ウォーターサーバーが便利な秘密は?仕組みと構造、おすすめの機能や製品を解説!

おいしい水がご家庭でも手軽に楽しめるウォーターサーバー。ここでは、ウォーターサーバーが、すぐに冷水と温水が出せる基本の仕組みや構造を解説します。そのほか、温度調節機能、再加熱機能、省エネ機能、クリーン機能、チャイルドロック機能といった、おすすめの機能に、レンタル代がなぜ無料なのかなど、料金システムと注意点も説明します。ウォーターサーバーの基本情報を確認して、契約の際の参考にしてくださいね。

  • 1504
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーの需要が高まるにつれてファミリー向けの大容量から一人暮らし向けのコンパクトサイズなどが展開、さまざまな生活シーンに応じた商品も販売されています。

ウォーターサーバーは、お湯を沸かしたり氷で冷やしたりする必要がなく、いつでもおいしいお湯と冷水が利用できることが最大のメリットです。

水の供給は大きく分けて次の3つのタイプがあります。

  • 宅配水:専用の業者がボトルに注入した天然水やRO水を宅配、サーバーにセットして使用する
  • 水道水直結:ウォーターサーバー内に水道水を引き込んでろ過して使用する
  • ペットボトル型:ペットボトル入りのミネラルウォーターをサーバーにセットして使用する

どうやって冷水や温水を作っているの?

ウォーターサーバーで水を冷やす仕組みは「電子式」or「コンプレッサー式」、水を温める機能は「金属棒式」に分けられます。

冷却方法1:電子式

ウォーターサーバーの内部は、冷水と温水のタンクが分かれており、設定した温度を常にキープしています。

水を冷やす仕組みのひとつ、「電子式」は、冷却タンク内に設置された「ペルチェ素子」というモジュールに電気を通すことで水を冷却する仕組みです。

冷却温度に達するまで時間はかかるものの、コンプレッサー式と比べると消費電力が抑えられるのが特長です。

冷却方法2:コンプレッサー式

圧縮機を使って冷媒ガスを圧縮・循環させることで発生する、気化熱を利用して冷却する仕組みを「コンプレッサー式」と言います。

電子式と比べて冷却性能が高く、短時間で水を冷やすことができます。ただし、その分消費電力は多くなるため、電気代が高くなる傾向にあります。

加熱方法:金属棒式

ウォーターサーバーの水を加熱する方法で、一般的なのが「金属棒タイプ」です。

サーバー内に設置した金属製の棒に電気を通すことで水を温めます。また、種類は少ないものの、電気式ヒーターを温水タンクの外に取り付けて温めるタイプも。


▼ウォーターサーバーのお湯が湧く時間や温度について知りたい人はこちら▼

確認しておきたい!ウォーターサーバーの魅力的な便利機能

ウォーターサーバーは、冷水とお湯だけでなく、目的に応じて温度を調整できる機能が備わっているタイプがあります。

各メーカーで搭載される機能は異なりますが、一般的なウォーターサーバーの機能を見ていきましょう。

1. 温度調節機能

冷水、温水のほか、常温、弱冷水、弱温水などに設定できるウォーターサーバーもあります。

ウォータースタンド
ナノラピア ガーディアン
タンクレスで消費電力大幅カット
瞬間冷温水機能を搭載したことにより、省スペース、利便性、省電力の3つを実現した水道直結型のウォーターサーバー。タンクレスになったことで23×23cmというコンパクトなボディとなり、置き場所を選ばず使えます。タッチ式のシンプルなデザインはインテリアとしても◎。抽出口はボトルの高さによって上下に動かせます。初期費用や6ヶ月に一度のフィルター交換、経年劣化による本体交換代はすべてレンタル料金に含まれているのもポイント。賃貸物件でも取り付け可能です。
水の温度
冷水:5~8℃/温水:高/約93℃ 中/約85℃ 低/約75℃
再加熱機能
省エネ機能
クリーン機能
チャイルドロック機能

2. 再加熱機能

ウォーターサーバーの多くはお湯の温度が85℃前後に保たれていますが、沸騰に近い温度のお湯を使用したい場合は、「再加熱機能」が搭載されたサーバーが便利です。

FRECIOUS
Slat+cafe
冷水や温水に加えて常温水も飲める
冷水・温水に加えて常温水が飲める『Slat』に、コーヒーメーカーを搭載した一体型の『Slat+cafe』。いつでも手軽にボタン一つで淹れたてコーヒーを楽しめます。常温水は冷水や温水に比べて体への吸収が良いため、水分補給におすすめです。吸収が良いほかにも体への負担が少なく、胃腸に負荷をかけないため薬やサプリメントの服用にも適しています。再加熱するリヒートやエコなど多機能な点も魅力的です。
水の温度
冷水:4〜10℃/温水:(通常モード)80〜85℃ (エコモード)70〜75℃(リヒートモード)約90℃
再加熱機能
省エネ機能
クリーン機能
チャイルドロック機能

3. 省エネ機能

就寝中や外出中など、長時間ウォーターサーバーを使用しない時間帯に「省エネ機能」を設定することで消費電力を抑えることができます。ほかにも、部屋の明るさを自動で感知し、省エネモードに切り替えてくれるサーバーも。

ワンウェイウォーター
smart
ユーザーの意見に寄り添うウォーターサーバー
価格で選ぶなら業界最安クラス『ワンウェイウォーター』の『smart』。サーバー下部に水ボトルのセット場所を配置し負担を軽減。女性や年配の方でも水換えが楽々です。空ボトルはつぶして処分でき、ゴミもかさばりません。使わないときは省エネecoモードで電力を50~60%オフに。静音モデルなので、寝室に置いても音を気にせず眠れます。カラーラインアップは部屋になじむ5色を展開。レンタル料や水の配送料は0円で定期メンテナンス不要と、家計にやさしいウォーターサーバーです。
水の温度
冷水:6〜10℃/温水:80〜90℃
再加熱機能
省エネ機能
クリーン機能
チャイルドロック機能

4. クリーン機能

サーバー内のタンクを自動で洗浄するタイプも。業者を呼ばなくてもセルフでクリーンモードに入るため、いつでもタンク内を清潔に保つことができます。

キララウォーター
スマートサーバー
富士山のミネラルが豊富な炭酸水にも対応のウォーターサーバー
富士山のミネラルが豊富な天然水で炭酸水も作れるスマートなウォーターサーバー。オートクリーンシステムで24時間365日、自動で高い衛生状態を保ちます。ワンプッシュで素早く加熱できる再加熱機能付きで、いつでも熱々のコーヒーが作れます。冷水と温水どちらもロック付きで、子どもが操作できない設定が可能。サーバー本体にはステータスライトがついており、サーバーの状態を一目で確認できます。
水の温度
冷水:約3~8℃(通常時) 約10~18℃(エコモード時)/温水:約83~93℃(通常時) 約60~70℃(エコモード時)
再加熱機能
省エネ機能
クリーン機能
チャイルドロック機能

5. チャイルドロック機能

子どもの手が届く位置に操作パネルがあると、イタズラや火傷の恐れがあるため要注意。小さな子どもがいる家庭では、「チャイルドロック機能」が付いたウォーターサーバーがおすすめです。

クリクラ
クリクラサーバー L型
スタンダードなウォーターサーバー。使いやすさはピカイチ
『クリクラ』のスタンダードな『クリクラサーバー』。冷たい水や温かい水をすぐに使えます。コック部分はレバーを押し下げるだけの使いやすい設計。温水コックにはチャイルドロックがついていて、誤作動による事故を防ぐことが可能です。サーバー設置に必要なスペースはA4サイズ用紙1枚分とコンパクト。キッチンやリビング、寝室など、場所を選ばずに設置ができます。高性能フィルター“HEPAフィルター”で空気中の不純物を除去。サーバーから出てくる水はいつでも衛生的です。
水の温度
冷水:4~10℃、温水:75~85℃
再加熱機能
省エネ機能
クリーン機能
チャイルドロック機能

レンタル代が無料なのはなぜ?料金システムと注意点

提供:LIMIA編集部

さまざまなメーカーから展開されているウォーターサーバーのなかには、サーバーレンタル料が無料とうたっている商品もあります。ここでは、宅配タイプ・水道直結タイプの料金システムと、途中解約について説明します。

宅配タイプの料金システム

サーバーをレンタルして水を購入する宅配タイプは、サーバー使用料と水の料金がかかるのが一般的です。

「サーバー使用料無料」としていても、からくりをよく調べてみると、水の注文ノルマや定期購入が条件になっていることもあるのでチェックしてみましょう。

水道直結タイプの料金システム

水道水を使用する浄水タイプのウォーターサーバーは、サーバー提供価格(レンタル)のみで別途、水を購入する費用はかかりません。

ただし、浄水器内のフィルターは定期購入が求められる場合も。

注意しておきたい「途中解約」の料金システム

宅配タイプと水道直結タイプ。どちらのタイプでも、一定期間の契約継続を条件とし、途中解約の場合は違約金(解約金)が発生することがあります。

ウォーターサーバーを契約する際は機能と合わせ、料金、契約条件も必ず確認するようにしましょう。

▼ウォーターサーバーの電気代や節電についてはこちら▼

まずは無料お試しも◎!ウォーターサーバーを活用して、生活を便利に

おいしい冷温水が使えるウォーターサーバーは、飲料水だけでなく、お茶・コーヒー・インスタント麺と、水の用途に適した温度へ調整できます。

電気代を抑えることができる節電機能や、常温水などが搭載されたサーバーもあるので、ライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選びましょう。同時に、初期費用やランニングコストのチェックもお忘れなく。

多くのメーカーは、お試しキャンペーンとしてウォーターサーバーを使用できるサービスを設定しているので、比較検討してみるのもおすすめです。

▼ウォーターサーバーの種類や詳しい選び方はこちら

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年6月)に基づいたものです。

  • 1504
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード