親と子の心を育てる170の魔法の習慣「甲子園に出場できる高校と、なかなか出場できない高校、その違いとは?」

こんにちは。長野県茅野市の工務店エルハウスです♪
エルハウスは「子育て世代の家づくり」を応援する工務店です。

  • 117
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

そこで「親と子の心を育てる170の魔法」を、ご紹介いたします。今日は「甲子園に出場できる高校と、なかなか出場できない高校、その違いとは?」です。

甲子園常連校になれる学校、なれない学校

あなたの街にも、甲子園常連校と、強いのですが、なかなか出場できない高校があると、思います。

私の住んでいる、長野県松本市にも、松商学園という甲子園常連校があって、彼らは定期的に、甲子園に出場しているのです。

私は、日々走る、のランニングコースの一つに、松商学園の前の道を通るコースがあるので、

彼らの練習風景をみせてもらったり、高校野球の試合をよく見たりするのですが、

彼らが他の高校の選手より、飛び抜けて野球の技術が上手いのか? というと、そんなことは、ありません。

また、最近は、優秀な学生を県外から入れているか? というと、そんなこともないのです。

それでも、定期的に、彼らは甲子園に出場します。なぜでしょうか?

そのカギになるのは、彼らが、「わが母校は、甲子園に出場して、当たり前だ」と、思っている事、

「甲子園に行く事が、目標だ」と思っている事だと思います。

○○○は、出来て当然だと、思うと人は、そのように、行動するようになります。

子育てに応用してみましょう

子育てに、応用すると、子どもが学習し、「●●●をすることができるようになるのに、大切な事は、実は、お母さん、お父さん自身が、○○○することは、出来て当然、出来るふりをすること」です。

「宿題は、ご飯の前にやって当然」
※お父さんが家でやる仕事があれば、食事の前に、仕事を終わらせようとしている所を、見せる。

「英語は、話せて当然でしょ」
※海外の人に話しかけられたら、英語で応える事を、TRYする。ボディーランゲージ(身振り手振り)で、なんとか会話するふりをする

「食事のあとはお皿を流しに持っていく」
※お父さん自ら、自分の食器を持っていく。

「本を読む」
※お父さん自ら、家で、本を読む。

このように、お父さんお母さん自身が、そのように振る舞う、ふりをする、

当然そのように言うことは、非常に重要です。

これを、私は、サンタクロース理論と言っています。
(子どもは親がサンタクロースは世の中にいると当然のように言うのでそれを信じ続ける)

ちなみに、私も、会社では多くの部下を持っていますが、
「入社3カ月も経つと、何らかのプロジェクトのリーダーに立候補して当然」
※ 実際に入社3カ月で、プロジェクトリーダーに立候補している仲間を見せておく。

「1年も経てば、ビジネスで結果を出すのは、当然」
※ 実際に、結果を出している仲間を、見せておく。

というよな雰囲気や環境を、とても大事にしています。
お父さん、お試しあれ。

お母さん、お父さん、日々実践。
私も、がんばります。

サラリーマン父さん

サラリーマン父さんってどんな人?一体誰なの??

工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。実はとても有名な方で、フロー父さんのファン、多いんですよ✨


LIMIAからのお知らせ

ポイント最大43.5倍♡ 楽天お買い物マラソン
ショップ買いまわりでポイント最大43.5倍!
1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に!

  • 117
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

家づくりで少しでも不安を感じたら私達に声をかけて下さい。諏訪市、松本市、茅野市、塩尻市、岡谷市、安曇野市、原村、下諏訪、富士見町、山形村、辰野町、朝日村圧倒的な…

Lhouse(エルハウス)さんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード