板壁にウォールステッカーでカフェ風インテリアをワンランクUP〜

ウォールステッカーに初挑戦!手軽にインテリアに取り入れられるアイテムなので、雰囲気を変えてみたいという方におススメです。
サンサンフーさんよりモニターのお話を頂いて今回の施工となりました。

  • 12001
  • 46
  • 0
  • いいね
  • クリップ

まずは商品選びから

サンサンフーさんと言えばウォールステッカー!
北欧・モダン・モノトーン...と我が家とは違うカテゴリーが浮かんできます。
モニターのお話を頂いてカフェ風インテリアを目指す我が家で大丈夫ですか??
と思いましたが、HPで商品検索してみるとウォールステッカーだけで319種類!
カフェっぽいステッカーもたくさんあって驚きました。

この商品をチョイスさせて頂きましたよ。
カリグラフィーの字体に一目惚れ♪
カラーも5色展開なのでダークブラウンと迷いましたが、家族会議の多数決で敗北...
板壁にはホワイトが映えると子供達の意見にも納得です。

【ウォールステッカー】カリグラフィー・ホットチョコ

施工手順

まずはウォールステッカーのシートを出して
貼ろうと思っているリビングの板壁での位置を決めます。

※この板壁は念入りにヤスリがけをしてあるので表面が滑らかですが
貼りたい場所が決まったらセロハンテープがくっ付くかどうかで事前に判断できるようです。

ステッカーシート以外に透明の補助フィルムと説明書で一式。
補助シートを端から少しずつ剥がしながらステッカーに張り付けていきます。

すべて貼り終わったら補助シートの上からタオルなどでフィルムとステッカーが密着するよう擦り、ステッカーが保護フィルムに付いているかを確認しながらゆっくりとステッカーの台紙から剥がします。

シートの大きさは56x70cm程なので一人で貼る事が出来ると作業を始めましたが
シートを擦った事で静電気が発生し、板壁に近づくと壁に吸い寄せられる...
急遽、シートの下の方にステッカーの台紙を軽く貼って上の方から貼っていきました。

すべてを貼り終えたら壁とステッカーを密着させる為に強めに擦り
透明の補助フィルムをゆっくりと剥がしていきます。

↑yの文字が補助フィルムに残っています。こんな事になってしまっても大丈夫!
フィルムを少し戻して、もう一度強く擦れば壁にくっ付きます。
壁とステッカーを密着させる作業が大事なようですね。

ビフォーアフター

今回がウォールステッカー初挑戦でしたが、何とか無事に完成しました。
次に貼る時は要領もつかめたのでスムーズに施工出来そうです!

before

after

元々この位置にステンシルで文字入れしようと考えていたのですが
ペイントしてしまうと消すに消せない~となかなか実行に移せず...
そんな中、お話を頂いたのでまず浮かんだのがコノ場所でした!

ワンポイントの文字ですがその存在感は抜群です!

昼間ですが投光器のリメイクライトをスイッチON!

夜には落ち着いた雰囲気に。

板壁はリビングのシンボル的存在。そこにカリグラフィーのオシャレな文字!
カフェ風インテリアへの階段を駆け上がった気分です♪
ウォールステッカー1枚でこんなにも雰囲気を変える事が出来るんだと
これからも注目していきたいアイテムの一つになりました。

LIMIAのsansanhooさんのギャラリー
[ウォールステッカーアレンジ実例]の中でご紹介頂いています。
他にも素敵なお家のウォールステッカーアレンジを見る事ができます。

  • 12001
  • 46
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード