野菜炒めはやっぱり味噌味が最強!ラーメンにのせたい激ウマレシピも

野菜炒めに使う調味料で強くおすすめしたいのが味噌です。味噌は風味が良いのはもちろんのこと健康にも良いですし、唐辛子と合わせればピリ辛料理を楽しむことができます。今回は、味噌を使った野菜炒...

  • 2
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

野菜と味噌の相性は超抜群!

野菜炒めは誰もが必ず食事の献立として、またはお弁当のおかずとして調理することでしょう。野菜炒めにも、シンプルに塩胡椒とか、豆板醤、鶏がらスープの素などいろいろな味付けがありますが、何と言っても人気の調味料は味噌です。

野菜と味噌は最高のコンビネーションで、味噌に合う素材はたくさんあります。例えば「ニンニク、生姜、ごま油は味噌炒めには欠かせない!」「味噌を使った野菜炒めのトッピングにチーズを散らすと一味違う」などというコメントも目にします。

「味噌を使ったピリ辛味にぞっこん」「味噌を入れたら、隠し味にマヨネーズは欠かせません!」など、楽しい声が聞こえます。野菜炒めと味噌は色々なバラエティを膨らます組み合わせです。

シンプルだけど絶品な味噌野菜炒めのレシピを紹介!

今日はとてもシンプルで簡単だけれども、一口食べてみたら絶対に作りたくなる、味噌を使った野菜炒めのレシピを色々とご紹介しましょう。おいしいおすすめのおかずや、ラーメンの具、ちょっとピリ辛でご飯が進む人気のレシピを取り揃えました。

野菜炒めは誰にでもできる簡単なおかずという認識がありますが、実は一味違うもう一回りおいしさの増した野菜炒めの作り方があります。炒める火加減や調味料を入れる順番、使うフライパンの種類など、実は自分が思っていたのとちょっと違うやり方があるかもしれません。

意外と知らない!シャキッとうまい野菜炒めを作るコツ

野菜炒めはよく作るという方も多いことでしょう。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、ちょっとしたひと手間や順番の工夫で野菜炒めの味がぐっとレベルアップする方法をご紹介しましょう。

野菜は小さめに切る!

おいしい野菜炒めを作る第一のコツは、野菜を小さめに切るということです。小さめに切れば野菜炒めにはまんべんなく火が通ります。また特に色の濃いものは、小さく切った方が見た目にもカラフルにバランスの良い野菜炒めが出来上がります。

火加減はじっくり弱火がポイント!

中華の野菜炒めを調理する時のイメージでは、強火でジャッと野菜炒めを作るという印象が強い方もいることでしょう。しかし、実は野菜炒めは弱火でじっくり炒めるのがコツなのです。

最初に肉や火の通りづらいニンジンを中火で炒めます。ニンジンに火が通ったら火を弱火にして、その他の野菜を入れて、しばらく触らずに2分ほど炒めます。全体をフライ返しで裏返して、またさらに2分ほど炒めて、もう一度全体を裏返して弱火で2分炒めます。

野菜炒めは強火でガシャガシャ念入りにかき混ぜて作るものという考えの方もいらっしゃると思いますが、弱火でなるべく触らずにじっくり焼き上げるという方法が美味しく作るポイントです。

野菜炒めの味付けは最後に!

そして野菜をじっくり弱火で炒めた最後に、塩胡椒、味噌、鶏がらスープ、オイスターソースなど、好きな調味料で味をつけるのです。

かなり早くから塩胡椒を入れている方も少なくないのではないでしょうか。実は、早くに塩分を入れると野菜から水が出て、歯ごたえのない野菜炒めが出来上がってしまうのです。

このやり方で作った野菜炒めは、シャキシャキと歯ごたえの良い、今までとは一味違った野菜炒めになります。味噌を使ってもパリッと歯触りの良い野菜炒めは、ラーメンの具として使ってもさらに美味しさを増します。

野菜炒めにおすすめのフライパンは?

野菜炒めを作るフライパンもおすすめがあります。全体に火が通りやすいように、大きめのテフロン加工のフライパンが野菜炒めにはぴったりです。小さいと野菜全体に火が通らず、焦げているものと中が生焼けのものが混ざってしまった野菜炒めができることがあります。

フライパンも大きいだけでなく深さがあるものがおすすめです。油を使って調理をするとどうしても油ハネでキッチンが汚れることが多いですが、フライパンが深ければそれだけガードをしてくれるので、キッチンの汚れも少ないです。

また、野菜炒め以外の料理も、深さがあるフライパンを使えば手軽にできることが多いです。ほうれん草や小松菜を茹でたり、大きなフライパンを使えば少ないお湯の量でパスタを茹でることもできます。そして、深いフライパンは揚げ物も少ない油で調理することができます。

チャーハンを作る時にフライパンを煽ってひっくり返したいのだけれど、深さがないのでご飯が外にこぼれてしまう経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか。深さがあって大きめのフライパンが一つあると、野菜炒めをはじめ数々のおかず作りに大変便利です。

今日のおかずはこれで決まり!絶品味噌野菜炒め!

味噌を使った野菜炒めのレシピをご紹介しましょう。ご飯がモリモリ進む、家族に大人気のレシピです。ここのレシピにのっている以外にも、自分の好きな野菜を入れてください。おいしい野菜炒めの作り方の基本を守れば、シャキシャキのおいしい味噌野菜炒めが出来上がります。

豚肉とシャキシャキ野菜の味噌炒め

豚肉とシャキシャキ野菜の味噌炒めの材料は、一口大に切って酒、塩で下味をつけた豚こま肉200グラム、一口大に切ったキャベツ2枚、縦半分に切ってから横に8ミリ幅にスライスした玉ねぎ、もしくは新玉ねぎ、2ミリ厚さに切ったニンジン小一本です。

また、シャキシャキさが残るようさっと下ゆでしたインゲンを半分に切ったもの15本、生姜とニンニクそれぞれひとかけをみじん切りしたものを用意しましょう。

そして合わせ調味料は、味噌大さじ2、砂糖、酒各大さじ1、醤油大さじ1/2です。全て混ぜ合わせて、野菜炒めの合わせ調味料を作っておいてください。

最初に下味をつけた豚こまに片栗粉をまぶして、フライパンに油を敷き強火で炒めて別の皿に移しておきます。フライパンをキッチンペーパーで拭い、ニンジンを中火で炒め火が通ったら弱火にして、ニンニクと生姜を投入して油を少量加えます。

ニンニクと生姜の香りが出てきたら、インゲン以外の野菜を投入して油をまた少量加え、触らずに弱火で2分加熱します。フライ返して全体をひっくり返してさらに2分加熱します。インゲンを加えてまた2分加熱したら、炒めてある豚こまをフライパンに戻し、塩少々で味付けをします。

味噌、酒、砂糖、醤油の合わせ調味料をを入れて強火にして全体に行き渡ったらすぐ火を止めて完成です。味噌味が肉と野菜に絡まって抜群においしいレシピです。

ヨーグルトと味噌味のイカと野菜の炒め物

次に紹介するレシピは、イカにヨーグルトと味噌で下味をつけた、柔らかくて子供にも大人気のおすすめレシピです。材料はスルメイカ一杯、アスパラガス3本、黄色と赤のパプリカそれぞれ半分ずつ、ニンニクひとかけ、無糖のヨーグルトと味噌各大さじ1です。

スルメイカの皮、わた、軟骨をとって1センチの厚さにスライスします。ビニール袋にヨーグルトと味噌を入れてよく混ぜ合わせ、スライスしたイカを入れて数時間下味をつけます。

アスパラガスは厚さ1センチの斜め切り、パプリカは2センチの角切りにしてください。フライパンにオリーブオイルと潰したニンニクを入れ、弱火でニンニクの香りをつけます。ニンニクが焦げる前に油からあげて、イカを投入しさっと炒めて別の皿に移します。

フライパンをキッチンペーパーで拭って、アスパラを中火でさっと炒め火が通ったら弱火にしてパプリカを入れて2分ほど触らずに焼きます。フライ返してかき混ぜて、パプリカに火が通ったら塩コショウをします。

イカをフライパンに戻して、全体を中火でさっと炒めあげたら完成です。イカは、下味のヨーグルトと味噌で柔らかくなっていますが、火を通しすぎると固くなってしまうので注意してください。

ピリ辛がウマい!ラーメンにのせたい味噌野菜炒め!

次に味噌と唐辛子でピリ辛が楽しめる、ラーメンにのせたらますますおいしい味噌野菜炒めをご紹介しましょう。用意する材料は、豚ひき肉ともやし各100グラム、ニラ50グラム、おろしニンンクと生姜各小さじ1/2です。

味噌野菜炒めの合わせ調味料は、味噌大さじ1、醤油大さじ1/2、みりん、砂糖、豆板醤各小さじ1です。

まず豚ひき肉を、おろしニンニクとおろし生姜を入れたごま油で中火で炒めます。豚ひき肉に火が通ったら、もやしを入れて中火で2分加熱し、全体をかき混ぜて5センチに切ったニラを入れて全体を炒めます。

味噌、醤油、みりん、砂糖、豆板醤を混ぜた合わせ調味料を加えて全体を炒めあげて完成です。味噌と豆板醤でピリ辛の味噌肉野菜炒めは、ラーメンの具にぴったりです。味噌味ですが、醤油味のラーメンでもおいしいです。

お弁当にもおすすめな味噌味の野菜炒め!

お弁当のおかずは何にしようというのは親御さんが毎日悩んでしまいがちなことです。お弁当のおかずにもなるものを作り置きできたら楽です。味噌と野菜を使った作り置きレシピをご紹介しましょう。

味噌味の豚肉と夏野菜炒め

スーパーに行けば一年中いろいろな野菜が買えますが、茄子は夏野菜の代表です。暑い夏に食べたいおかずですが味噌を使えば一年中楽しめて、作り置きが出来る、弁当のおかずにもうってつけのメニューができます。

味噌味の豚肉と夏野菜炒めの材料です。豚こま200グラム、茄子3本、ししとう5個、合わせ調味料は味噌、酒、みりん各大さじ2、砂糖大さじ1、醤油、豆板醤各小さじ1です。

味噌味の豚肉と夏野菜炒めは、茄子を少し小さめに1.5センチ角に切ってください。豚こまは一口大、ししとうは破裂しないように楊枝で穴を開けてください。

フライパンに豚肉を入れて中火で炒めてください。豚肉から油が出るので油を入れなくても結構です。肉に火が通ったら別のお皿に移します。

同じフライパンに茄子を入れて中火で火を通します、柔らかくなってきたらししとうを入れて、ゴマ油を少し加えて弱火で火を通してください。2分後に全体をひっくり返して、また2分弱火で炒めます。

フライパンに豚肉を入れて、味噌、酒、みりん、砂糖、醤油、豆板醤の合わせ調味料を入れたら、汁気がなくなるまで炒めて、最期に白ゴマをふって出来上がりです。冷蔵庫で3日もちますので、お弁当の作り置きにおすすめの味噌炒めレシピです。

ピリ辛の野菜炒めは大好きな方も多いですが、辛いものが苦手な方や子供のお弁当には、豆板醤の量を調整してください。豆板醤を入れなくても味噌味でとても美味しく出来上がります。

バリエーション豊かな野菜炒めを味噌味で作ってみよう

味噌味の野菜炒めは、ご飯のおかずはもちろん、ラーメンの上に乗せればインスタントでもますます美味しく食べられますし、ピリ辛を楽しみにお酒のつまみにする人もいます。味噌を使った料理は簡単に美味しく出来上がるので、大変おすすめです。いろいろな料理を作ってみましょう!


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

jouer[ジュエ]は毎日の暮らしを楽しむためのグルメやスイーツ、おでかけ情報を発信するライフスタイル情報サイトです。お家で楽しむグルメ・新作スイーツ情報や外食…

おすすめのアイデア

話題のキーワード