ウォーターサーバーのお湯温度は何℃?設定の有無、活用法や注意点を解説

冷たい水やお湯をボタンひとつですぐに使うことができるウォーターサーバー。冷水・温水の基本のお湯温度から弱温水、そのほか再加熱機能や節電機能を使うことによって、10度以下の冷たい水から、90度に近いお湯まで使うことができます。白湯や赤ちゃんのミルク作りに適したお湯が作れるウォーターサーバーもありますよ! ここでは、お湯温度の範囲から、それぞれの温度に適した用途、おすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

  • 1104
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ウォーターサーバーのお湯は、およそ85℃前後

  • 冷水は5〜10℃前後
  • 温水は80〜90℃くらい

ボタンやレバーを押すだけで冷温水をすぐに使用することができる「ウォーターサーバー」。その温度は商品によって異なりますが、冷水は5〜10℃前後、温水は80〜90℃くらいに設定されています。

温かいお湯が必要になったときでも、電気ポットや鍋のように水が温まるまでの時間がいらないので活躍の幅が広いといえます。

一般的にお湯を沸かすというと、沸騰する100℃まで温度を上げることが多いです。ウォーターサーバーの設定温度は、どのくらいまで調整できるのか気にしておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーからお湯が出る仕組み

ポットと異なり、常に設定した温度のお湯が出るウォーターサーバーは、タンク内にある金属棒を熱し、水を温めることでお湯が作られています。

使用した水の分だけボトルからタンクに補充されるため、常に一定の温度で保温されます。

水の補充時は一時的にお湯の温度が下がることがありますが、数秒〜数分でタンク内の水は設定温度に上がります。

再加熱機能で90℃以上にできるものもある

ウォーターサーバーから出るお湯がぬるいと感じている方は、お湯の温度調整ができるタイプの商品を選ぶと◎。

ウォーターサーバーの中には「再加熱機能」が搭載されているタイプもあり、熱々のお湯が欲しいときに温度を90℃前後まで上げることができます。

使わないときはお湯の温度を低く設定し、熱いお湯を使うときだけ再加熱をすればOK。電気代の節約にもなります。

クリクラFitなら最大93℃のお湯が使える

クリクラ
クリクラFit
どんなインテリアにもFitするウォーターサーバー
『クリクラ』がデザインを追及した『クリクラFit』。スリムなスタイリッシュサーバーです。ボトルカバーを付けると、ウォーターサーバーであることを忘れてしまうほどスタイリッシュ。側面のスリットから水ボトルの残量を確認できます。抗菌加工を施し温度調節機能を搭載するなど、デザインだけでなく機能面も向上しました。カラーラインアップはどんな部屋にもなじむクールホワイトとブルーブラックの2色。
温水
80~90℃
弱温水
再加熱
90〜93℃
冷水
4~10℃
弱冷水
常温水
タンク容量
冷水:2・3L/温水:2L

省エネ機能があれば70℃前後の弱温水も◎

ウォーターサーバーに搭載されている「省エネ機能」を使うことで、低い温度のお湯を作ることができます。

省エネ機能とは、冷水なら高めの温度、温水は低めの温度に設定することで、通常使用時と比べてエコに運用できる機能です。「水の温度にそこまでこだわらない」という人は省エネ機能を使うと電気代の節約になります。

省エネモード設定時のお湯は70~75℃が一般的で、赤ちゃんのミルク作りや白湯を飲みたいときなどにおすすめ。

FRECIOUS dewo miniなら70〜75℃の弱温水が使える

FRECIOUS
dewo mini
エコモードで省エネを実現できる
温水の保温にかかる無駄な電力を徹底的にカットしている『FRECIOUS』の『dewo mini』。お湯をあまり使わない就寝時や外出中、夏場などに温度を低めの70度に設定できるエコモードを搭載。ホットドリンクを飲まない季節も効率的に電気代をカットできます。さらに、SLEEP機能は、部屋の明るさを自動で感知し、温水の電源を一時的にオフに、不要な電力の消費を抑えます。気になる月々の電気代は約490円/月~と、従来品に比べて約1/3の消費電力を実現しました。
温水
80〜85℃
弱温水
70〜75℃(エコモード設定時)
再加熱
冷水
5〜10℃
弱冷水
常温水
タンク容量
冷水:0.8L / 温水:0.9L

ウォーターサーバーGrandeは弱冷水も使用可能

うるのん
ウォーターサーバーGrande 卓上タイプ
業界トップクラスの省エネウォーターサーバー
エコモードに切り替えると弱冷水や弱温水を使える『うるのん』の『ウォーターサーバーGrande』。エコモード使用時は冷水4~12℃、温水60~70℃に設定され、冷たい水が苦手な人や白湯が好きな人も好みの温度で水を飲めます。弱温水は赤ちゃんのミルクに適した温度で、常温に近いため体への負担も少なく、薬の服用に◎。部屋の明るさを自動で感知するライトセンサーとあわせて使えば、電気代の節約も期待できます。
温水
80~90℃
弱温水
60~70℃(エコモード設定時)
再加熱
冷水
3~8℃
弱冷水
4~12℃(エコモード設定時)
常温水
タンク容量
冷水:約1.3L / 温水:約1.3L

常温機能もチェックしよう

ウォーターサーバーのタンク内の水は、常に鮮度を守るために冷水、または温水で保温されます。

常温の水を飲む場合は、冷水と温水をブレンドして常温にする方法が一般的です。

搭載されている商品は少ないものの、メーカーによっては常温機能のあるウォーターサーバもあるのでチェックしてみてくださいね。

常温の水も出るFRECIOUS Slat+cafe

FRECIOUS
Slat+cafe
冷水や温水に加えて常温水も飲める
冷水・温水に加えて常温水が飲める『Slat』に、コーヒーメーカーを搭載した一体型の『Slat+cafe』。いつでも手軽にボタン一つで淹れたてコーヒーを楽しめます。常温水は冷水や温水に比べて体への吸収が良いため、水分補給におすすめです。吸収が良いほかにも体への負担が少なく、胃腸に負荷をかけないため薬やサプリメントの服用にも適しています。再加熱するリヒートやエコなど多機能な点も魅力的です。
温水
80〜85℃
弱温水
70〜75℃(エコモード設定時)
再加熱
90〜93℃
冷水
4〜10℃
弱冷水
常温水
タンク容量
冷水:1.5L / 温水:1.5L

温度調整できるおすすめウォーターサーバー比較表

冷水やお湯を頻繁に使用する場合は温度調整機能のほか、それぞれのタンク容量も確認して選ぶようにしましょう。タンク容量分の冷水・温水を一気に使った場合は、水の冷却や温めに入り一時的に使えなくなることもあります。

商品画像
クリクラ
FRECIOUS
うるのん
FRECIOUS
商品名
クリクラFit
dewo mini
ウォーターサーバーGrande 卓上タイプ
Slat+cafe
特徴
どんなインテリアにもFitするウォーターサーバー
エコモードで省エネを実現できる
業界トップクラスの省エネウォーターサーバー
冷水や温水に加えて常温水も飲める
最安値
温水
80~90℃
80〜85℃
80~90℃
80〜85℃
弱温水
70〜75℃(エコモード設定時)
60~70℃(エコモード設定時)
70〜75℃(エコモード設定時)
再加熱
90〜93℃
90〜93℃
冷水
4~10℃
5〜10℃
3~8℃
4〜10℃
弱冷水
4~12℃(エコモード設定時)
常温水
タンク容量
冷水:2・3L/温水:2L
冷水:0.8L / 温水:0.9L
冷水:約1.3L / 温水:約1.3L
冷水:1.5L / 温水:1.5L
商品リンク 公式サイトで見る 公式サイトで見る 公式サイトで見る 公式サイトで見る

ウォーターサーバーの活用法!温度別の用途は?

ウォーターサーバーには温度調整機能があり、用途によって適切な温度の水を使用可能です。

省エネ機能や再加熱機能を活用することで、いつものお茶やコーヒーがもっとおいしくなることも! ここからは温度設定の種類と使用用途例一覧と、ドリンクの種類別に、適切な温度をご紹介します。

ウォーターサーバーの温度設定の種類と使用用途例一覧

ウォーターサーバーは冷水や温水をそのまま使用するほかにも、飲み物に合わせた温度設定をすることでさらに活用することができます。温度の比較と温度設定をまとめました。

温水 80℃〜90℃前後

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 熱々のお茶
  • カップラーメン
  • 粉末・フリーズドライのスープ

弱温水 70℃前後

  • 煎茶(高級茶葉)
  • 白湯
  • 粉ミルク

高温水 90℃以上

  • カップラーメン
  • 紅茶
  • 熱湯

100℃:カップラーメンや紅茶

カップラーメンや紅茶には、100℃前後のお湯がおすすめ。

一般的なウォーターサーバーでは水の沸点である100℃まで上げることはできませんが、再加熱機能を使うことで90℃前後までお湯の温度を上げることができます。

80℃前後でもカップラーメンを作るには十分な温度ですが、熱いお湯で作りたい場合は、再加熱機能の使用がおすすめです。

80〜95℃:インスタントコーヒー

インスタントコーヒーに適した温度は、90℃前後なので、温水のままの使用でOK。

温水ボタンを押すだけのワンアクションで、いつでも手軽においしいコーヒーを飲むことができますね。ちなみに、粉末やフリーズドライのスープを作る際は90℃以上のお湯がおすすめ。再加熱機能を使いましょう。

70〜80℃:煎茶や焼酎のお湯割

来客時にお茶を出すにも便利なウォーターサーバー。

日本茶を出す際は茶葉の種類に合わせてお湯の温度を調整しましょう。煎茶の場合、高級茶葉なら70℃、中級茶葉は80〜90℃がお湯の適温とされています。

70℃でお茶を淹れる場合は、省エネ機能を使用して、お湯の温度をあらかじめ下げておくとよいでしょう。

70℃:赤ちゃん用粉ミルクや白湯

残留塩素の心配がないウォーターサーバーの水は、赤ちゃんのミルク作りにも安心して使うことができます。

赤ちゃんに与えるミルクの温度は70℃が適温とされて、常にエコモードに設定しておくことですぐにミルクを作ることができます。新生児の3時間おきの授乳など、忙しいママも大助かりです。

また、ダイエットや健康に良いとされる白湯も、70℃前後のお湯が◎。白湯を習慣にしている人はぜひ、お試しを。

電気ポットや電気ケトルとの違い。お湯が湧く時間は?

電気ケトルと電気ポットもお湯の保温に適した製品ですが、ウォーターサーバーと比較した際、大きな違いはお湯ができるまでの時間です。

電気ケトルや電気ポットの場合、数分〜数十分かかることがあります。ウォーターサーバーはタンク内で常にお湯が一定温度に保温されているため、使いたいときにすぐにお湯を出すことができます。

普段、お湯はそれほど使うシーンがなく、使いたいときにお湯を沸かせばいいという人は電気ケトルや電気ポットで十分でしょう。ただし、水道水を沸かす場合は、ポット内にカルキが付着することがあるので、こまめに洗浄するようにしましょう。

赤ちゃんのミルクや白湯などに適した70℃前後のお湯を頻繁に使う場合は、温度調整ができるウォーターサーバーがおすすめです。

電気代はどう変わる?

電化製品となるウォーターサーバーは、当然ながら電気代が発生します。

電気代は電気ケトルが断然お得に。電気ポットと比較した場合、ウォーターサーバーの選ぶ機種によって、少々割高になる場合があります。

電気ケトルや電気ポットと比較した場合の電気料金は、以下の記事を参考にしてくださいね。

ウォーターサーバーのお湯を使う際の注意点

冷温水をすぐに使うことができる便利なウォーターサーバー。使用時の注意点をまとめました。

出てくる勢いに注意

ウォーターサーバーのお湯の出し方は、各メーカー、各サーバーによって異なりますが、ボタンやレバータイプが一般的です。給水口から出るお湯は意外と勢いがあるので、給水口にカップなどを極力近づけて注ぐようにしましょう。

小さな子どもがいる場合、チャイルドロックを使う

子どものイタズラやお湯によるやけどを防止するために、チャイルドロックを設けているウォーターサーバーは多いです。

温水と冷水の両方にロック機能がついているタイプや、ロック解除後に自動で再ロックできるタイプもありますので、小さな子どもがいる家庭はチャイルドロックを欠かさないようにしましょう。

電源を切らない

ウォーターサーバーはタンク内の温度を一定に保つことで鮮度をキープします。

そのため、使用していないときは電気代がもったいないと電源を切ったりコンセントを抜いたりすると、タンク内で雑菌が繁殖する恐れがあり、お湯が臭ったり、まずく感じたりすることも。

長期不在でどうしてもオフにする場合は水抜きをするなどの対処がおすすめ。メーカーによっては専門業者による水抜きが必要な場合もあるので連絡を。

温度調整できるウォーターサーバーで暮らしをより便利に

冷温水だけではなく、エコモードや再加熱機能を使うことで、さまざまな温度に調整ができるウォーターサーバー。この機能を生かすことでいつものコーヒーやお茶をよりおいしく味わうことができます。

ライフスタイルや使用シーンに合わせ、ベストな機能を備えたウォーターサーバーを選んでくださいね。

▼ウォーターサーバーの種類や詳しい選び方はこちら▼

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年6月)に基づいたものです。
※お手入れをする際は、必ず電源プラグを抜いてから作業を行ってください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。


LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 1104
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード