コロナ禍で選ばれる調理家電(キッチン家電)は何が重視されるのか?

株式会社マーケティング・リサーチ・サービス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:岩川恵理子)は、全国20歳~59歳の男女を対象にコロナ禍における調理家電(キッチン家電)購入者の実態調査を実施しました。

詳細内容については、オウンドメディアdigmarに公開しています。

  • 556
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、巣ごもり生活が続くこの約1年の間に、商品やサービスの消費スタイルが変化しています。その中で、今回は調理家電に注目し、どのような商品が購入されていたか、利用実態や満足度などの内容でアンケート調査を実施しました。

詳細は下記リンクをご覧ください。

調査結果サマリー:

1.コロナ禍で新たに購入された調理家電の上位商品は“電子レンジ”、“炊飯器”、“トースター”。
「古くなった」、「壊れた」などの買い替えや「必要になった」が主購入理由であり、一方で、順位は下位ながら、“パン焼き機”などはコロナ禍が購入起因(「巣ごもり」目的の商品)になっている。

2.普段よりグレードの高い商品を購入した傾向は、“コーヒーマシン”など「巣ごもり」目的の商品が多い傾向に。
コロナ禍が与えた購入影響度のうち、普段よりグレードの高いものを購入したと回答のあった調理家電(キッチン家電)は、“コーヒーマシン”、 “パン焼き機”など、「巣ごもり」目的の商品が上位にランクインした。

3.コロナ禍で購入した調理家電のうち満足度が高かったのは、“コーヒーマシン”、“電気ケトル”、“電気圧力鍋”。
実際使用してみての満足度が最も高かった商品は、コーヒーマシン、次いで電気ケトル、電気圧力鍋の順。満足度が高いコーヒーマシンは日頃から使う頻度も高い商品であるが、「巣ごもり」目的で購入された商品でもある。普段使いの側面もありながらグレードも高いものを購入したことで満足度が高くなったと考えられる。

<調査結果>
1.コロナ禍で購入した調理家電は?

コロナ禍において、購入した調理家電は、電子レンジ/炊飯器がもっとも高く30%、次いでトースター24%の順でした。

その調理家電を購入した理由は?

購入した理由を聞いてみたところ、「電子レンジ」「炊飯器」「トースター」などは「以前使っていたものが古くなった」「使っているものが壊れたから」という理由が高かったです。
また、コロナ禍が購入に起因している「家にいる家にいる時間が増えて、家の中を充実させたくなったから」の割合が高かったのはパン焼き機32%、次いでコーヒーマシン/たこ焼き専用機/電気圧力鍋27%の順でした。

2.コロナ禍が調理家電に与えた購入影響度は?

購入する際にコロナ禍が影響したのか(コロナ禍だからグレードを上げたのか、購入したのか、影響なかったのか)を聞いてみました。
 ■普段よりもグレードの高い商品・・・コーヒーマシン57%、パン焼き機47%、ミキサー/電子レンジ37%
 ■コロナでなければそもそも購入していなかった商品・・・たこ焼き専用機40%、電気圧力鍋38%
 ■普段と変わらない商品・・・電気ケトル63%、フードプロセッサー50%、電子レンジ/炊飯器49%

3.コロナ禍で購入した調理家電の満足度は?

満足度が最も高かった(満足している+どちらかというと満足している)のは、コーヒーマシン89%、次いで電気ケトル86%、電気圧力鍋83%の順でした。

【調査概要】
・調査手法:インターネット調査
・調査時期:2021年3月
・調査対象者:2020年3月以降調理家電購入者 全国20歳~59歳までの男女
・有効回答数:1,000名 

=================================
【会社概要】
会社名:株式会社マーケティング・リサーチ・サービス
事業内容:マーケティングリサーチ業
所在地:東京都豊島区南大塚2-45-8 ニッセイ大塚駅前ビル
代表者:岩川 恵理子

 - 本件に関するお問い合わせ先 -
 digmar編集部 digmar_request@mrs.co.jp


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 556
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

生活者と企業をつなぐインターネットサービスです。インテリア、グルメ、ファッションなどと様々なジャンルの企業の最新情報が集まっています♩

PR TIMESさんの他のアイデア

生活雑貨のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード