突っ張り棒とカーテンクリップでコンロまわりをすっきりと♪

料理をする時に使う、キッチンペーパーや布巾などを使いやすく、また、掃除のときに邪魔にならないようにしています。

100円ショップで購入出来る突っ張り棒とカーテンピンチを組み合わせた方法でキッチン以外でも使える場所もあります。

キッチンペーパーは取り替えやすくもあり、おすすめです。

  • 25299
  • 115
  • 0
  • いいね
  • クリップ
キッチンの収納ですが、拭き掃除をしやすいように吊るす収納を多く採用しています。

ただ、油汚れも気にしつつ、掃除をしやすくしています。
レンジフードの出っ張り部分をカーテンクリップで挟み、フック部分に調節した突っ張り棒を置きます。

突っ張っているわけではないので多少強引に引っ張っても落ちることはありません。

我が家では土鍋でお米を炊いたあとにかけたり、パンを焼いた後にかえたりする、布巾を吊るしたりしています。
こんな感じにします。
同じようにキッチンペーパーも吊るし収納しています。

揚げ物(主に主人担当)などの調理中に使うことが多いので、ここにあると便利です。

突っ張り棒で突っ張っているわけではなく、カーテンクリップのフック部分に置いているだけなので落ちる心配もありません。
壁際とキッチンペーパーの間にもある程度の隙間があり、出しやすいです。

お好みでカーテンピンチの傾斜を変更すると出しやすさも変化させることが可能です。
掃除もしやすく使いやすいキッチンを目指してこんな形になりました。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 25299
  • 115
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

幼稚園に通う娘と主人の家族3人暮らしです◎。同棲時代より、アパート、36平米マンションを経て、2LDKの戸建てに住んでいます。マンション時代から3人家族となり、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード