桜染めdeインテリア

春本番を前に、桜染めに挑戦。その色は、桜の持つやさしいピンク。春のインテリアに最適なカーテンに仕立てました。

  • 5547
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

アンティーク風の桜色カーテン

桜色のピンクは、とてもやさしい色です。

柔らかいガーゼタイプの綿素材を使って

その仕立ても、柔らかいシルエットが出るように仕立てました。
アンティークな家具とレース使いの小物類が似合います。

カーテンの丈は、あえて長めに、床に流れるような

シルエットにします。
カーテンの上部は、つまみフックでカーテンバーに通します。

折り返しを作り、繊細なレースとビーズで縁取りしました。

桜染めを簡単に解説します。

桜染めは、その年の花芽を持った枝を使います。

これから咲く花芽を切ってしまうのは

忍びなく、本意ではありません。

なので、剪定が予定されている木から枝をとります。

今回は、ソメイヨシノとヤマザクラを使いました。

枝は、鍋にしっかり入るぐらいにカットしておきます。

数日間、煮たり、冷ましたりを繰り返して原液を作ります。

この工程で、いかにオレンジ味やイエロー味を取り除くかがポイントです。
染める布を準備します。

今回は、ガーゼローンと格子柄のインド綿です。

あらかじめ洗って、汚れや糊などを落としておきます。
洗った布を、灰汁に米酢を入れたものに漬け

なじませておきます。これが媒染です。
ぐらぐらと沸騰したお湯に、先の原液を混ぜ

短時間で染めます。

色を好みの濃さにしたい場合は、新たに染料液を作り

都度、染めていきます。

染め上がりの布は、ほんのり桜の香りがします。

桜染めの詳しい染め方は、ネットで検索することができます。

枝を煮ている時も・・

染めている時も・・

さらには染め上がりを干している時も、ほんのり桜の香りが漂い

春の気分を味わうことができます。

セラピー効果もあって、気持ちも優しくなれ、幸せな気分になれました。


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中

  • 5547
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

ハンドクラフトメーカーの企画室を経て、インテリアコーディネーターの資格取得後、リフォームメーカーにてリフォームアドバイザーとして勤務してまいりました。趣味兼、ラ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード