ジャムのフタでピンクッション&ダイソーの待ち針を簡単リメイクで苦手な裁縫が楽しくなる!

ジャムのフタと布の端切れなど、家にあるものだけで簡単なピンクッションを作ってみました。
そして、それに合わせて、ダイソーの待ち針も簡単にリメイクして可愛い待ち針になりました。

こんな簡単なリメイク一つで、嫌いな裁縫仕事も不思議とイヤじゃなくなるものです♪

  • 17845
  • 207
  • 1
  • いいね
  • クリップ

これが、今回作ったピンクッションと待ち針です。

思わず『可愛い~!』となってしまいます♪

【作り方】

材料を準備する

家にあったジャムのフタと、布の端切れ、そして厚紙です。

あ、ここには写ってないですが、少量の綿も必要になります。

クッションの部分を作る

まず、端切れを厚紙より3cmくらい大きめにカットして、端切れの内側5mmくらいのところを ぐるりと一周、波縫いします。

厚紙は、ジャムのフタに すっぽりとハマる大きさよりも、やや小さめです。周囲1ミリくらい、小さめといったところでしょうか。

で、1周ぐるりと波縫いしたら、こんな風に、キューっと糸を引っ張って、しぼめます。

そしてそこに、綿をギュウギュウと詰めて、いい感じの硬さになったら、



さっきの厚紙をこんな風に置いて、これを、波縫いの中に入るようにして、押し込みます。

こんな感じで、同時に糸もギューっと引っ張りながら。

引っ張り尽くしたら、玉止めしておけばOKです。

クッションをフタにつける

そしてそれを、ジャムのフタの内側にボンドをつけたところに乗せてしまえば、



もう完成です。

15分ほどで、できました!

これだけでも可愛いんですが、やっぱり待ち針も。。。


ということで、

ダイソーの待ち針をリメイク!

これはダイソーの待ち針です。

端切れに、両面テープを貼って、



そこに待ち針を くっつけて、両面に布を貼り付けて、





あとは不用な部分をハサミでチョキチョキと切ってしまえば、簡単に可愛い待ち針ができました♪



他の布も使って、

同じようにして作ってみます。




すると、、、

カラフルな待ち針が、こんな可愛い待ち針になってくれました(*‘∀‘)

茶色いヤツは、ダイソーの木目柄のリメイクシートの余りを貼りつけたものです。

はい、完成!

もう本当に簡単にできてしまうし、これだけで嫌いな裁縫仕事もテンションが上がります♪

時間もかからないし、なにより今回の作業はとにかく楽しいです!
是非試してみて下さい(*'ω'*)

  • 17845
  • 207
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

富山在住のDIYクリエイターmaca(マカ)です。DIY・セルフリノベ・リメイク・プチプラ雑貨・小物作りなどを できるだけ分かりやすく書くようにしています。ブロ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード