色落ちしない漂白剤の洗濯方法|酸素系漂白剤と塩素系漂白剤の違いも解説

漂白剤を使った洗濯方法を徹底解説します!衣類などが色落ちしてしまったり、変色してしまったりと、案外使うのが難しい衣類用漂白剤。酸素系漂白剤と塩素系漂白剤の違いや、それぞれの効果的な使い方も詳しく解説。漂白剤でどこまで汚れが落ちるのかも検証しました。今まで落ちないと諦めていた汚れやシミを、服本来の色は落さずにスッキリと洗濯しましょう!

  • 68148
  • 132
  • 0
  • いいね
  • クリップ

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違い

洗濯漂白剤とは、シミや汚れの色素を化学的に分解する薬剤です。種類は主に塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の2つに分けられます。

また、粉末タイプの洗濯漂白剤や液体タイプの洗濯漂白剤があるので、用途によって使い分ける必要があります。

今回は洗濯漂白剤を上手に使って、色落ちさせずに汚れを落とす洗濯方法を紹介していきますよ♪

塩素系漂白剤の特徴

塩素系漂白剤は、漂白力がとても強いです。また、除菌効果や殺菌効果もあるのでガンコな汚れや、なかなか消えない雑菌臭などには塩素系漂白剤を使うのがおすすめ。

色素を分解してしまうので、柄物や色物の衣類などには使うことができません。塩素系漂白剤を使うときには、白色のものにだけ使うようにしましょう。

酸素系漂白剤の特徴

酸素系漂白剤は、柄物や色物の衣類にも使うことが可能。衣類の色は残して、シミや黄ばみなどの汚れだけを落とすことができます。除菌効果や殺菌効果もあるので、気になる皮脂臭にも効果的。

塩素系漂白剤に比べると若干漂白力が劣りますが、色が入っている衣類にも使えるので、気軽に漂白することができますよ♪

漂白剤の効果的な使い方

洗濯漂白剤は、使い方にひと手間加えるだけで、より効果的に使うことができます。

「お気に入りの服にシミが着いてしまって取れない」「洗濯しても皮脂臭や雑菌臭が消えなくて困っている」という方は必見です!

どれも簡単にできる方法ばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね♪

洗濯洗剤&漂白剤の同時使い

洗濯漂白剤を使うときには、洗濯洗剤をプラスしましょう。洗浄力が高まり、消臭効果も増します。

洗濯洗剤は粉末タイプ、液体タイプどちらでもOKです。お好みの洗濯洗剤を使ってみてくださいね♪

さらに柔軟剤をあわせて使えば、香り付けと同時に、静電気や毛玉の防止にもつながりますよ。

つけおき洗い

洗濯漂白剤のみを溶かした水に、衣類などをつけおきしてから洗濯洗剤と柔軟剤をプラスして洗濯機で洗濯しましょう。汚れやシミが落ちやすくなるだけでなく、除菌効果や消臭効果も増します。

つけおきをしてから洗濯することで、汚れも臭いもスッキリと洗い流すことができますよ♪

生乾き臭と菌の嫌な臭いを撃退

梅雨の時期や雨が続いてなかなか洗濯物が乾かないときは、洗濯漂白剤の使用頻度を増やしてみましょう。嫌な生乾き臭や雑菌臭がスッと消えてくれます。

洗濯するときは漂白剤のみでなく、洗濯洗剤と柔軟剤を同時に使用しましょう♪

漂白剤使用時の注意点

洗濯漂白剤それぞれの特徴や、効果的な使い方は確認できましたね。ここからは、それらを踏まえた上で注意するべき点を紹介します。

注意点を確認せずに使ってしまうと、衣類の色落ちや繊維を傷めてしまうおそれがあります。注意点をしっかりと確認して、洗濯漂白剤を効果的に使いましょう♪

注意事項や取扱説明書をしっかり確認

まずは洗濯したいものの洗濯表示を見て、洗濯漂白剤を使える素材かどうかを確認しましょう。

また、洗濯漂白剤本体に書いてある取扱説明書と注意点をしっかりと確認することも大切です。洗濯したい素材に対して合わない洗濯漂白剤を使ってしまうと、色落ちや生地の傷みなどを引き起こしてしまうおそれがあります。

洗濯漂白剤を使う前には、必ず洗濯物と漂白剤の相性をチェックしておきましょう!

漂白剤を使えないもの

洗濯漂白剤の注意書きでは洗濯可能とされていても、洋服やアイテムの洗濯表示によっては洗濯漂白剤の使用を避けた方がいいものもあります。

以下の洗濯表示を参考に、漂白剤の使用可否をチェックしてみてください。

●△マーク
塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の使用が可能
●△マーク+斜線
酸素系漂白剤のみ使用可能
●△マーク+バツ印
洗濯漂白剤自体の使用が不可能

ただし、洗濯表示に△マークが書かれていても、色物や柄物に塩素系漂白剤を使うと色落ちしてしまうことがあるので、注意が必要です。

洗濯表示を確認した上で、色物や柄物であれば酸素系漂白剤を、白色で塩素に強い素材であれば塩素系漂白剤をといった具合に、洗濯漂白剤をうまく使い分けましょう!

混ぜると危険

塩素系漂白剤は、酸性のものと混ぜると大変危険です。

酸性の洗剤と混ぜると、有毒なガスが発生してしまいます。レモンやみかんなどの柑橘系も酸性なので、生ゴミの中に酸性のものがある場合は塩素系漂白剤を混ぜたり、付けたりしないようにしましょう。

有毒ガスには、呼吸器や眼などの細胞組織を破壊する作用があります。有毒ガスに長時間さらされることで塩素ガス中毒となってしまい、人体にはとても危険です。生命の危険を伴うこともあるので塩素系漂白剤の取り扱いには十分に注意しましょう。

保護具を使用

洗濯漂白剤を使用するときには、保護具を使うのがマストです。

肌荒れ防止のためにゴム手袋や、呼吸器への負担を減らすためにマスクを身につけてから使用するようにしましょう。

また、塩素系漂白剤は刺激が強いので、水泳用ゴーグルやメガネを装着することで目への負担を軽くすることができます。

【検証】洗濯洗剤だけで汚れは落ちない?漂白剤は必要?

服や布に付着してしまったしつこい汚れやシミは、洗濯漂白剤が絶対に必要なのでしょうか? 洗濯洗剤だけで汚れは落ちるのかどうか、漂白剤でどこまで汚れが落ちるのかを検証してみました!

身近な汚れで、なおかつなかなか落ちない汚れにフォーカスしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

口紅の付着

布に口紅が付着してしまった事例を前提としました。

服を着るときや脱いだりするときに、思わず口紅が付いてしまうことってありますよね。白い服だと余計に目立ってしまいます。

布に付着してしまった口紅はどこまで落ちるのでしょうか?

洗濯洗剤のみで洗った場合です。付着した口紅のシミはうっすらと残ってしまっていました。真っ赤な口紅やティント系の口紅だと、もっとシミが残ってしまっていたかもしれません。

では、洗濯漂白剤を使って洗った場合はどこまで落ちるのでしょうか? シミ部分に直接、液体洗濯漂白剤を塗って試してみましょう。

洗濯漂白剤を使うと、見事に漂白できました!

ポイントは、汚れが付いてからすぐに洗濯漂白剤を使って洗濯をすること。汚れを放置していると、日がたつにつれて汚れが繊維の奥まで染み込んでしまい、洗濯漂白剤を使っても落ちにくいことがあるので注意が必要です。

とんかつソースの付着

布にとんかつソースが付着してしまった事例を前提としました。

小さい子どもはケチャップやソースなどをよく服にこぼすので、頭を悩ませているお母さん方も多いのではないでしょうか?

さっそく検証していきましょう!

洗濯洗剤のみで洗った場合です。とんかつソースは洗濯洗剤のみでキレイに汚れが落ちました!

今回は布にとんかつソースを付着させてからすぐに洗濯したので、洗濯洗剤のみで難なく汚れを落とすことができました。時間がたったソースのシミや醤油のシミなどがなかなか落ちない場合は、洗濯漂白剤を使いましょう。

油性ペンの付着

布に油性ペンが付着してしまった事例を前提としました。

油性ペンのシミは洗濯洗剤では絶対落ちない汚れという印象がありますよね。

とくに、白色の衣類に付着してしまうと汚れが目立ってしまい、もう着られない……ということになりかねません。

油性ペンのシミはどこまで落ちるのか検証していきましょう!

洗濯洗剤のみで洗った場合です。付着した油性ペンのシミが少し薄くなっただけで、ほとんど落ちていません。

洗濯漂白剤だと、どこまでシミを落とせるのでしょうか。油性ペンのシミ部分に直接液体洗濯漂白剤を塗って、試してみましょう!

線の真ん中あたりはうっすらと消えかかっていますが、完全には消えずに残ってしまいました。漂白を何回か繰り返せば消えそうですが、繊維を傷めてしまうおそれがあります。

油性ペンのシミが落ちない場合は、無理に自分でやろうとせずにクリーニング屋さんに出した方がよさそうです。

皮脂汚れの付着

服に皮脂汚れが付着してしまった事例です。洗濯洗剤のみだと黄ばみが残ってしまい、汚れが目立ってしまっていますね。

皮脂汚れは洗濯洗剤だけではなかなか落ちません。とくに、長く愛用しているシャツやインナーなどは、襟のあたりが黄ばんだり黒ずんだりしてしまいます。

衣類にやさしい液体タイプの洗濯漂白剤を、シミや黄ばみ部分に直接塗って洗濯しました。かなりキレイになりましたね!

洗濯漂白剤は汚れが落ちるだけでなく、消臭や除菌もできます。臭い戻りのリスクが減るので、たくさん汗をかく子ども服にもうれしい効果です♪

ワイシャツの襟元汚れ

ワイシャツの襟元が汚れてしまった事例です。洗剤だけでは皮脂汚れが残ってしまいました。

とくに、白いワイシャツは1日着ただけでも黄ばんだり黒ずんだりしてしまいます。毎日着るワイシャツだからこそ、色も臭いもキレイに保ちたいですよね。

洗濯漂白剤だと、どこまで汚れが落ちるのかを見ていきましょう!

洗濯漂白剤を入れて洗ってみると、見事に真っ白になりました!

真っ白なシャツは着ていて気持ちがいいですよね♪

落ちやすい汚れやシミのランキングをまとめてみると、とんかつソースが1位。2位は口紅と皮脂汚れの黄ばみ黒ずみ。3位は油性ペンということになりました!

【番外編①】漂白剤で洗濯槽までキレイに!

洗濯機の洗濯槽はカビや雑菌の温床です。見えない部分なので汚れていることに気付きづらいですが、放っておくとどんどん繁殖してしまい、洗濯物にカビや雑菌が付着してしまうおそれがあります。

一般的には洗濯槽専用のクリーナーをよく使いますが、実は洗濯漂白剤で洗濯槽を掃除することもできちゃうんです!

縦型洗濯機やドラム式洗濯機に関係なく、定期的に洗濯槽の掃除をしましょう♪

粉末漂白剤でカビや雑菌を除菌

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤、どちらでも掃除をすることが可能です。

液体タイプの洗濯漂白剤でも掃除することができますが、粉末タイプの洗濯漂白剤を使った方が汚れ具合に合わせて濃度を変えられるので粉末タイプを使うのがおすすめですよ♪

使うときには酸性のものと混ぜないように注意しましょう。

お湯の温度

お湯の温度は40〜60℃くらいにしましょう。洗濯機に満量のお湯を入れて洗濯漂白剤を混ぜたら、あとは洗濯機をいつも通りに回すだけです。

洗濯槽の掃除をする度に、洗濯槽クリーナーを購入する必要がないのでお財布にもやさしく、洗濯槽の匂いや汚れが気になったときにすぐ実践することができるのでとても手軽にできますよ♪

漂白剤の使用量目安

塩素系漂白剤を使う場合は10Lの水に対して50ccほど。酸素系漂白剤を使う場合は10Lの水に対して50gほどです。

自宅の洗濯機の容量を確認し、使用量を決めましょう。洗濯槽の掃除をしばらくしていない場合や雑菌臭がきになる場合は、洗濯洗剤の残りカスも蓄積されてしまっていることが多いので、洗濯漂白剤を目安量より多めに入れて濃度を濃くするとより効果的ですよ♪

【番外編②】漂白剤で消毒と除菌もできる!

洗濯漂白剤は衣類を漂白するだけでなく、菌が繁殖しやすい場所を消毒することもできちゃいます!

とくに乾燥する季節は菌が繁殖し、病気に感染してしまいやすいですよね。洗濯漂白剤で消毒して、菌の繁殖や感染を抑えましょう。

ノロウイルスやインフルエンザの除菌

ノロウイルスやインフルエンザの菌の繁殖を抑えるには、次亜塩素酸ナトリウムが含まれている塩素系漂白剤で消毒するのが効果的。家庭用の塩素系漂白剤を使って消毒液を作りましょう。

消毒したい場所や物によって消毒液の濃度を変えます。

2.5Lの水に塩素系漂白剤10mLを混ぜて作った消毒液は、感染者が触れたドアノブや手すりなどの消毒に効果的。0.5Lの水に塩素系漂白剤10mLを混ぜて作った消毒液は、感染者の嘔吐物や便などが直接付着した場所や物などの消毒に効果的です。

消毒液を使うときには、手の皮膚と呼吸器を守るためにビニール手袋とマスクを着用して使用し、十分に換気を行いましょう。

また、嘔吐物が付着してしまった衣類は、洗濯洗剤のみでウイルス除去はできません。洗濯漂白剤でしっかりと消毒しましょう。洗濯漂白剤の濃度を高めにして、つけ置きしてから洗濯機で洗うのがおすすめです。

漂白剤を使ったことによる失敗例

シミや汚れに対して合っていない洗濯漂白剤を使ってしまうと、洗濯の失敗に繋がってしまいます。

とくに強力な洗濯漂白剤を使うときには、汚れやシミの成分をしっかりと確認する必要があります。素材が漂白剤に適しているかどうかを確認してから洗えば、失敗のリスクを減らすことができますよ!

こげ茶色のシミや黄ばみには要注意

こげ茶色のシミや黄ばみは、金属成分を含んだものが酸化してシミになった可能性が高いです。

酸素系漂白剤は金属成分に過剰反応してしまう性質があり、衣類に穴が開いてしまったり変色してしまったりするおそれがあるので注意が必要です。

洗濯漂白剤を使うときにはシミがどんな成分のシミなのかをよく見極めてから、使う洗濯漂白剤を選びましょう。

粉末の酸素系漂白剤による脆化(ぜいか)に注意

脆化(ぜいか)とは、洗濯漂白剤によってウールやポリウレタンなどの繊細な繊維が溶けてなくなってしまうことです。

過炭酸ナトリウムが生地繊維の中で発生して繊維が脆化してしまい、変色してしまったり衣類に穴があいてしまったりするおそれがあります。

脆化を防ぐために、漂白したいものの素材をしっかり確認してから洗濯漂白剤を使い分けましょう。

漂白剤を上手に使って色落ち知らずに♪

洗濯漂白剤は、いろいろな場面で大活躍してくれる万能な薬剤。衣類の汚れや雑菌をスッキリと落として、臭いも取り除いてくれます。服がキレイだと気分も上がりますよね♪

また、洗濯漂白剤は衣類の漂白だけでなく消毒もできるので、病気の感染を防ぐことができるのも魅力のひとつです。

漂白剤を上手に使いこなして、クリーニング代を浮かせちゃいましょう!


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 68148
  • 132
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード