水廻り4点リフォーム(キッチン・浴室・トイレ・洗面)はコスト面だけのメリットに非ず!


水廻りの設備機器のリフォームのタイミングは15年から20年と言われています。
それは各設備機器の劣化によるものとも言えますが、それだけではありません。
例えばタイル張りの在来風呂に関しては、湿式工法による床下の湿気から浴室まわりの土台や柱などの構造体の腐食の進行具合が築後約20年が目安と言われています。
実際、築20年の戸建て住宅のタイル張りのお風呂を解体すると、浴室と脱衣所の取り合いの土台、柱が腐っている例は少なくありません。

  • 1018
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 1018
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム会社

「やってよかったよ!このリフォーム!!」こう言ってもらえるように、お客様の希望と不安をとことん聞きます。せっかくお金をかけて家をリフォームしても、あとからああし…

おすすめ

話題のキーワード