「すのこ棚」をDIY!初心者でもできる簡単でおしゃれな実例まとめ

「すのこ」はホームセンターなどで簡単に手に入るDIYの強い味方。棚や収納のDIYでも重宝します! ここでは、すのこを使った簡単な棚作りから、アレンジを加えた本格的なすのこ棚のDIYまで実例をご紹介しています。DIY初心者にもおすすめなので、ぜひ参考にしてみて下さい!

  • 135262
  • 886
  • 0
  • クリップ

初心者でも大丈夫!すのこ2.5枚で三角ラダーシェルフ棚をDIY

すのこは解体なども自由自在に行うことができるので、発想次第で使い方の幅も広がります。ディスプレイ棚として便利な、すのこを使ったラダーシェルフをDIYするHANDWORKS*RELAXさんのアイデアをご紹介します。

本格的に見える棚でありながら、材料も安価で難しい工程もないのでDIY初心者の方にもおすすめのアイデアです!

完成形の写真から複雑そうなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実は簡単に作ることができます。

実際に写真で作業工程を見ていきましょう! すのこ板2枚半を用意し、解体から始めます。

まずはすのこの中央2枚の板を取り外します。写真は別の場所で使用していたすのことのことですが、新品のすのこを使用する場合は最初にやすりがけを行うとワックスの乗りも良くなるそうです。

ゴムハンマーや金づちなどを使って接合部分を叩いて外します。

金づちだと板がへこんだり傷つくこともあるので、気になる方はゴムハンマーがおすすめとのことです。

接合部分の杭はラジオペンチなどで除去します。

取り外しや調整が完了したら、塗装とワックスがけを行い、角材の部分に丁番を付けて2枚を接合させます。

骨格部分ができたら、取り外した中央の板、あらかじめ用意しておいた板の合計6枚(上下3枚ずつ)を渡せば完成です!

渡すすのこの枚数などは、材料と用途やお好みなどに合わせてアレンジしてみてください。また、下の部分にチェーンを取り付けるとより安定するそうです。

すのこの解体、接合という工程だけでできてしまう、おしゃれなディスプレイ棚のDIYにぜひ挑戦してみてください。

▼HANDWORKS*RELAXさんのアイデアはこちら▼

キャスター付きで移動も楽々!大容量収納棚をすのこ3枚でDIY!

すのこを使えば本格的な棚のDIYも自由自在です。DIYに慣れた方や、挑戦してみたい初心者の方にもおすすめの、大容量収納が可能なすのこで作ったように見えない、PANDA@FactoryさんによるDIYアイデアをご紹介します。

本格的な棚でとてもおしゃれに収納されています!

材料はホームセンターで手に入る大きめのすのこ板3枚です!

すのこはホームセンターで実物を見ながら探せばイメージがつきやすく、通販であれば寸法が載ってるので家で測りながら探すこともできそうです。

まずはすのこを全て水性ウォールナットで塗ります。

使う場所などによってサイズを変えたければ、合わせてカットしておきましょう。

次に、すのこの端に角材がくるようにつけた上で、2枚のすのこをくっつけます。

次に、つけたすのこの大きさに合わせてカットした1×4材をキャスターを隠すように取り付けていきます。

1×4材は見栄えを良くするために取り付けるアイテムのようなので、すのこ棚の脚にあたる部分のキャスターが見えることが気にならないという人は取り付けなくても大丈夫です。

取り付けると写真のような状態となります!

大きさなどは材料や使用場所に合わせて変えてみてください。

ここまで出来たらキャスターを取り付けていきます!

すのこの幅に合わせた大きさに角材をカットしてキャスターを取り付けたら、先ほど作った板の端に取り付けます。

これで土台にする1枚は完成です! 同じ手順で、1×4材とキャスターは取り付けずにもう2枚、棚板を作ります。

出来上がったら、1×4材を脚にしていよいよ棚の形にしていきます!

これでほぼ完成です! 1×4材は黒く塗ってあり、男前な雰囲気ですね。

すのこ棚の上には更に1×4材で小さな棚が!
用途や目的に合わせてアレンジしたら楽しいですね♪

棚には100均などの収納グッズを置くとピッタリ!
大容量収納ができておしゃれな棚の完成です。

ポイントをおさえれば初心者でもできそうですね!
すのこで作れる大容量収納棚のDIYにぜひ挑戦してみてください。

▼PANDA@Factoryさんのアイデアはこちら▼

持ち運びもできる!すのこで可動式棚をDIY

棚を持ち運ぶことができたらアウトドアの際なども非常に便利ですね! すのこを使えば、普段は置いておくこともできて持ち運びも出来る便利な棚を作ることができます。

使わないときは省スペースでしまっておくこともできる、makkyfoneさんによるDIY手順を見ていきましょう。

使う材料はお好きなサイズのすのこ板3枚、すのこの大きさに合わせてカットした棚板用のファルカタ材3枚です。

また、すのこ同士をつける用に丁番も用意しておきましょう。

材料も少なく、作り方もとても簡単です。まずはすのこ3枚を並べて丁番を取り付けます。

このとき、角材同士がぶつかって折り畳めなくなることを防ぐために、真ん中のすのこだけずらして組み立てていきます。

丁番のつけ方のポイントは、すのこの側面からネジを打って取り付けることです。表面から打ってしまうと、貫通して逆側からネジが出てきてしまう可能性があります。

棚板を乗せれば、組み立ては完成です!

あとはお好みで塗装していきましょう。

部屋に設置したり、移動も楽なのでカフェスペースとして食器などを置くのに使ってみたりと用途も豊富そうです。

使わないときや持ち運びしたいときは解体して広げることもできます!

棚自体を収納する場合もこれなら省スペースで邪魔にならずに置いておくことができそうです。

また、すのこは置いておくだけでもおしゃれなのでインテリアとしてディスプレイに使用することもできます。

広げるにも組み立てるにも手間がかからない上に、使い方も発想次第で自由自在というとても便利なすのこ棚です。

すのこの特性を活かして持ち運びも可能な便利な棚のDIYにぜひ挑戦してみてください。

▼makkyfoneさんのアイデアはこちら▼

広げたり、組み立てたり、がすぐできるスノコ2way棚

スノコはDIYを始めるにはとても、扱いやすい材料です。大掛かりなDIYはできなくても、スノコを使えば棚だって作れます( ´ ▽ ` )ノ 私もスノコ棚が初めてのDIYでした(*^^*)しかし、スノコ棚をDIY初心者さんでも作れて、もっと使いやすく、実用性をアップさせれないかな?と、ふと閃いたのが2パターン使えて、収納や持ち運びにも便利なバラせるスノコ棚でした(*^^*) これからの時期、野外のアウトドアなどでも活躍させれそうな予感です♡

makkyfone

可愛すぎ♡タイルでデコればおしゃれ収納棚がすのこで出来ちゃう!

Runtenさんによるおしゃれなデコレーションが施されたすのこ棚のDIYアイデアをご紹介します。

すのこを使って棚を作り、その上からタイルでデコレーションすれば、すのこで作ったとは思えないような見た目の本格的で可愛いおしゃれな棚ができます。

基本の材料はすのこ6枚です。

本格的な棚ながら、骨格の組み立て方は非常に簡単です。左右にすのこを置き、棚板になる残りの4枚を下から乗せていきネジを使って固定します。

組み立てたら、ウォールナットやペンキを使って色を塗ります。

写真ではホワイト系のテイストになっていますが、色はお好みで変えてみてください!

次に扉を取り付けていきます。材料はすべてベニア板で作ったそうです。こちらも色は棚本体に合わせて塗装しておきましょう。

扉を取り付けたら棚は完成です! 扉を取り付けるだけでも随分と雰囲気が変化し、実用性の面でもとても便利になります。

インテリアにも馴染み、すでにすのこで作ったとは思えない便利な棚の出来上がりです!

これだけでもとてもおしゃれですが、少しアレンジを加えるだけで更に可愛く高級感も溢れる棚を作ることができます。

シールタイプのタイルを貼れば、手間もかからずアレンジができて、見た目がワンランクアップします!

完成品だけ見ればすのこが材料とは思えない、可愛くて本格的な棚を作ることができました。

通気性も良く扉もあるため、用途もさまざまな工夫ができそうです。本格的ながら組み立て自体が難しいわけではないので、DIY初心者の方などもぜひチャレンジしてみてください!

▼Runtenさんのアイデアはこちら▼

すのこにアイアン素材もカワイイ!100均グッズですのこ棚をDIY

我が家さんによる、子供部屋の収納棚としてホームセンターのすのこと100均グッズを使ってカフェ風の棚をDIYするアイデアを見てみましょう。

すのこをさまざまなグッズと組み合わせることでも便利な棚を作ることができますが、おすすめはやはりコストのかからない100均グッズの使用です。

棚の本体として使用するのは、ホームセンターのすのことダイソーのアイアンシェルフです。幅広タイプのすのこにアイアンシェルフを固定していきます。

この時に気になるのが金具の部分ですが、100円の木材を使って目隠しをしています。

これで基本的な棚の本体は完成で、あとはお好みでグッズを乗せておしゃれな雰囲気を出していきます。

100均の木箱を乗せ、その上にダイソーの袋を切り取ったものを置いてカフェ風の雰囲気を作っています。

一番上にはセリアのコルクボードを黒板風にして設置し、屋根のようにしています。

すのこに100均アイテムを付け加えただけなのに、とてもおしゃれな棚ができました。

フェイクグリーンもポイントで、インテリアにも馴染んでくれます。

100均グッズとすのこしか使っていないので、当然コストも低く抑えられますが、見た目からはチープな雰囲気は感じられません。

おしゃれで実用性も高いのに安価で作れるすのこ棚は、DIY初心者でも手が出しやすいのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▼我が家さんのアイデアはこちら▼

初心者でも挑戦したいすのこ棚のDIY!

すのこで作ったさまざまな種類の棚のアイデアを見てきましたが、いかがだったでしょうか。

すのこ自体アレンジがしやすい形の木材で、すのこを使って棚を作る際も基本的に難しい作業工程は必要ありません。

本格的に見える棚でも蓋を開けてみると意外と単純な作りになっていることも多いので、DIY初心者の方もこの機会にぜひすのこ棚作りに挑戦してみてください。

  • 135262
  • 886
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー