ざっくりポイポイ収納には収納箱に一工夫

家の中に1つあると便利な仕切り・キャスター付き箱。ただの箱に仕切りをつけるだけで、使い勝手が倍増します。

  • 12287
  • 33
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リビングについつい溜まりがちになる本・新聞!
使いたいものをまとめて少しの間置きたいとき、1つのキャスター付きの箱がとても重宝しています。

それは、ただの箱に仕切りを付けただけ。
これだけで、使い勝手が変わるのです。

最近では、ホームセンターに行けば、欲しいサイズにカットした木材を買うのはとても簡単。
箱の内サイズを測ってメモを持って行けば、ジャストサイズの木材を買うことができます。
釘やネジを使うのが、億劫なときは、ボンドや両面テープを使ってくっつけることもできるお手軽な方法もあります。

おまけにキャスターをつけると、動かしたいところへサッと動かせる!!
実は、この箱わが家には、7台もあるのです。

仕切り付きのメリット

この仕切り付き箱!何と言っても便利なのが、雑誌入れ。
雑誌や新聞は、ちょっとした隙間時間にいつでも見れると嬉しいもの。
そんなときに、仕切り付きの箱に入れます。このとき、本が倒れないのが、この仕切りのメリット。
立てても自立しない雑誌や、新聞は、ただ箱に入れるだけでは、箱の中で倒れてしまい、撮りにくい状況になりがちです。

わが家の場合は、雑誌を大量に保管することがあるので、この仕切り付き箱は欠かせません。

やりかけのものを入れて置く場所、一時的に置く場所としても効果的。
わが家では、リビングスタディの高校生の2人。なぜか、試験前に持ち帰る教科書があるのです(笑)。
そんなとき、この箱に入れて、勉強する足元にスタンバイ!
その辺に、投げっぱなしにされるとイラッとしがちになりますが、この箱に入れておくなら、見た目も許せます。ここでも、仕切りがあるので、「今やってるもの」「これからやる予定のもの」と分けて入れることもできて使いやすそうです。

キャスター付きは移動がポイント

この仕切り箱にもう1つ付けておきたものがあります。
それは、キャスター。
一時的にものを入れておく時も、座りたい場所に持って行って整理することができるので便利。
見た目が気になるときは、見えない場所へ移動するのも簡単です。
普段はテレビ台の横や部屋の隅に置くこともできたり、場所を気軽に変えられるのは便利に使うことができます。

  • 12287
  • 33
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

収納も考え方も整理して、家族みんなハッピーに!カメラを使って心充たされる暮らしを見つけます。「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて…」「片付け本を読んでも…

おすすめのアイデア

話題のキーワード