【簡単】デットスペース収納アイデアを厳選!天井や家具の隙間を活用♪

デットスペースの収納アイデアを場所別に紹介します。天井付近の空間や家具の隙間など、家の中には使われていないスペースはありませんか? そんな「デットスペース」と呼ばれるムダな空間を収納棚で有効活用すれば、お部屋の収納力がグンと上がりますよ!

  • 164264
  • 809
  • 0
  • いいね
  • クリップ

デットスペースを活用すると収納力が格段に上がる!

「デットスペース」とは、使われていないムダな空間のこと。トイレや洗面所、キッチンなどおうちのあらゆる場所にデットスペースは発生します。そんなデットスペースは収納スペースとして有効活用しちゃいましょう! デッドスペースを賢くリメイクすることで、お部屋の収納力がグンとアップします♪

 今回はトイレや洗濯機周り、キッチンなど、シーンごとにおすすめのデッドスペース収納アイデアを7つ紹介します。どれも参考になるアイデアばかりなので、デッドスペースの使い方にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

【トイレ】天井付近の狭いデットスペースもフル活用

トイレットペーパーや掃除道具など、細かいものを置くためのスペース、欲しいですよね! そういうときに使えるのが、この突っ張り棒。棚を自作しなくてもいいので手軽にできちゃいます。

突っ張り棒の上に置いてあるのはこの100均で買ったカゴ。同じテイストのカゴを使うことで統一感をうまく出せていておしゃれですね。

▼りりさんのアイデアはこちら▼

【洗濯機周り】デットスペースを収納棚で解消!

洗濯機周りはデットスペースがたくさん。とくに、洗濯機の上の空間はもったいないですよね。そこで収納棚を設置して、洗濯機周りのデットスペースを解消するアイデアを紹介します。ものが多い洗面所の収納力を上げるためには、洗濯機周りのデットスペースを有効活用することが大切です!  

洗濯機周りにランドリーラックを設置

タオルや洗剤など、何かと置くものも多い洗濯機周りだからこそ、デッドスペースをフル活用したいですよね! りりさんは収納棚を設置して、ムダな空間を有効活用。さらに、100均のカゴを小物入れにすることで、収納力を上げています。

下の方にあるデッドスペースも見逃しません。S字フックとカゴをうまく使って洗濯バサミ入れにしています。ランドリーラックを取り入れて、洗濯機周りのデッドスペースも収納場所として役立てましょう。

▼購入はこちら▼

▼りりさんのアイデアはこちら▼

洗濯機上のデットスペースにおしゃれな棚をDIY!

こちらも洗濯機周りのデッドスペースをうまく活用している例ですね。全面棚にあえてせず、吊るすことで、圧迫感を減らしています。デザイン性の高さが伺えますね♪ 見た目もおしゃれで全体的にすっきりとした印象に仕上がっています。

▼swaro109さんのアイデアはこちら▼

【キッチン】100均でできるデットスペース収納DIY

デッドスペースにカトラリー収納を施しています。中に何が入っているのかわかりやすいようになっていて実用的でデザインもかわいい! キッチンが小さかったり、ものが多い、なんて人にはうってつけのDIYですね。

横ではなく、縦に置いてあることでデッドスペースでも多くのものが置けるように工夫されています。

裏から見るとこんな感じ。

つまみが表にあるので、引き出してそのままテーブルに置くだけでみんなが取ることができるので便利。わざわざ食事のたびに数えて出さなくてもいいんですね。

使用した材料は
●ダイソーの木の収納箱
●黒板シート
●セリアの取っ手

のみ! 全て100均で手に入るので経済的にもとてもリーズナブルに済みますね!

▼apomomokoさんのアイデアはこちら▼

【クローゼット】棚柱設置で自由自在にデットスペースを活用!

「家具は置けないけど、ここのスペース余っちゃってるなぁ……」というデッドスペースはありませんか? そんなデッドスペースにぴったりなのがこの棚柱。友安製作所さんは棚柱をクローゼットに設置することで、デットスペースを活用しています。置くものに合わせて棚の高さも調節できるすぐれものです。

本棚や、趣味のディスプレイをするときなど、さまざまな場面で使えそうですよね!

設置も簡単なので、DIY初心者の方でも大丈夫。部屋の雰囲気に合わせた色の棚柱で、デッドスペースを有効活用しちゃいましょう。

▼友安製作所さんのアイデアはこちら▼

【玄関】ちょっとした隙間も見逃さない! 大幅収納力アップDIY

靴箱の横にあるわずかなデッドスペースを使って傘立てDIYしています。ぴったりと入っていますね! 傘立てだけではなく、その上にスリッパや観葉植物を置くなど、縦の空間をうまく活用できています。

靴箱の横にあるわずかなデッドスペースを使って傘立てDIYしています。ぴったりと入っていますね! 傘立てだけではなく、その上にスリッパや観葉植物を置くなど、縦の空間をうまく活用できています。

傘立ては、このように引っ掛ける部分を作ることで向きがそろえられ、自然と統一感が出るようになっています。

DIYならではの工夫、皆さんも参考にしてみてくださいね!

▼HANDWORKS*RELAXさんのアイデアはこちら▼

賃貸でも!ディアウォールで「原状回復可能」なデッドスペース活用術

こちらは賃貸物件ですが、うまくディアウォールを使ってデッドスペースを収納スペースに変えていますね。

トイレットペーパーや洗剤、ペットのいるご家庭では猫砂など、様々な日用品を置くにはとても便利。「賃貸だから……」と諦めている方はいませんか?

うまくディアウォールなどで活用すればデッドスペースでも意外と多くのものが収納できるもの。

このようにフタを閉じれば棚の中身が見えることもなく、目隠しすることもできるのです。見た目もすっきりしていいですね。デッドスペースをうまく活用して、部屋の雰囲気をガラッと変えて、収納もしましょう♪

ディアウォールはDIY必須アイテムです。通販で簡単に手に入るのでチェックしてみてくださいね!

▼HANDWORKS*RELAXさんのアイデアはこちら▼

デットスペースを活用してお部屋の雰囲気も変えよう!

いかがでしたでしょうか? 微妙な大きさでもデッドスペースをうまく活用すれば、意外と多くのものが収納できます! おうちの収納力を上げるついでに、部屋の雰囲気を変えることもできますよ。

「このスペース何かに使えそう」と思ったら、DIYで有効活用しましょう!


LIMIAからのお知らせ

【全員プレゼント】東証一部上場企業のリフォーム会社紹介サービスで安心の無料見積もり一括比較

  • 164264
  • 809
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード