【DIY】玄関DIY 頑丈でヴィンテージなコートフック作り

家族が増えると玄関は、どんどん汚れていきます。



特に冬場はコートや帽子など収納するものがたくさんあります。



今まで床にベタ〜っと置いてしまう事が多かったので、片付けるのが大変でした。

そして、すぐ散らかってしまってました。



今回はそんなゴチャゴチャ玄関をスッキリ解消出来る、大きくて何でも掛けれる壁フックをDIYします。

  • 15744
  • 129
  • 0
  • いいね
  • クリップ

構想

フックを設置する場所は、玄関入ってすぐ横の壁です。
今は古い絵と鍵類等が適当につけてあるだけで、とても殺風景です。

ここに大きな板をバーンと貼り付けて何でもガンガン掛けれるようにしたい〜

そしてごちゃごちゃせずにシンプルなのがいい〜

また、家は賃貸なので、壁をあまり傷付けずに設置したい〜

色々とこだわりが強いですが、こんなイメージでDIYしていきたいと思います。

板を探す

先ずは、素材探しです。

ちょうど昔使った板の残りがあったので、それを使います。

板の長さもぴったり使えそうです。

この板は、家を解体した時に出てきた廃材をもらったものです。

釘穴とか傷とかいっぱい付いてます。

研磨

とりあえず、サンダーをかけて表面を綺麗にしていきます。

サンダーをしっかりかける事で、後の色のつき方も変わってくるので、手を抜かず丁寧にやっていきます。

ワトコオイルで塗装する場合は基本は240以上のヤスリで削っていきます。

塗装

いつものワトコオイル ダークウォルナットです。

この缶に1L入ってるんですが、これで雑貨や家具(小〜中規模)3~4個位作れると思います。

1回目は丁寧に塗っていきます。

むらが無いように慎重に塗っていきます。

最近はスポンジで塗るようにしてるんですが、断然スポンジはいい感じでした。

とても塗りやすく、ムラなく綺麗に塗れます。

100均のスポンジでもいけると聞いたので、今度挑戦してみます。

1回目の塗装が終わり、20~30分後に2回目の塗装をします。

2回目の塗装は軽く塗って行く感じです。

2回目の塗装が全部塗れたら、すぐに耐水ペーパーでウェット研磨します。

このウェット研磨で色が染み込んでいきます。

ウェット研磨が終わったらウェスでしっかり板を拭き取ります。

板の素材の準備は完了です。

多少汚れた感がある、いい感じの素材になりました。

壁美人設置

では、いよいよ壁に設置する訳ですが、我が家は賃貸なので壁を傷つけられないのです、、

どうしようと思い色々調べた結果、壁にテレビまでつけれるという壁美人というものに辿り着きました。

この壁美人のすごいところは、ホッチキスだけで壁に設置できるってとこです。

しかも、今回の重量は1つの金具に対して12kgまでオーケーなのです。

今回は2つつけるので全部で24kgまで耐えられる事になります。

これだったらかなり重いものを何個かけても耐えられます。

これは、賃貸だったら色んなところに発揮できる超グッドアイテムですね!

では、金具の設置ですが、こちらは、受け側(素材側)の金具です。

この受け側の金具にも種類があるみたいで、今回のものは板を壁から若干浮かせてはめ込むものです。

詳細は後の画像を見てくれればわかります。

左右均等に設置していきます。

今度は、壁側です。

ホッチキスでガチャンガチャンやっていきます。

この時はつける位置は水平を保ってるか慎重にやらなきゃいけません。

拡大するとこんな感じです。

何ともありません。

ただホッチキスでガチャンガチャンやっただけです。

意外に難しいですが、、(何度も失敗しました)

金具が前に突出している部分に先程の木材側の金具をかけていく感じです。

では、設置します。

よし、出来た。

と思ったんですが、予想以上に板が前のめりに斜めってしまいました。。。

これは、金具の突出分の浮きが出てしまった為です。

その浮きの分を補える適当な木材を探し簡単に設置していきます。

よし。

これでまっすぐ浮きもあまりなく留まりました。

前から見るとこんな感じです。

おー何か、がっちりしてる感じだ。

これで重いものもガンガンかけれるかなー。

フック設置

次はフックをつけます。

フックは雑貨屋で割と頑丈なものを買いました。

お客さんも良く来るので、沢山かけれるようにしたいと思い5本のフックをつけていきます。

位置や高さ中心点などをしっかり測り設置していきます。

ごっついフックだとビスを停めるのが少し力が必要かもしれないです。

今回のフックはうちのインパクトドライバーではビスを回す位置が狭くて入らなかったので、ただのドライバーでやりました。

片方だけ締めすぎたりすると若干フックが曲がるのでバランスよく丁寧にやる必要があります。

5つのフックを全て付け終えてやっと完成です。

とりあえず、よく使うものを色々かけてみて、、

なかなかいい感じになりました。

ちょっとでかすぎたかな感もありますが、ガンガンかけていくには丁度いいです。

玄関は色々細かく飾りたいところですが収納が少なければ、日常生活ではどんどん散らかってストレスの原因になります。

フック一つでも時間かけて丁寧に作れば自分にぴったりな味のあるものが作れます。

そして壁美人があればほとんどのところに頑丈に設置ができるので、持ち家、賃貸関係無くやりたい事かなりできるのではないかなと思いました。

とにかく玄関に壁美人、そしてDIYは相性ぴったりでした。

今回はフックでしたが、他にも鍵を壁にかけてる所があるので、次回もまた壁美人を使い作っていきたいと思います。

  • 15744
  • 129
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード