大磯の家

周囲には畑とまだ新しい住宅地が混在する立地。 敷地の南面と西側道路の反対側は現在はまだ農地であるが、将来宅地化された場合にも 日当たりを確保できるよう、南側には大きな吹抜を持つLDのある棟、北側には寝室と 水廻りのある棟とに2分し、最小限の動線でつないでいる。 水廻りが隣接した1階の寝室は将来の親のための寝室である。 西側のT字路に対して来客用を含め2台分の駐車場を無駄なく納め、御主人の趣味の サーフィンから帰ったときのための屋外シャワーと脱衣室をアクセスしやすい位置に設けた。

  • 652
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 652
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

神奈川県葉山町の設計事務所です。横浜市や湘南方面、東京都内でも住宅を中心に数多くの設計を行ってきました。無料設計相談などもお受付しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード