これで片付け上手!リビングのおもちゃをスッキリ収納できるワザまとめ

リビングでのおもちゃの収納に悩んでいるママは多いのではないでしょうか?子供が小さいうちは目の届くリビングで遊んでほしい…しかしリビングは来客のときにも使いますよね。だからこそ今回はひと目の気にならない、おしゃれ収納をDIYするアイデアや実例をご紹介します!

  • 55902
  • 269
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【事例1】ベジタブルボックス風の収納&テーブルをDIY

maca homeさんは、DIYで余った廃材を使って、
テーブルにもおもちゃの収納にもなるベジタブルボックス風のおもちゃ収納をDIYしたそうです!

蓋を閉じておけばテーブル、開ければおもちゃの収納という2way。
簡単に作り方をご紹介していきます!

今回使ったものは、こちらの廃材。
幅90mm, 厚み12mmの廃材を12枚用意します。

まずはボックスの側面部分。板を並べてビスで固定していきます。


3枚の板を並べて、横板を渡しビス留めしていくのですが、
ここでひと工夫!まずは端の2枚のみを留めます。

その後、間の板を入れて固定するようにしていけば
多少ずれても箱自体には影響しません。

こうすることでビス留めの作業やりやすくなり、箱全体の完成度も高まります。

ビスを一つずつしか留めていないため、この時点では動いてしまいますが、
組み立てれば動かなくなりますので、安心してくださいね♪

続いてボックスの底板と側面を組み立てていきます。

こちらも厚さ12mmの板です。

側面をしっかりと直角になるように固定していきます。
90度で固定できないと歪んだ箱になってしまうので、十分注意して組み立ててくださいね!

その後は、橋を渡すように残りの6枚をビス留めしてボックス部分の完成です!

続いて蓋の部分を作製していきます。

蓋も同様に廃材を使っていきます。
板を並べ、ビス留めしていきます。

蝶つがいを使って、蓋を固定していきます。
蓋もある程度重さがあるので、それに耐えきれる大きさの蝶つがいを用意しましょう。

また蓋を作製する際の注意点なのですが、蓋を閉じたときに蓋の裏側の横板が当たってしまうと閉まらなくなってしまいます。
注意してくださいね!

裏には移動しやすいようにキャスターを取り付けます。

蓋が開いたまま止まるように、チェーンでも固定しています。
こちらも耐荷重の高いものでないと思わず指を挟むなどして危険ですので、しっかりとしたものを取り付けるようにしてくださいね。

そして全体を塗装してきます。
今回使ったのはBRIWAXのジャコビアン!
これを塗るだけで一気に手の込んだ本格的なものになりますね♪

最後に取っ手を取り付けます。

取っ手は取り付ける部分に印をつけて、ドリルで穴を開けて裏から固定します。

素敵なテーブルにもなるおもちゃ箱の完成です!
リビングに置いてあってもインテリアに馴染んでくれるおもちゃ箱、オススメです。

▼maca homeさんのアイデアはこちら▼

【事例2】ニトリのカラーボックスでおもちゃの収納箱を簡単DIY!

sayo.さんは、ニトリのカラーボックスを使ってリビングにおいてあっても遜色ないおもちゃ収納をDIYしています。
とても簡単にできるので、是非最後までご覧ください!

今回メインに使うものはこちら!
ニトリの、幅 41.9cm × 奥行 29.8cm × 高さ59cm の2段カラーボックスです。

1000円もしない価格で手に入れることができ、
またニトリ製品のため簡単に組み立てることもできます。

間仕切りを入れない状態まで組み立てます。

こちらもニトリで購入した「引き出しレール」です。
左右セットで税込み99円で購入可能なので、カラーボックスを購入する際に一緒に調達してしまいましょう!

カラーボックスの穴の部分に、レールの付属されているビスを入れていきます。
もともとこのような使い方が想定されているものなので、
左右のレールの高さを合わせるのも簡単ですし、ビス留めもとてもに簡単にできるそうですよ♪

こちらもニトリの収納ボックス!
カラーボックスにピッタリのサイズにデザインされているので、安心して購入することができます。

また、サイズやカラーも豊富なため、お部屋の雰囲気と相談して決めてくださいね♪

あとは最初に取り付けたレールにはめれば完成!
大変な作業もないので、力に不安な女性でも作ることができると思います。

▼sayo.さんのアイデアはこちら▼

【事例3】りんご箱でつくる子供用おもちゃ収納

WorkShopSalonCOMO?さんは、りんご箱でおしゃれな収納をDIYしたそうです。

既に箱になっているものをうまく活用していくDIYアイデアです!

用意したのはこちら!

============
*りんご箱 ×2
*キャスター台 ×2
*ディッシュラック ×2
============

WorkShopSalonCOMO?さんも仰っていますが、業務用のりんご箱はそのまま用いるとトゲなどが使っているときに刺さってしまう可能性があるので、しっかりとヤスリがけを行って子供でも安心して使えるようにしておくことが重要です。

こちらはりんご箱にキャスター台を取り付けたときの写真。
WorkShopSalonCOMO?さんは、この上にも同じりんご箱を重ねて、2段の収納にしたそうです!

上の段に置くもの次第では留めずに上に置くだけでも良いかもしれませんが、不安な方はビス留めをおすすめします。

本をたてる部分には、本来お皿を立てるための、木製ディッシュラックを活用したそうです。奥にも同じものを並べることで、等間隔のシェルフにすることができます!

既にはこの状態のものを活用すれば、時間も労力もかからずに作製することができます!
りんご箱も木製なので、塗装しても少し雰囲気の違ったものになると思います。

ぜひ挑戦してみてください!

▼WorkShopSalonCOMO?さんのアイデアはこちら▼

【事例4】端材でおしゃれ!おもちゃもたくさん入る収納ボックスをDIY

我が家さんは、端材と100均のセリアの商品を活用して、おもちゃ箱をDIYしたそうです!

もともとはこのようにかごを置いていたそうなのですが、サイズが合わなく飛び出す形に・・・。
今回はそれも改善するためにDIYしていきます。

まずは完成したときの箱の大きさを考えて、端材をカットしていきます。
ホームセンターによっては、購入時のレシートで再カットしてくれるところもあるようなので、是非活用してみてくださいね!

そして、リリーホワイトとワックスで塗装していきます!
お部屋の雰囲気に合わせて色を変えたり塗り方を変えてみてくださいね!

塗装が乾いたらビスで組み立てていきます。
蓋の部分は蝶つがいで固定し、開けられるようにしています。

正面にはステンシルで塗装をしたのと、セリアのハンドルをつけています。

ステンシルに関しては、以下のアイデアでも紹介しています!
是非参考にしてみてください★

ステンシルに加えて蓋の部分にはダイソーのプレートで装飾しています。
安価ながらも本格的なデザインが嬉しいですね◎

このように、簡単ながらも本格的な収納が完成しました!
周囲のもののサイズに合わせて自分なりにアレンジしてみてくださいね!

▼我が家さんのアイデアはこちら▼

【事例5】片付けるのではなくあえて「見せる」収納!

TsunCoRicoさんは、ここまでご紹介したアイデアとは逆に、あえて綺麗に並べることで収納するアイデアを紹介しています!

TsunCoRicoさんのお家に眠っていたDINKY TOYSというミニカー。
今まで押し入れの奥に放置されていた、このレトロでおしゃれなミニカーをインテリアにしていきます。

SPF材を棚の長さにカットしていきます。
オイルステインで塗装していくのですが、TsunCoRicoさんはオーク色を塗った後にウォルナット色で重ね塗りしていったそうです。

今回、高い部分に棚を設置するということで、棚を少し斜めに傾けて見やすく、でも車が前に落ちてこないように、車止めも作って安全対策も工夫されています。

車止めには波釘を使い、タイヤの間隔に合わせて板に打ち付けていきます。

一番下の棚板の部分には、柵を付けて収納の幅を出しています!
あまり重たいものは吊るせませんが、何かメモを飾る程度であれば十分です◎

このように少し高いところでも、板を斜めにすることによって車が見えやすくなっています。
これもDIYだからこそできる工夫ですよね!

しまうだけでなく、「見せる」収納。
かわいいおもちゃで挑戦してみてください♪

▼TsunCoRicoさんのアイデアはこちら▼

いかがだったでしょうか?

今回はリビングでもできるおもちゃの収納アイデアを5つご紹介しました。
簡単に実践できるアイデアばかりなので、ぜひとも自宅に合うようにDIYに挑戦してみてください!


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
秋旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 55902
  • 269
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYを愛する方に参考になるDIY実践記事を中心にご紹介致します!工具や素材などDIYにまつわるものをリミア視点でお届けいたします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード