フック自体が移動する⁈驚きの便利さ満点なインダストリアルなフックバーをDIY!

こんにちは!
UNIVERSTWORKS/MAACO
(ユニバーストワークス/まぁこ)です。

今回は…
インダストリアル系なフックバーをDIYしたんですが⁉︎

フックバーの概念を覆す驚きの裏技も一緒にご説明いたします‼︎

作り方を記事にまとめましたので、ご紹介します。

  • 24436
  • 251
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料

木材はパイン材。
910×100×12(mm)のサイズをそのまま使用しました。

◾️材料
・パイン材
・板付ナット M12 7個
・六角ナット M12 7個
・トラスタッピング 3×10 28個
・水性塗料 つや消しブラック
・アクリル絵の具 茶色
・アクリル絵の具 黒
・隅金金具 4個
・隅金金具を止めるビス(私物)
・鉄板風シート
・木工用ボンド
・三角金具 2個 または 4個

◾️道具
・インパクトドライバー または 電動ドライバー

作り方

水性塗料のつや消しブラックを使って、木材を塗装していきます。

最初に紙やすりなどで表面をなめらかにしてから塗装するとキレイに仕上がります!

(表面をなめらかにする場合は180番などで均等に満遍なくやすりがけしましょう。)

インダストリアル系といえばアイアンなどの鉄ですが、なかなか鉄を加工したりするのは面倒な上にコストがかかるので…

セリアの鉄板風シートのリメイクシートを使って鉄板風にしていきます。
この木材の幅が10cmなので、30cm×30cmの鉄板風シートを三等分しましょう。

(私の体験談ですが…キレイにカットする際、ハサミなどでも構いませんが30cm以上の定規をあててカッターでカットする方が良かったです。)

そのまま貼るだけでもいいんですが、やっぱり粘着力が弱い部分もあるので…

適量の木工用ボンドを木材に垂らして、いらなくなった厚紙を小さくカットしてそれでボンドを伸ばして貼り付けていきましょう。

長さが91cmなので、木材の方が1cm出てしまいますが後でエイジング加工しますので気にしないでください。
(気になる方はもう一枚鉄板風シートを利用して埋めて頂いても構いません。)

エイジング加工でよりリアルに!

アクリル絵の具の茶色と黒を用意します。

パレットの上で
完全に混ざらない程度に混ぜて、スポンジでトントンしていきます。
(ペンキなどお持ちの方はペンキでも構いませんよ!)
塗布の仕方については、「黒が多めの茶色」や「茶色が多めな黒」など色を変化させてまだら(ムラ)に塗装するとよりリアルです。

組み立てていきましょう!

隅金金具を4つの角にトラスタッピングビスで、1個あたりビスは2個で固定していきます。

必要に応じて、大きめな三角金具をつけます。

最低2個。
重たいものを吊り下げたい場合はそれ以上に三角金具を取り付けて壁などに固定してください。

間隔は約6.5cm〜7cmが均等率が高いです!

次はフックになる六角ボルトを固定する板付ナットをトラスタッピングビスで固定します。

板付ナットは計7個使用します。
中心から固定していきますが、そのうちの5個を取り付ける間隔は6.5cm、あと両端にあたるあと2個は7cmの間隔を空けて固定します。

(ご自身の用途に合わせて、フックになる六角ボルトを固定する板付ナットの数は増やしたり減らしたりしてください。)

取り付けが完了したらこんな風になります。
(お好みでいいんですが、ボンドにもエイジングしてみてね◡̈!)
⬇︎
⬇︎

完成!

これで完成です。
コンクリートな壁紙にこのインダストリアル系なフックバーの組み合わせは最高です‼︎

『フック自体が移動出来る⁈』概念を覆す驚きの便利さ!

なんと言ってフックバーの概念を覆す⁉︎

『フックが移動させれる‼︎』

フックバーだと普通はフック自体は移動出来ませんが、これならボルトを緩めて取り外せば横長いインテリア雑貨もかけれるんです‼︎

是非、移動できるインダストリアル系なフックバーを作ってみてくださいね♬

観覧ありがとうございます!

100均やホームセンターの商品でリメイクが大好きなMAACOがお届けしました!

Seeyou٩(๑ര◡ुര๑)۶

Instagram ▶︎@maaco.uw
Roomclip ▶︎MAACO
Blog ▶︎THE UNIVERSTWORKS
下のリンクから、是非遊びにきてね◡̈♥︎

  • 24436
  • 251
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード