たった200gの豚ヒレ肉で大満足の「野菜塩ダレまみれの豚ヒレ焼肉」の作り方教えちゃいます。

要らないもの(体の脂肪(笑))は、どっか飛んでけ~!って思いの
ヘルシーメニュー!
「ヘルシー野菜まみれ豚ヒレ焼肉」 の作り方のご紹介です!

ヘルシーにヘルシーにと、心がけても
噛むことが大事なので、スムージーばっかり飲むわけにもいきませんし
菜食主義者でもないので、食べるお肉を上手に選びながら
どう美味しく、飽きずにヘルシーを続けられるかというところからの
さっぱりと食べられて、満足の行く献立に仕上げてみました。

ではでは! 野菜たっぷりの塩ダレも含めて
作ってまいりましょう~♪

  • 4290
  • 67
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ヘルシー野菜まみれ豚ヒレ焼肉 どうぞ

野菜塩ダレと一緒に焼く豚肉に、同じタレをまた後乗せもして頂く
酸味と旨味がクセになる、美味しい満足のある焼肉です。

脂身のないお肉を選ぶこと
半分凍らせることで薄く切って、1枚を低カロリーにおさえること
ゆっくり目の前で焼いて、シッカリかんで食べることで
炭水化物がなくっても、満足の行く食べごたえになります♪

野菜塩ダレを作る 材料

お野菜は身近な生でも頂けるもの、なんでも良いのですが
豚肉と相性が良さそうなものを出してみました。
この他に、トマトも出したのですが、集合写真に間に合いませんでした(笑)

・九条ねぎ ・しょうが ・レモン ・パクチー ・チューブからし ・トマト

九条ねぎをきざむ

・九条ねぎ、2本  細かめのみじん切り

九条ねぎは、「へたりにくいシャキシャキしたネギ」ですので
かなり細かく刻んでも、ベタッとしなくて
葱の香りがシッカリしているので、食欲をそそります。

パクチーをきざむ

・パクチー、半袋 粗目のみじん切り

このパクチーは、根っこがついていませんでしたが
パクチーの根っこも、茎と違った奥深い香りがあるので
ついている時には、きざんで一緒に使います。

しょうがをきざむ

・しょうが、大1カケ 皮ごと細かめのみじん切り

しょうがは、皮を剥いたほうが色はきれいなのですが
皮のすぐ下にいい香りをたくさん持っているので
できれば皮ごと使うほうが、香りの良さが引き立ちます。

しょうがだけでなく、この様に他の薬味などと混ぜる場合は
少し多めに使うほうが美味しいです。

レモン

このレモンは、小ぶりですが
皮を使っても安心な、国産のものを使いました。

・小さいレモン、1個 は、両端を果肉の部分まで切り落とします

皮を半分量に削る

両端を落としたレモンの皮を、ランダムに半分ほと削ぎ落とします。

レモンの皮には、 「リモネン」というレモン由来の成分が含まれていて
全ての柑橘系が皮の表面にこれを持っています。
爽やかないい香りなのですが、多すぎると苦味やしびれ感を伴うこともあるので
このように、こそいで調節します。

レモンをきざむ

スライスしてから、粗目のみじん切り状態にしますが
種のある場合は取り除きます。

もちろん、ご存知の通り、果汁の多い果物ですので
このように切ると、果汁もたくさん出ますが
この果汁もシッカリと使います。

とまと

今の時期の大ぶりのトマトは、
濃い味ではありませんが、水分を多く含むものが多いです。
この水分が、旨味としていい仕事をしてくれるので
加熱用の外来トマトではなく、
日本の生食用のトマトのほうが美味しいタレになります。

トマトをきざむ

・トマト、大ぶりのもの半個  みじん切りにします。

トマトも、皮のすぐ下に旨味をたくさん持っているので
皮ごとみじん切りにします。
もちろん、出て来る果汁もちゃんと使います。

全部ボールに入れる

全部一緒にボールに入れて、
赤、緑、黄と色がいっぱいで、とってもキレイですが
混ぜると、餃子の具財みたいになるんですよね(笑)

混ぜた野菜

本当に、餃子アンのように見えますが
美味しさのためなら、しょうがないかと、我慢して  
ここで、混ぜたのを味見します。   
ちょっと細かめの、チョップドサラダのような感じです。

味付け

混ぜた野菜を味見して、これに、何の味が合うかを考えて
・チューブからし、4cm   (旨味にコクを持たせるため)
・三温糖、小さじ1    (全体の馴染みを良くするため)
・塩、小さじ1    (お肉に乗せても相性が良く美味しくするため) 
を混ぜました。

お野菜自体の旨味を壊さないように、
かつ、カロリーの上がらないように配慮して、味を決めました。

混ぜる 「野菜塩ダレ」 完成

ボールの中の野菜に味を混ぜると浸透圧の関係で、水が出てきますが、
これで野菜塩ダレ  完成です~♪

漬け込んでも、後乗せも、両方大丈夫の  野菜塩ダレです。

豚ヒレを切る

では!豚ヒレを切りましょう。

半分凍っている方が薄くきれいに切れるので、
冷凍庫から出して半解凍でスライスします。

・豚ヒレ肉、200g程度  2㎜程度の厚さに切ります。

豚ヒレ肉は、普通の大きさで約400g~600g位の重さがあります
使った豚ヒレは、だいたい400g位の大きさでしたので、
半分ほどを使い、スライスしました。
周りに付いている脂のところを取り除くと、
100g、だいたい100キロcal強 程度になるので
200キロcal強 程度を、スライスしたことになります。

お皿に並べる

このスライス全部で、200キロcal強という事になります。

これだけを塩と胡椒だけで食べたら、二人分としては足りないでしょうけれども
野菜塩ダレを乗っけながら、目の前で自分で焼くというイベント性と
焼けるのを待つ時間があることで、ゆっくり食べることができて
満足度も高まります。

一人、100キロcal強で満足できるって、すごいことですよね♪

野菜塩ダレを乗せる

作った 野菜塩タレの半分量を、切った豚ヒレスライスの上に乗っけて
これで二人分~♪

お肉の赤い色合いがあると見た目もキレイですし、ヘルシーですし♪
言うことありません。

普通の時なら、もっと厚めに切って豚ヒレ1本でも足りない! 
とか言ってるかもしれませんが、 ヘルシーを心構えておくと
この薄さよりも、枚数に目が行きます。(笑)

薄く切ると、枚数が増えてお得感があります。いいわぁ~♪

残りの半分の野菜塩ダレ

作った、残り半分の野菜塩ダレ も器に入れてテーブルへ運びます。

追いタレになって、熱々のお肉に爽やかさをプラスします。

エリンギ

・エリンギ、2本 手で細めに裂いて

いつも書いていますが、きのこ類は
水でも洗いませんし、金属の包丁も使いません。

湿気を好む きのこは水分を吸いやすく、水で洗うと全部水を吸ってしまって
きのこの旨味を感じられなくなりますから、
汚れははたいて落とすか拭き取るか、削り取るかします。

きのこの細胞の構造上 臭いを吸着しやすいので、
金属の包丁を使うと金属臭をまとってしまうので、手で裂いて使います。
どうしても切りたいときは、
ステンレスかセラミックの包丁で切ることをオススメします♪

テーブル

油を使いませんので、
焦げ付かないように後のお手入れがしやすいように
ミニプレートにはお魚焼きのホイルを巻いて用意します。

・レタス葉っぱ、4枚   も一緒に用意して

こんなテーブルです。
たったこれだけでも、7種類の果物お野菜がけっこうたっぷり摂れます。

焼く

野菜塩ダレをお肉に乗っけたままで、お肉ときのこをプレート乗っけます。

お魚焼きホイルは、表面に細かい凹凸があるので
油を使わなくってもくっつきにくいので、ヘルシー料理には持って来いです。
強くこすって、凹凸をなくしたり、穴を開けなければ、
汚れは、ペーペーで軽く拭き取ると、きれいになります♪

使い終わったら、お魚焼きホイルを剥がして捨てるだけなので
お手入れも楽ちんです。

裏返す

下が焼けたら、野菜塩ダレごとひっくり返します。

野菜塩ダレ面も焼いて
こうやって、じっくり待って食べる、その瞬間の美味しさよ♪
たまりません! 

焼けました。

ヘルシー期間の時は、 お互いに取り分けずに
自分の分は、自分のペースで、できるだけゆっくり食べるのがコツです。

焼けるのに少しだけ時間が目の前で分かるので
自然にゆっくりと噛むようになり、満足感とバクバク食べないという
一石二鳥です。

実食

レタスも小さくちぎって
野菜塩ダレと一緒に焼けたお肉を乗っけて、更に野菜塩ダレ後乗せします。

サッパリしてるのにコクがあり、
ヒレは、焼肉にしたらパサツクから嫌いと言っていた主人も大絶賛!
               
タレに使った野菜に火が通って旨味の水分が出るので
その水分で蒸し焼きみたいになって、ジューシーなまま柔らかです。 

塩気が足りない場合は、タレを後乗せして爽やかにイタダキマス。

パクチーが苦手な方は、パセリやセロリで代用しても美味しいです。
うちはパクチー好きなので、大喜びでした。

軽くしんなりしたらすぐに食べられる

エリンギも、ちょっとしんなりしたらすぐに食べられます。

サッと焼いて、コリコリの歯ごたえを楽しむのもよし。
じっくり焼いてジューシーな旨味を楽しむのもよし。

加熱されたタレの旨味

タレに使ったお野菜が、加熱されて旨味の汁を出します。
その汁が、エリンギに回って、
なお一層美味しく頂けます。

ゆっくりと食べることで、満足感も得られるので
普段なら、確実に足りない量なのですが
エリンギを半分も残すという、大満足が得られました!

美味しいヘルシー食のレシピを考えて、3日目
これなら飽きずに、苦労しないで余分なお肉を落とせそうだと
主人も大喜びです。  こんばんは何にしようかしら♪

たった200gのお肉で大満足の「ヘルシー野菜塩ダレまみれの豚ヒレ焼肉」の
ご紹介でした♪

  • 4290
  • 67
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード