出し入れ簡単!散らからない!メイクからアクセサリー選びの流れ

アクセサリーを選ぶタイミング、いつですか?
洋服と合わせて?メイクが終わった後?
そのタイミングに合わせて収納しておくと、お出かけ前の動きがとてもスムーズになりますよね。
今回はメイクの後にアクセサリーを選んでいる、私の収納場所をご紹介します。

  • 10215
  • 44
  • 1
  • いいね
  • クリップ

メイクはどこでする?

メイクをする場所は、寝室のドレッサー、洗面所、ダイニングテーブルで・・・など人によって様々ですね。
自然光が入る場所がよいと言われていますので、メイクをする時間帯と間取りから自ずと場所は限られてきます。
そして、メイク道具は出来るだけメイクをする場所の近くに収納しておくとよいですよね。
急いで出かける場合でも、サッと片づけておくと帰宅した時に気持ちが良いものです。

私の場合、午前中に日が差すリビングの姿見の前でメイクをします。
メイク道具は、姿見の横のチェストの引き出しに収納しています。

このように、引き出し1段をメイク道具専用にしています。
ダイソーの収納用品を使用して、使う順に手前→奥に収納しています。

そして、この写真のように引き出しを開けたままにして、鏡の前でメイクをします。
メイク道具をテーブルや台の上に出すことなく、直接引き出しに戻すので散らかりません。

一歩も動かずアクセサリー選び

私はメイクが終わった段階でアクセサリーを選びます。
その場から一歩も動かずアクセサリー選びが出来るよう、同じチェストにアクセサリーを収納しています。

大ぶりなアクセサリーは、チェストの上のブック型ボックスへ。
仕切りなどはありませんが、大きなものをザックリと入れているだけなので大丈夫です。

このように、絡まりそうなものだけ箱に入れたまま収納しています。

このブック型ボックス、そのままインテリアにも馴染むのでオススメです。
開け閉め簡単でワンアクションで収納できるので、片づけが苦手な方でも使いやすい上、チェストの上に置いていても「出しっぱなし感」が全くありません。

細かいアクセサリーは、メイク道具の1段下の引き出しに収納しています。
イヤリングやピアスなど小さなものは、仕切りがある方が管理しやすいですね。



この引き出しの中でも、よく使う1軍アクセサリーは蓋がない仕切りに収納しています。(写真左側)
この仕切りは、先ほどご紹介したブック型ボックスに付いていたものです。
中身だけ取り外しができたので、別々に使っています。
蓋がない仕切りは、引き出しを開けるとすぐに出し入れできるので、片づける時も面倒ではありません。

時々使う2軍は、セリアで購入したアクセサリーボックスに収納しています。(写真右側)
細かく仕切ってあることで全体を見渡せ、お目当てのモノをすぐに見つけることが出来ます。
(コチラのアクセサリーボックスは、透明の蓋つきです。)

また、収納用品を黒色に統一するとアクセサリーが映えますね。

その他、チェーンが絡まりやすいネックレスなどは、購入時の袋のまま立てて収納しています。

ポイントは動きの流れと収納場所をリンクさせること

いかがでしょうか?
自他ともに認めるズボラな私のメイクからアクセサリー選びの流れ、ポイントは行動と収納場所をリンクさせておくことです。
なるべくモノを出さない、使う場所から動かさないことで、片づけを楽にしています。
そして、出し入れが簡単な方法で収納することも、楽な片づけに繋がります。

更に、メイクとアクセサリー選びという別々の行動を最短距離にすることで、出かける前の時短にもつながっています。

お出かけ前のバタバタを少なくするカギは、使う場所と収納場所を合わせること。
そして、次の動作へ最短距離で移れるようにしておくことです。

どんな風に行動しているのか、動線と収納場所を見直すと新たな発見があるかもしれませんね。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 10215
  • 44
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

私は「片づけられない女」から「ライフオーガナイザー」になりました。 子どもの頃からお片づけがとっっても苦手で、 そのまま「片づけられない女」へと成長し、 部屋の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード