【キッチンDIY】ディアウォールを使った簡単なアイデアを一挙大公開

ディアウォールでキッチンをDIYするアイデアのご紹介です。ディアウォールを使うと好きなところに好きなサイズの棚を作れるってご存知でしたか?また、活用次第で色々なものへと大変身します!簡単にキッチンの収納スペースを増やしたい方やオシャレなキッチンに憧れる方必見です!

ディアウォールとは?

ディアウォールとは、簡単に言ってしまえば「自由に柱を作る魔法の道具」です!

一般には2×4(ツーバイフォー)材の上下につける物が多く、
天井と床を突っ張る形で柱を設置するための道具になります。


壁に直接傷をつけてしまうことはなんだか避けたい…
賃貸に住んでいる方はもちろん、持ち家でDIYを楽しみたい人にとっても、そんな悩みはあるかと思います。

そこでこの「ディアウォール」が役に立つのです。
好きなところに、ビスでも釘でも打ち放題&色も変え放題な柱を設置できるんです。

そしてその柱をベースにしてお気に入りの棚を作ることができるんです!
もちろん高さも自分で自由に設定できるので、飾りたいものや雰囲気に合わせてDIYできます♪

お値段も、ディアウォール自体は上下セットで1000円いかないくらいで売っているので、初心者でも簡単に挑戦できますね!

なぜキッチンでディアウォールなのか?

キッチンにはこんな特徴がありますよね↓

①キッチンはたくさん物を置く必要がある場所である!

キッチンには調味料を始めとして、お皿などの食器、
ミキサーやフライパン、様々な大きさの鍋などの調理器具、
冷蔵庫やオーブンレンジなどの電子機器、
キッチンペーパーやアルミホイル、ラップなどの小物…

ぱっと挙げただけで、たくさんのものをキッチンにおく必要があることがわかります。

そしてどれも使用頻度が高いので、「しまっておければOK」というわけでもありませんよね。

②物を置くスペースは限られている

しまっておければOKでないことは先述のとおりですが、だからといって、シンク下の収納の前の方や目に見えるところのスペースが限られているのも事実。

③キッチン、実はデッドスペースがたくさん

一見スペースなんてなさそうですが、キッチンを立体的に見てみてください。
もしも壁一面が空いたまま広がっているのであれば、そこに物を置けるようにしたいですよね!

また、そこにものが置ければ、すぐにぱっと取れて楽になりますよね♪

だからキッチンDIYはディアウォールなんです◎


だからこそ、立体的に収納が、それぞれの家のキッチンの特徴に合わせて作ることができる
「ディアウォール」でのDIYがオススメなんです♪


というわけで早速ですが、ディアウォールを使ったキッチンDIYの事例をご紹介します!
自分の家のキッチンに合うDIY事例を見つけてみてくださいね!

【事例①】レンジの上のスペースも活用してみよう

hihihiさんはディアウォールを使って、レンジ上のデッドスペースを有効利用するアイデアを紹介しています!

棚板はホームセンターで購入、棚を支える棚受けは100均のセリアで調達したそうです!

棚の色は下の棚の色に合わせて作成。
すでに持っているものに合わせて色やサイズを調整できるのがDIYの最大のメリットですよね♪

ビンなどの小物を飾るだけで、一気におしゃれなキッチンを実現できますね!

▼hihihiさんのアイデアはこちら▼

【事例②】シンク上のスペースを使ってオシャレな雰囲気に

chanaさんは、シンクの上のスペースを利用して収納をDIYしたそうです!

今回のDYI終了時の写真。
カフェ風のおしゃれなキッチンに仕上がっています!

もともとはステンレスの冷たい印象を与えるキッチンでしたが…

リメイクシートを貼ることによって温かい印象のキッチンを実現!
リメイクシートだけで、こんなに印象を変えることができるんです♪

ディアウォールを基本軸として収納棚を増やしています。
ディアウォールが見えないように板を使って隠しているのは、ちょっとした工夫ですね♪

更に本格的なDIYとして扉も設置!
100均のセリアなどの雑貨をうまくおいて、さらにおしゃれなキッチンに♪インテリアとしても楽しめますね。

毎日の料理が非常に楽しみになるキッチンですね!

▼chanaさんのアイデアはこちら▼

【事例③】キッチンをおしゃれなBar風にDIY!

Shingo Shioさんは、キッチンをおしゃれなBar風にDIYしたそうです。

リキュールを並べると、さらにBarなイメージが上がりますね!

棚板を利用したワイングラスハンガーも素敵なポイントですね◎

▼Shingo Shioさんのアイデアはこちら▼

【事例④】男前なキッチンに合わせたディアウォール棚!

K.T.W.Sさんは、自宅のキッチンを男前なキッチンに合わせてディアウォールを使って棚を設置しています!

どこにディアウォールが使われているか分かるでしょうか?

すでにあった窓を残すように、自分でサイズを調整して作ることができるので、限られたスペースであっても有効に活用することができますね♪

キッチンの別の部分の雰囲気とうまく調和するようにDIYしていくのがポイントですね◎

▼K.T.W.Sさんのアイデアはこちら▼

いかがだったでしょうか?

キッチンにおいてもカウンターを設置したり、
キッチンとリビングの間仕切りに使用したりと、
いくらでも幅が広がるのがディアウォールの素晴らしいポイントですよね。

今回はキッチンに注目してみましたが、キッチン以外にも多様な使い方があります。
ぜひ皆さんもディアウォールでDIYしてみてはいかがでしょうか?

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー