Restaurant Top Hut

標高1,200Mに建つ小さな山頂レストラン

  • 818
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ブナの自生する森、人の手がほとんど入っていない森林が広がる西中国山地国定公園内、標高1,200Mに計画された避難施設を兼ねた小さな山頂レストランです。

2Mを越える積雪を考慮し、1階はサービス部門とし、上階のラウンジ及びレストランに直接アクセスできる構成としています。

外壁は杉竪羽目板張り、屋根は鋼板段葺き、 内部壁は、天井はカンレイシャ(植物繊維の布)に塗シックイ塗り装仕上げの自然素材の内装としています。

スキーコース側 外観
ダイニング ホール
ラウンジからダイニング ホール
ホール
薪ストーブのあるラウンジ
  • 818
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「木」の持味を生かした設計が得意な「豊かな日常空間づくり」をテーマとする岡山市の設計事務所です。

おすすめのアイデア

話題のキーワード