腰越の家

敷地は鎌倉の谷戸のほぼ頂上にあり、周辺の山並と山越しの相模湾を 同時に望むことができる。建物は2台分の駐車スペースを除きほぼ敷地形状 そのまま活用しているが、敷地の2辺に造成され鈍角を形成する擁壁の 上に跳ね出すようにしてバルコニーを長く設けている。 そのバルコニーに面してLDKや寝室、ガラス工房や浴室など各室を配置する ことで、山から海へと連続するパノラミックな風景を家中のいたるところ から楽しめるようにした。 また屋上には江ノ島方面を望むための特別なテラスも設けている。

  • 518
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 518
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

神奈川県葉山町の設計事務所です。横浜市や湘南方面、東京都内でも住宅を中心に数多くの設計を行ってきました。無料設計相談などもお受付しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード