずに済んでいます。

では内部はどうなっているのでしょう?

続きは以下のボタンをクリックしてごらんください。

↓↓↓

TVボードの写真集だけではありません

こちらではTVボードの内部について解説した動画をまとめてあります。
TVボードを設計するときの解説動画も含めていますので、
建築にどのように絡めていくかに興味のある方はぜひごらんください。

  • 9321
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

[カワジリデザイン(k-design) H5年~現在]ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所から長年多くのオーダー家具の設計と施工管理の依頼を請けてきました。棟数…

おすすめのアイデア

話題のキーワード