【ディアウォールDIY】初心者でも簡単!おしゃれ本棚の作り方教えます♪

ディアウォールは、壁を傷つけずに簡単に棚を作ることができる優れもの。ディアウォールで本棚DIYすることで、賃貸でも理想のサイズの本棚を作ることができるのです! ここではDIY初心者でもできる、おしゃれな本棚の作り方から費用についても紹介します。

  • 227910
  • 942
  • 1
  • いいね
  • クリップ

ディアウォールって何?

DIYをする人なら一度は聞いたことのあるディアウォール。木材を床と天井に突っ張らせて柱を固定することで、壁を傷つけずにDIYできると評判なんです! とくに賃貸に住んでいる方で、壁に穴が開けられないけどDIYを楽しみたい! という人にはおすすめのアイテムですよ。

ディアウォールDIYは地震に耐えられる? 強度を上げる方法を紹介

ディアウォールの不安要素として強度や地震が不安……という人も多いですよね。そこでディアウォールを使ったDIY本棚の強度を上げる方法を2つ紹介します。

強度の高いものを選ぶ

ホームセンターなどに売っているディアウォールはパッケージに何キロまで、という強度が書かれている場合が多いのでチェックするようにしましょう。

棚にのせるものによって重さも変わってくるので、ディアウォールで棚を作るときには何をのせるかを決めてから作ることをおすすめします。

2×4(ツーバイフォー)を正しい長さに切る

柱で多く使われる2×4(ツーバイフォー)の板材を取りつけるとき、取り付けが甘いと地震が起きた際に柱が倒れてきてしまうことも。逆に、取り付けがしっかりしていると、地震のときでもしっかりと天井に取り付けられているので倒れにくいです。

基本的には、床から天井の高さを測って4.5センチほど短くカットした長さがベストだと言われています。柱の長さはしっかりと採寸して適切な長さで取り付けましょう。

また、和室の天井のように天井の強度が弱いとディアウォールの設置が難しい場合もありますので、しっかり事前にチェックした上で作るようにしましょう。

本は多くなればなるほど意外と重くなっていくもの。頑丈に取り付けて地震が来た際でもビクともしないようにしっかりと取り付けられるといいですね

ディアウォールを使った本棚DIYの実例

実際にLIMIAユーザーの方が、ディアウォールを使い作ったDIY本棚を紹介します。

作り方ものっているので、ディアウォールを使って本棚をDIYしようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね♪

ディアウォール本棚DIY① カフェ風飾り棚

ディアウォールで作るカフェ風の飾り棚をご紹介します。今回はMayu Inoueさんのディアウォールで作る収納棚をご紹介します。

ものが多くなってしまって収納する場所が無くなってしまった……。なんてことありますよね? Mayu Inoueさんは本来なら棚を取り付けられないところにディアウォールを使って棚を取り付けました。

こちらは棚を設置する前の写真です。取りつける場所もなかなか無さそうで難しそうですが、この壁にもディアウォールを取りつけることができるんですね。

今回使ったのは、2×4(ツーバイフォー)材の一本柱。ネットで買えるので配送もしてくれます。自分で買って家まで運ぶ必要もないので楽ですよ!

ネットや、ホームセンターの配送サービスを利用して、運ぶ負担をできる限りラクにしましょう!

棚板と柱を家のインテリアに合うように塗装していきましょう。Mayu Inoueさんは定番カラーだという黒とウォルナットを使用していてオシャレにまとまっています。

ぜひ、棚板と柱は自分好みにアレンジして塗装してみてくださいね! 部屋の印象をがらりと変えるアクセントになること間違いなしですよ!

あとは、左右の壁に立て付け、棚板を固定すれば完成です!

▼Mayu Inoueさんのアイデアはこちら▼

ディアウォール本棚DIY② 子ども部屋の収納棚

ディアウォールを使えば、壁に穴を開けずに収納棚を作れます。子ども部屋にもディアウォールはぴったりですよ。kyontaさんはディアウォールを駆使して子ども部屋に絵本棚を作りました!

小物で絵本のかわいい世界感を演出しています。子どもたちに喜んで絵本を読んでもらえそうですね!

キノコなどの小物がかわいらしくてすてきです。これらも全部100円ショップで購入したものだそう。kyontaさんは、秋を意識してかぼちゃなどのハロウィンの小物も取りそろえています。

季節ごとに装飾を変えると、飽きずに楽しむことができます。ディアウォールは部屋の印象をがらりと変えることもできるんです。

観葉植物や写真などを加えて、部屋の雰囲気をアレンジしてみましょう!

▼Kyontaさんのアイデアはこちら▼

ディアウォールで本棚をDIYした際にかかる費用はどれくらい?

ディアウォールを使って本棚をDIYするときに必要な素材と費用を紹介します。

別々に素材を買うだけでなく、最近はディアウォールで本棚 DIYするセットなども販売されていますよ!

基本的な素材と費用

デォアウォールで棚を作るときに必要な材料は以下の通りです。

●ディアウォール……2セット
●2×4(ツーバイフォー)の木材……2本
●棚受け・棚板……棚数分

ディアウォールの価格は1000円前後です。

2×4(ツーバイフォー)材はモノによりますが、安ければ600円ほどで買うことができます。棚板の数を5枚だとして、一般的な棚を作るのであれば、3000円から4000円で揃えることができるでしょう。

若井産業 WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム 2×4 ディアウォールS ホワイト DWS24W
商品情報をAmazonで見る

初心者におすすめなディアウォールDIYセット

また、初心者の方などで別々に買いそろえるのが不安という場合はこのようなセット商品を購入するのもおすすめです。

上の写真は2×4(ツーバイフォー)材とディアウォールが2つセットになっている商品です。木材のカットなども無料でしてくれるのでおすすめです。

初めてで材料を揃えるのに自信がない方はセット商品の購入も考えてみてください!

ペイント・カッティングシートでもっとおしゃれに

塗装したり、カッティングシートなどをプラスすると少し金額は上がりますが、大型の場合でも1,0000円以内に収まる場合がほとんどです。

特にカッティングシートは100円ショップでもおしゃれでかわいいものが多くあるので、安く済むことが多いです。

大きな本棚を一般的な家具屋で購入すると、20000円を超えることもあります。ディアウォールでDIYする本棚はとてもリーズナブルですよ!

誰でも簡単にできるディアウォールDIY

床と天井に木材を突っ張らせて作るディアウォールは、初心者にも愛好家にも大人気なDIYです。

ディアウォールを使ったDIYはお部屋に穴を開けることもなく、特殊な工具なども必要ないのでおすすめですよ♪

ディアウォールを使ってDIYに実践してみましょう!


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 227910
  • 942
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

DIYを愛する方に参考になるDIY実践記事を中心にご紹介致します!工具や素材などDIYにまつわるものをリミア視点でお届けいたします。

LIMIA DIY部さんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード