DIY初心者必見!知っておきたい基礎知識&簡単アイデアをご紹介

DIY初心者の方でも簡単にできちゃうアイデアをご紹介!若い女性を中心に流行中のDIY。始めてみたいけど、何をすればいいのかわからない…。そんな方のために、DIYを始めるために必要な知識と、初心者でもできる簡単なDIYアイデアをまとめました。

DIYをするメリットは?

DIYのメリットは、専門の業者に依頼するよりも費用を抑えられることが多いということです。

DIYはにかかる費用は、基本的には材料と工具を揃えるのに必要な費用のみなので、多くの場合は専門家に依頼するよりも安く済みます。

次に、自分の好みや部屋のスペースに合わせたものを作ることができるという点です。既製品に好みに合ったデザインがなかったり、設置するスペースがなかったりするということはしばしばあります。

DIYであれば、自分の理想に近づけつつライフスタイルに合ったものを手にいれることも可能です。

そして何よりもDIYが楽しいということです。

釘を打ったり、木材をカットしたりと、DIYの作業は大変なことも多いですが、だからこそ完成した時の達成感はほかでは味わえないものです。

初心者にありがちな失敗例は?

DIY初心者にありがちな失敗は、「板がまっすぐ切れない」「釘を打つ時に板が割れる」「塗装にムラができる」といったものです。

こうした失敗は、道具や工具が正しく使用できていないこと場合が多いです。実際にDIYに取り掛かる前に、必ず道具や工具の使い方を学んでおきましょう。

また、DIYをする場所にも注意が必要です。浴室やトイレなど、長時間使用できなくなると困る場所を初心者がDIYするのは避けた方が良いでしょう。

また、賃貸や新築の場合、壁や床をDIYした後に原状回復できるかどうかも確認しておきたいところです。

初めてDIYを行う場合は、大規模なものではなく、100均アイテムを活用したDIYやカッティングシートを使ったDIYに挑戦してみましょう。

これらは金銭的・時間的な費用を比較的抑えることができます。

初心者でも扱いやすい!DIYに便利な木材について学んでみよう

いざDIYをしようとホームセンターに行ってみても、木材の種類が多すぎてどれを買えばいいのかわからない…。そんな方のために、DIYに使える代表的な木材についてご紹介します。

そあらさんのアイデアを参照させていただきました。

そあらさんが初心者におすすめされているのは「桐」。自身も初心者のころに一番使用されていたそうです。

桐は軽くて柔かいため、加工がしやすく、女性でも扱いやすいそうです。最初に手に取る木材にはぴったりですね!

ただし、耐水性はなく、強度もそれほど強いわけではないため注意してください。

そあらさんが集成材としてすすめられているのは「ラワン合板(ベニヤ板)」です。集成材は小さい板を接着剤で合わせた木材のことです。見た目が均質で、強度も安定しているというメリットがあります。

その中でもラワン合板をおすすめする理由は、厚さやサイズの種類が豊富で、加工が容易であるからだそう。

続いてそあらさんが紹介されているのがSPF材。SPF材はSpruce(トウヒ )、Pine(松)、Fir(モミ)のそれぞれ頭文字を取ったもので、3種類の混合材のことです。

1×4材や2×4材はワンバイフォー、ツーバイフォーと読み、木材のサイズ(インチ)を表しています。

特に2×4材はDIYによく使用されます。ディアウォールというアイテムと組み合わせれば、部屋のどこにでも柱を作ることも可能です。

そあらさんは「おすすめNo.1の木材」だとも豪語しています!

このようなディアウォールと2×4材がセットになった商品も販売されているので、気軽にDIYが始められそうです!気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

そのほかの木材の特徴について知りたい方は、以下のそあらさんのアイデアを見てみましょう。

▼そあらさんのアイデアはこちら▼

木材レポート #2【第2回そあら流・DIY初心者講座】※修正アリ

DIY初心者講座、第2回も引き続き木材レポートになります( ˊᵕˋ* ) 今回はおそらく一番よく使われている木材、『SPF材』についてまとめてみました。 専門的にではなく、DIY初心者の方にもわかりやすくなるよう 知っておきたいところメインのレポートです♡ そして、簡単にですが木材の選び方も書いてあります。

そあら

早速テーブルを作ってみよう

それでは、さっそくDIYに挑戦してみましょう。初心者におすすめのDIYとして、あーつんさんはカインズホームの制作キットを使ったテーブルを紹介しています。

カインズホームで無料で配布されている作り方と、記載された必要な材料を揃えます。カットや必要な道具の借り入れも済ませておきましょう。やすりがけもお忘れなく。

作り方に沿って、木材を組み立てていきます。脚の部分は販売されている「テーブルキット」を使用します。

こちらが組み立て終わったテーブル。あとは好みでワトコオイルや好きな色で塗装すれば完成です。

キットを使うだけあって作業は簡単ですが、自分で何かを作った達成感は大きいはず。DIY初心者の方やこれから挑戦してみたいという方はぜひ試してみましょう!

▼あーつんさんのアイデアはこちら▼

初心者にオススメ!カインズホームのテーブルキット

私が初めてDIYで作った家具が、カインズホームのテーブルキットでした。 どんな木を使うのか、寸法は?だいたいの値段は?など分かりやすく書いてあるし、 場所も電動工具も貸してくれて、なんなら使い方まで教えてくれますよ! あれ!クギが足りない!となってもすぐ買いに行けるし、 初心者には本当に良い経験になるのでオススメです!

あーつん

すのこを使えば初心者でも棚を簡単にDIY!

せっかくDIYするからには実用性のあるものを作りたいですよね。すのこを使えば、便利な棚も簡単にDIYできてしまいます。makkyfoneさんによる、必要なときだけ組み立てられる、すのこを使った棚のアイデアをご紹介します。

必要な材料は、好きなサイズのすのこが3枚と、すのこのサイズに合わせてカットしたファルカタ材3枚。

「コ」の字に組み合わせられるよう、真ん中のすのこの角材を少しずらしておきます。

組み立てたすのこの側面同士を蝶番で止めます。

棚板用のファルカタ材を乗せれば棚として好きな時に使用できます。棚板は乗せるだけで安定するので、ビスで留める必要はありません。

好みですのこに塗装をすれば完成です。

必要ないときには、すのこを広げて置いておけば場所を取ることもありません。

すのこはホームセンターや通販などで気軽に購入できる、DIYの強い味方ですね!

複雑な作業は一切ないので、初心者でも簡単に作ることができます。棚が欲しいと思っている方は、makkyfoneさんのアイデアに挑戦してみませんか?

▼makkyfoneさんのアイデアはこちら▼

広げたり、組み立てたり、がすぐできるスノコ2way棚

スノコはDIYを始めるにはとても、扱いやすい材料です。大掛かりなDIYはできなくても、スノコを使えば棚だって作れます( ´ ▽ ` )ノ 私もスノコ棚が初めてのDIYでした(*^^*)しかし、スノコ棚をDIY初心者さんでも作れて、もっと使いやすく、実用性をアップさせれないかな?と、ふと閃いたのが2パターン使えて、収納や持ち運びにも便利なバラせるスノコ棚でした(*^^*) これからの時期、野外のアウトドアなどでも活躍させれそうな予感です♡

makkyfone

100均アイテムをアクセントにしたDIYタオルハンガー

100均アイテムを活用したアイデアをご紹介します。wagonworksさんは、セリアのワイヤーメッシュラティスを使ったおしゃれなタオルハンガーを作っています。

必要な材料

・木材(杉)
側板 2本
天板・棚板 2本
前板 1本
・丸棒 1本
・セリア インテリアワイヤーメッシュラティス 1枚
・ステップル(U字の釘)、ビス

まず、側板と天板をビスで固定し外枠を作ります。天板から21cmの位置に印を付けます。印の位置に棚板の上面が来るようにし、ビスで固定します。

側板の手前と下から35mmの位置に印をつけます。ドリルで印の位置に下穴を空けてから、丸棒をセットし、ビスで固定します。

できた外枠に好みの塗装をします。

裏にくる側を上に向け、ステップルでラティスの四隅を留めます。

ラティスを付けた側を反対にし、前板を取り付けます。好みでステンシルをすると良いでしょう。

こちらが完成した写真。さらに好みで、裏側の上部2ヶ所に三角フックを取り付けるとさらに便利になりますよ!

4つ折りにして巻いたフェイスタオルがぴったり入るようになっています。タオル以外にもハンドソープやコップなど、いろいろなものを置くのに使えそうですね!

詳しい作り方を知りたい方は以下のwagonworksさんのアイデアをどうぞ。

▼wagonworksさんのアイデアはこちら▼

100均アイテム足しがポイント!タオルもオシャレに収納できるタオルハンガーの作り方

DIY初めてみたいけど、何から作ったらいいかわからない~ 木工初めてみたい!という方にもおすすめな簡単なレシピです。 でも作ったらとっても満足できちゃいますよ。 タオルを収納して、そのままハンガーとしてかけることができます。 材料も手軽に手に入ります。 ぜひ作ってみてくださいね♪

wagonworks

リメイクシートを使ったお手軽DIY

最後に、リメイクシートを使ったDIYについて見ていきましょう。あこ*さんは木目調のリメイクシートを使って、壁一面の雰囲気を大きく変えています。

リメイクシートとは、色や模様のプリントされたシートです。壁や物に貼ることで、部屋の雰囲気を簡単に変えることができます。

今回使用されているのは、セリアの『オールドウッドA』。さっそくリメイクシートの使い方を見ていきましょう。

適当な長さに切ったシートを端から貼っていきます。スキージ(ヘラ)を使って、中の空気を押し出すようにします。

一方向に貼るのではなく、縦横ランダムに貼っていくことで、より雰囲気がアップ!

こちらが貼り終えた後の写真。木の温かみが伝わって来ます。賃貸や新築など、原状回復できるようにする場合は、マスキングテープで養生してからリメイクシートを貼るようにしましょう。

今回使用したのは100均セリアのリメイクシートですが、リメイクシートはさまざまなデザインのものが出回っています。

自分好みのものを見つけて壁紙をおしゃれにアレンジしてみてください!

▼あこ*さんのアイデアはこちら▼

▼詳しいカッティングシートの貼り方を知りたい方はこちら▼

カッティングシートでお部屋を大変身!簡単に実践できるDIY事例やアイデアまとめ

カッティングシートDIYでお部屋を大変身させてみませんか?カッティングシートは簡単に貼り付けることができる上、100均で気軽に手に入るところがうれしいですよね!工夫次第では跡が残らないように貼ることもできるので、賃貸物件にお住まいの方でも心配なく使用できますよ。それではカッティングシート、リメイクシートを使ったDIYや貼り方についてご紹介していきます。

LIMIA DIY部

まとめ

DIYの基礎知識や簡単なDIYアイデアを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ちょっとしたモノであっても、自分で作ると愛着が湧いてくるはず。身の回りのものでDIYを楽しんでみてください。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー