食器を守る!引っ越しで大活躍する意外なキッチングッズ

3月は、転勤や進学、卒業などで転居を伴う移動が増えます。
いわゆる引っ越しシーズンですね。
引っ越し作業で食器を梱包する時に、こんなキッチングッズを使ってみてはいかがでしょう。

  • 17102
  • 105
  • 0
  • いいね
  • クリップ

引っ越しを経験したことのある方はわかると思いますが
引っ越し作業で手間がかかるのが、割れ物の梱包です。

雑誌や洋服などは、そのまま箱詰めすればいいのですが
食器など割れ物は、ちょっとひと手間かかります。

プチプチのような空気が含まれた緩衝剤があると便利ですが
数ある食器を包むとなると、量が必要なのでお値段もかかります。

そこで、キッチンにあるモノを使って代用してみました。

レンジフードフィルターが梱包材に変身!

換気扇の汚れを軽減するために使っている方も多いのではないでしょうか。
レンジフードフィルター。

今や100円ショップでも販売されているほどポピュラーな商品です。

このフィルター、不繊布という素材で出来ています。

油汚れを吸着するために繊維が何層にも折り重なっているので、適度に厚みがあります。
紙と違って少し引っ張っただけでは破れたりせず、空気の層があるのでクッション性に優れています。

また、柔らかいのでいろんな形に沿う事が出来ます。

なにより、自由にカットすることが出来るのも魅力です。

そこで、こんな使い方を思いつきました。

食器を包んでみる

包みたい食器の大きさに合わせてフィルターをカットします。

あとは、いつものように食器を包んで行けばOK。

大きすぎる時は、包んだ上からもう一つ食器を重ねても大丈夫ですよ。
要は、食器同士がガチャガチャ接触しなければいいのです。

使い道を限定しない

「レンジフードフィルター」と記載があると、それ用にしか使えない気がしますが
そのモノを素材として見てみると、いろんな使い道が発見できます。

初めての引っ越し作業では、「引っ越し用に」と販売されているモノを使いがちです。
急な辞令ですぐに引っ越さなくてはならない時、わざわざ引っ越し用の梱包材を買いに行くのも大変です。

家にあるもので十分なのですが、引っ越し経験が浅いと、何を使っていいのかわからないですよね。



私はこれまで7回引っ越しを経験しました。

20年前までは新聞紙で包むのが常識と言われていました。
でも、昔の印刷だからか、白い食器に印字のインクが付いてガッカリした経験があります。
また、引っ越し先で剥がした梱包材が山のように出てその処分もひと仕事でした。

そんな経験があるから、白くて柔らかいレンジフードフィルターを見て、
「これは使える!」とひらめいたのです。

フィルターとしても再利用してムダなし!


予めカットされた商品はそのまま使って、使用後はフィルターとして再利用も出来ますよ。

大皿のような包むのが大変な食器には、60cmサイズにカットされたモノを使うと
パタパタと畳んでいくだけで保護できます。

引っ越し以外でも使って

いかがでしたか?

キッチンの汚れを防ぐレンジフードフィルター。
今、家で使っているフィルターを梱包材として使うと、引っ越し用品の出費も抑えられます。

また、普段から使用頻度の低い食器をしまっておくときにも使うと
空気中の油分をカットしてキレイな状態を保てます。

地震対策にもなりますので、ぜひお試しください^^

  • 17102
  • 105
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード