和室改造計画【続編】

じゅらく壁の和室改造計画完結編です。

  • 1099
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

2年前、途中で漆喰が足らなくなり、そのまんま放置していた箇所を一念発起して完成させました。
無計画な上に無謀なチャレンジで終始ドタバタでしたが何とか出来上がりましたので見てください。

我が家のリビングと化している四畳半のちっちゃな和室です。
築40年ともなると古くて暗い。

2年前に古民家風を目指してチャレンジしたのは良かったのですが、途中で漆喰が足らなくなり一部を放置したまんまにしていたところをシーラーと漆喰とペンキを使って完全に完成しました。

水で湿らせてヘラを使ってゴッソリそぎおとすのが本来のやり方らしいのですが、ズボラDIYが、得意(⁉️)な私は、こちらの、壁押さえ剤を使いました。

ローラーを使って壁にまんべんなく塗るのですが、たまーに塗れていないところがあったのか、漆喰を塗った時にザラザラしたものが漆喰に混ざってしまいシーラーの恐るべき威力を感じるー

さて、本題の漆喰を塗ろうとしたその時、大変なことに気がつきました。
なんと、近所のホムセンで購入した素人用の漆喰(ひとりで塗れるもん)が、な、な、なんと【さくら色】だったのです。

えーっっっ、普通こんなクソ田舎で売ってる漆喰ったら白だろー、白ぉー❗

叫んでも開封後の返品は出来ないだろうし、他に漆喰を塗る予定の箇所もないし、、、

仕方ない、とりあえず、コレ使っちゃおう‼️後は何とかなるさの精神で。

それにしても古い壁とのコントラストと言ったらエライ違いです。

何とか、さくら色塗り終わったー

とりあえず、乾かします。

乾きかけの状態がこちらです。
漆喰は水分を含んでいるので乾くと白っぽくなります。
が、そこはやはり乾いてもさくら色です。

さてさて、このさくら色の壁をどうしたかと言いますと、、、

ジャジャジャーん❗
漆喰の上から白ペンキを塗っちゃいましたー

プロの方が知ったら「邪道ー」と言われそうです(笑)

以前キッチン天井のクッションパネル(セリア購入)で柄を間違えて買ってしまったクッションパネルが、ここで大活躍してくれました。

さすがに天井のペンキ塗りは泣けるので我が家では天井リフォームにセリアのクッションパネルを使っています。

最後はトドメに照明の取り替えです。
和室なのでスイッチの無い部屋にはリモコン付きの変換器が大活躍します。

ネット購入したレトロ照明が届いたので早速付けてみました。

6個もあるので40wで良いだろうと思っていたけど、かなり暗いです。

LEDなのでなかなか電球切れをおこしそうにありませんが次はもぅ少し明るめの電球にしたいと思います。

やったー😃✌️2年越しで仕上がった我が家のリビングリフォーム。
初っぱなから漆喰の色を間違えてどうなることかと思いましたが、終い良ければ全て良し❗と言うことで、お隣のキッチンとの繋がりも出来て、ほぼほぼ満足です。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 1099
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

ご覧いただきありがとうございます😆💕✨2階の娘ちゃんルームのリフォームを皮切りに築39年の古〜い我が家を一念発起してリノベーションしています。限られた予算でやっ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード