セリアの時計を粘土と歯車とプルタブでリメイク!

セリアの時計を粘土、歯車パーツ、空き缶のプルタブを使ってリメイクしました。

  • 76971
  • 44
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ベースにしたセリアの時計です。(今まで少し汚し加工をして使っていました。)

まずこの時計に紙粘土を張り付けました。

普通の紙粘土よりも軽くて柔らかい、「かる〜いかみねんど」
セリア、ワッツで買えます。

文字盤の部分は針が当たらないよう薄く伸ばし、縁は表裏から挟み込むようなかんじでくっつけて、伸ばしていきました。

粘土が乾く前にセリアの時計パーツの数字を埋め込みました。

引き続きセリアの歯車パーツを埋め込みました。

裏はこのようになっています。

そして2〜3日乾かします。

乾いたらヤスリで表面を整えます。
セリアの透明ニスを塗って再び乾かします。

次に空き缶のプルタブをグルーガンで付けました。(発泡酒の金麦のプルタブです。)これで完成です。

  • 76971
  • 44
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード