四十肩・五十肩は足を揉むとよくなります!

肩が上がらない・・・肩がこわばっている・・・ そんな四十肩の状態の時には、足を揉むと改善します。簡単に出来る方法をご紹介します。

  • 8108
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

肩のこわばりは、足の小指側を揉みましょう

足の一番端の部分が、固くなると

腕の付け根がこわばってきます。

四十肩や五十肩は、この部分を

根気よく揉むと驚くほど腕が上がる

ようになります。

手で揉むと、手が疲れます!

ラップの芯などを床に置いて、転がすと

楽にマッサージできます。


足の裏から!始めましょう!

ラップの芯や、ファクスの芯を床に置いて

小指側にすこ〜しだけ足の裏を傾けて

コロコロ転がすだけでOKです。

凝っている方が、とても痛いのですが、

痛い足ばかりではなく

左右 両方行うとコリが取れやすく

なります。

片足 4〜5分を繰り返すと効果が

早いです。

次は、足の甲を揉みます。

揉むといっても、もう片方の足のかかとを

使って足をマッサージします。

骨に近い部分なので、強く刺激しないように

注意しましょう。

小指に近い部分から甲の少し上まで

直線に押してください。

「手」にも、肩に効くポイントがあります

足を刺激出来ない時は、手でもOK!

足と同じ 小指側を軽く揉みましょう!

毎日 少しずつがコツ!それだけで肩がやわらかくなります

あまり一生懸命すると、長続きしませんので、

適度の楽しみながら、足と手を刺激してください。

押してちょっと気持ちよくなってくると

腕を上げても痛みがあまり感じなくなります。

ぜひ、お試しください。

  • 8108
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード