少ない油で簡単!手軽に作れる手羽元でフライドチキンの作り方

手羽元で唐揚げを作ると良く聞くのが

中まで火が通っているのか心配、とか
いきなり血が出てきたーーー!!!、とか
油をたくさん使うのがめんどくさい。とかとか。

そんな悩みをちょこっとだけ解決する
我が家の骨付きチキンの唐揚げの作り方をご紹介しまーす。

  • 52875
  • 677
  • 7
  • いいね
  • クリップ

お久しぶりですheavydrinkerです。

とんとご無沙汰してしまっております。

本日はお安く売っていることが多い手羽元を使って
ジューシーでカリッと旨い唐揚げの作り方をご紹介します。

簡単ですがコツがわかりやすいようにいつも通り写真多めで失礼します。

まずは材料です。

鶏手羽元  500g
マヨネーズ 大1位
砂糖    小1.5位
塩     小1位
卵白    M1個分
片栗粉   適量

まずは切り込みです。火が良く通るように食べやすいように骨に沿ってどうぞ。

皮目と反対側から包丁やキッチンばさみで縦に切り込みを入れます。

味付けです。よーく混ぜましょ。

10分後に片栗粉を。骨の部分にもしっかりと厚めにつけます。

粉が残る位多めにつけたら少しなじませます。5分程置いて下さい。

では!! 150度位の弱火の油で揚げます。まずは「骨側から」

強火に見えますが弱火です。油はフライパンに半分程です。

お次はすかさず蓋をして蒸し揚げにしていきます。

たまに手羽元料理の時に血が出てきますが
これは骨の髄液です。
強火で短時間で仕上げようとすると出やすくなりますので
中弱火でじっくり骨の中にまで火を入れて出にくくしていきましょう。

蓋をして4分間弱火でほっときます。

4分後ひっくり返します。

ひっくり返したらまた蓋をします。

あれ、皮がカリッとしてないけど…って思った方、大丈夫です。
今はしっかりお肉に火を通すことを考えます。

反対にしてまた4分です。

大体火は通っていますがまだ衣がしっとり。

ここから衣をカリッとさせていきます。

最後は一気に強火にしてお肉を空気に触れさせます。

空気に触れさせたら、油に入れて、また空気に触れさせて、油に。

3分位これを繰り返して衣をカリッとさせていきます。

揚げ時間は
蓋をした状態で弱火で4分、反対にして4分
蓋を外して強火で仕上げに3分程。

もちろんお肉の大きさで時間は多少変わりますので
ご家庭で試しながらやっていただけると嬉しいです。
今回使用したお肉は肉厚の大き目の手羽元でした。

蓋をしてしっかり骨まで火を入れているので
中から血がーーー!!
スプラッターーー!!
なんてことは防げるかと思います。

でも血を気にし過ぎて時間を長くしてしまうと
お肉に火が通り過ぎてジューシーさが無くなってしまうのでご注意を。

お安くてボリューム満点の手羽元で一品いかがですか??


あ、つまみ食いは火傷注意でございます。

  • 52875
  • 677
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

美味いものを食べるのも作るのも仕事も家族も全部大好き。( ་ ⍸ ་ ) \\ꐕ ꐕ ꐕ ꐕ ꐕ//☜5人家族 料理の小噺を更新します☝︎シンプルだけど美味…

おすすめのアイデア

話題のキーワード