チュニジアのパリパリ揚げ餃子「ブリック」のレシピ!皮はサクっと半熟卵がとろ~り美味しい新食感!

ブリックという料理をご存知でしょうか?日本ではあまりなじみのない料理かもしれませんね。ブリックはチュニジアで良く食べられる包み揚げ料理で、中には卵が入っていて、ナイフを入れると中からは黄身がとろ~り出てきてとっても美味しい!今回はチュニジアのソウルフードとも言えるツナのブリックの作り方をご紹介します。

  • 10618
  • 49
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ブリックってどんな料理なの?

ブリックは、パートブリックという春巻きの皮に似た薄い皮の上に様々な具材を乗せ、卵を割り入れて包んで揚げた料理です。
チュニジアでは国民食と言っても過言ではなく、日本でいうところのおにぎりのようなポピュラーな料理として親しまれており、具材もツナをはじめ、鶏肉、ジャガイモ、玉ねぎなどの具材、味付けもお店によって様々です。ただ、チュニジアはイスラム教徒の多い国ですので、ブリックの中身に豚肉が使われることはありません。
パートブリックは元々フランス料理で使われる食材だったのですが、どうしてチュニジアで使われているのかというと、1881年から1956年にかけてチュニジアがフランスの保護領であったためパートブリックが地中海を渡り、チュニジア料理として使われるようになりました。

日本ではパートブリックは手に入りにくいですが、ネットショップなどで購入することが可能です。

パートブリックがなくても春巻きの皮で代用できます!

パートブリックは、小麦粉で作られた薄い皮です。
パートブリックは春巻きの皮よりも薄く、揚げた時の食感は、春巻きがバリっとしているのに対して、パートブリックはサクっと軽い食感になるのが特徴です。

食感に若干の違いがあるとは言え、小麦粉と水で作られているのには変わりませんので、春巻きの皮でも十分代用可能です。日本のモロッコ・チュニジア料理店で出されているブリックも、春巻きの皮で作っているところもありますので、手軽に作ってみるという感じでしたら春巻きの皮で作ってみるのも良いでしょう。

ブリックの材料

< ブリックの皮 >
パートブリック(なければ春巻きの皮) … 1枚

< ブリックの中身 >
ブリックの中身
全卵 … 1個
ツナ … 1缶
玉ねぎ … 1/4程度
ピザ用ミックスチーズ … 適量
乾燥バジルみじん切り … 適量
塩 … 適量(ツナに塩味がついていますのでなくても可)
コショウ … 適量

お好みでクミン、コリアンダーなどのスパイスを入れても美味しいですよ。

ブリックの中身を作ります。

シーチキンを網の上に出して、余計な油をきります。

玉ねぎをみじん切りにします。シャキシャキとした食感を残したいので粗目に切りました。

フライパンに油を引き、玉ねぎにさっと火を通します。食感を残したいので、あまり炒めず玉ねぎの表面が少し透き通るくらいまで炒めます。

炒めた玉ねぎに、ツナを入れて炒めます。ツナは元々火が入っていますので軽く混ぜ合わせたらOKです。

塩コショウで味を調整します。

炒めたら一旦お皿に移しておきましょう。

炒めた玉ねぎと、ツナ、ピザ用チーズ、塩、コショウをざっくりと混ぜ合わせます。ツナやチーズに塩味がついていますので、塩加減は薄めでも大丈夫です。きちんと量るのであれば総重量の0.6%くらいが丁度良いでしょう。黒コショウはお好みの量で。

全卵を網の上に割って水溶性卵白を取り除きます。

パートブリックは薄いので、卵の水分が多いとべちゃべちゃになってしまって破れやすくなってしまいます。
そこで、一度卵を網(穴あきボウル)の上に割り入れて、水溶性卵白を取り除きます。

「?」水溶性卵白って何?
卵白は大きくわけて濃厚卵白と水溶性卵白に分かれます。目玉焼きを作る時に、卵白のぷっくりした部分とだら~っと外側に流れる部分がありますが、外側に流れるサラサラした卵白を水溶性卵白と言います。水溶性卵白は水分が多くサラサラしているため網や穴あきボウルの上に割り入れると簡単に取り除くことが出来ます。もちろんそのままパートブリックで包んでも良いのですが、このひと手間で断然包みやすくなりますよ。
水溶性卵白を取り除くと、目玉焼きやポーチドエッグなども綺麗な形で作ることが出来ますので、ブリック以外でもお試しになってみて下さい。

パートブリックの上に具材を乗せて包みます。

お皿の上にパートブリックを広げて具材を乗せていきます。

パートブリックは二つ折りにしますので、具材は半分から上側に半円状になるように乗せていきます。

ツナと玉ねぎを炒めたものを乗せて…

卵を入れるところを少し窪ませましょう。
具材の窪みの部分に先ほど水溶性卵白を取り除いた全卵を落とします。

ピザ用のミックスチーズを乗せて

刻みバジルを振りかけて…

パートブリックを二つ折りにします。

※パートブリックの皮は張り付ける必要はありません。半分折りにしてフライパンの中で抑えるとピッタリくっつきます。

端を閉じたらすぐに揚げ焼きにします。

※卵を入れた状態で置いておくと、水分でパートブリックがぐにゃぐにゃになり、破れやすくなります。具材を入れて包んで焼くまでの作業は手早く行いましょう。事前にフライパンに油を入れて火をつけておくと良いです。

パートブリックを焼こう!

フライパンに少し多めの油を入れて揚げ焼きにします。
フライパンに入れる時は、卵の面が上になるようにして入れましょう。

ブリックをフライパンの上に乗せたら、すぐに端を木べらなどで押さえて下さい。
そうすることで、端がぴったりくっついて中身が漏れ出しません。

中火でじっくり揚げます。底面の焼きが弱いと、ひっくり返す時に破れてしまいますので、底面が硬くなるまでしっかり焼きましょう。

卵を半熟に仕上げたいので、裏返してからは30秒ほどで出来上がりです。
ブリックの中身は卵以外は全て火が通っているものですので、パートブリックがパリっとなって、卵に若干火が入れば大丈夫です。

油を少し切ってお皿に盛り付けたらできあがり!
カットレモンを添えるのが一般的です。

生野菜を添えて、ワンプレートランチのような感じにしても良いですね♪

見て下さい!このとろ~りとした卵の感じ。とっても美味しそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
チュニジアやモロッコなど、アフリカの地中海沿岸諸国で食べられるブリック。パートブリックは元々フランスの食材なのですが、植民地時代に伝わって今ではソウルフードにもなっているというのは歴史的な背景を感じざるを得ませんね。もちろん春巻きの皮でも美味しく簡単に作れますし、春巻きの皮でしたらパートブリックよりもバリっとした食感を楽しむことが出来ます。
ブリックの中身は今回はツナを使いましたが、ひき肉を使ったり、マッシュポテトを入れたりとお好みでアレンジレシピもたくさん作れますので色々お試しになってみて下さい。
(焼きそばと卵を包んで焼き上げるというのも面白そう。。)

制作協力:オムライス&ダイニングバーkurumari


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
秋旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 10618
  • 49
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ご家庭で簡単に作れる身近なレシピから、本場のプロの味を再現したレシピまで食を通じて生活を豊かにしてくれるアイデアを発信していきます!

おすすめのアイデア

話題のキーワード