ウォーターサーバーはじめる前に要チェック!メリット5つ、デメリット3つに対処法

重いペットボトルを持ち歩く手間が省け、いつでもすぐに冷水や温水が飲める利便性の高さが人気の「ウォーターサーバー」。『プレミアムウォーター』『クリクラ』『アクアクララ』など、さまざまなメーカーが展開しています。ここでは、ペットボトルの水や水道水との違い、RO水や天然水の成分やコスト、機能性などの観点から、ウォーターサーバーのメリット・デメリットを解説。一人暮らしや、赤ちゃんがいるご家庭、オフィス向けのおすすめサーバーもご紹介します。

  • 2097
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

手軽においしい水が楽しめるウォーターサーバー

自宅に届いたウォーターボトルを専用サーバーに取り付け、飲料水としてはもちろん、料理や炊飯など手軽にいつでもおいしい水が利用できる「ウォーターサーバー」。

重いペットボトルを購入する手間がなく、サーバーのボタンやレバーを押すだけで温冷水とどちらもすぐに利用できることから、サービスを取り入れている人が増えています。

各社、さまざまなこだわりがある水は、天然水やRO水(純水)を使用しており、美容や健康にも嬉しい効果も。

ウォーターサーバーのメリットとデメリット一覧

提供:LIMIA編集部

ウォーターサーバーは、自宅でいつでも手軽においしい水が飲めるといった印象があります。そんなウォーターサーバーのメリットやデメリットについて見てみましょう。

ウォーターサーバーのメリット

  • 冷水や温水をすぐに用意できる
  • 料理や炊飯においしい水が使える
  • 重い水を買って運ぶ手間がない
  • 備蓄できるので災害時でも安心
  • ペットボトルのゴミ処理の必要がない

ウォーターサーバーのデメリット

  • サーバーレンタル使用料・電気料金がかかる
  • ウォーターサーバーの設置場所の確保
  • サーバーの定期的なメンテナンスが必要

ウォーターサーバーのメリット

家庭用の飲料水として使い勝手のいいウォーターサーバーを導入しようと思っても、設置場所や価格面がよくわからないといった不安から、導入に踏み切れないケースも。 

まずはウォーターサーバーのメリットを知ることで、その魅力をひも解いてみましょう。

(1)冷水や温水をすぐに用意できる

多くのウォーターサーバには、冷水と温水、それぞれの機能が搭載されています。

サーバーのボタンやレバーを押せば、いつでも瞬時に冷たい水を飲むことができ、お茶やコーヒーを淹れる際も水からお湯を沸かす手間を省くことができます。

ウォーターサーバーは、忙しい朝や、お風呂上がりの水分補給など日常のさまざまなシーンで大活躍。お湯が沸く時間を待つ必要もなく、水を冷やすためにペットボトルで冷蔵庫のスペースを占領することもなくなります。

(2)料理や炊飯においしい水が使える

ウォーターサーバーの水は水道水に含まれる残留塩素などが混入していないため、おいしい水をいつでも手軽に飲むことができます。

天然水やRO水(純粋)は、水道水では味わえないおいしさ。

ミネラル成分が豊富に含まれているので、煮込み料理がおいしくなったり、いつものお米がツヤツヤとおいしく炊けたりするほか、美容や健康への効果も期待できます。

(3)重いペットボトル入りの水を買ってくる必要がない

飲料水や料理に使う水をペットボトルで購入してストックする場合、重い水を運ぶ必要があります。女性や高齢者、車を運転しない人にとっては大きな負担です。

その点、ウォーターサーバーは、自宅の玄関まで配達してくれるので、水を買う・運ぶ手間を省くことができます。

(4)備蓄できるので災害時でも安心

地震や豪雨などの災害時に水道水の供給がストップしてしまった場合にも、ウォーターサーバーの水があれば、飲料水を確保することができます。

ウォーターボトルの多くはペットボトルよりも大容量なので、備蓄水としてもおすすめ。

災害時は水があっという間に売り切れてしまう可能性があるため、ウォーターサーバーの水をストックしておくと安心です。

(5)ペットボトルのゴミ処理の必要がない

ウォーターサーバーの空になったボトルは、回収後にボトルを洗浄し再利用(リターナブル式)するタイプと、使い切りタイプ(ワンウェイ式)があります。

ペットボトルの水を利用すると、かさばるゴミが毎日のようにでますが、リターナブル式は、担当業社が交換時に回収してくれるためゴミも出ず、処理も簡単

使い切りタイプでもペットボトルに比べて、ゴミの処理の回数は少ないうえに、環境に優しいペット樹脂を採用するメーカーも増えています。環境に優しいこともウォーターサーバーの大きな特長といえます。

ウォーターサーバーのデメリット

さまざまなメリットがあるウォーターサーバーですが、やはり気になるのが金銭的なコスト。さらに、キッチンやリビングなど設置場所をどうするかも悩みどころです。

ウォーターサーバーのデメリットを知ることで、解決策が見えてくるかもしれません。

(1)サーバーレンタル使用料がかかる

ウォーターサーバーを利用する際には、サーバーのレンタル代がかかります。料金の目安は、大体1,000円以下

サーバーレンタル料が無料のサーバー会社でも、水代にレンタル料が含まれていることもあるため、総合的な費用で考えると良いでしょう。

また、ウォーターサーバーは電気を供給し続ける必要があり、電気代も考慮しましょう。サーバーや契約している電気プランによって変動はありますが、1ヶ月の消費電力目安は1,000円ほどです。

(2)ウォーターサーバーの設置場所の確保

ウォーターサーバーは、ある程度の設置場所を確保することは必須です。キッチンやリビングに設置する場合は、サーバーの大きさや部屋の広さから設置スペースの確保が難しいことも。

また、料理に使う場合は、調理がしやすい家事動線を検討する必要もあります。

各社サーバー本体のスリム化に取り組んでいたり、卓上タイプを取り扱っている場合もあるので、設置場所に合わせて本体サイズも確認しましょう。

(3)サーバーの定期的なメンテナンスが必要

ウォーターサーバーのメンテナンスを怠ると、せっかくのおいしい水が台無しになるだけでなく、サーバー内が不衛生になり健康にもよくないです。

日々のお手入れとメーカーによる定期的なメンテナンス、場合によってはサーバー交換が必要です。メーカーの中にはメンテナンスを安くつけてくれているプランなどもあります。

水道水ではなく天然水やRO水(純水)を使うメリット

提供:LIMIA編集部

世界的に見ても、日本の水道水は安全性が高く、そのまま飲んでもほとんど問題ありません。

しかし、水道水には衛生面の観点から微生物に対する消毒効果をもつ塩素を投入しているため、蛇口から出る水道水には残留塩素が含まれています。また、鉄製・鉛製の水道管劣化による「さび」や「はがれ」が不純物として含まれることも。

そんな水道水に対して、ウォーターサーバーの水は「天然水」や「RO水(純水)」が使われています。

天然水の特長

特定の水源を源水とした水を総称し「天然水」と呼んでいます。水源によって水の味にも個性が現れ、自然のミネラル成分を摂取することができます。

RO水(純水)の特長

水道水や地下水などをRO膜(逆浸透膜)と呼ばれる特殊なフィルターを介し、限りなく不純物をゼロにまでろ過した水を「RO水」と呼びます。不純物などを完全に除去すると共に、カルシウムなどのミネラル成分などをバランスよく加えておいしさを作り上げています。

ウォーターサーバーとペットボトルの水ならどっちがお得?

ウォーターサーバーのメリット、デメリットを検証する中、やはり気になるのが「コスト」。実際のところ、ペットボトルの水とウォーターサーバーはどちらがお得か確認しましょう。

一般的に水500mlあたりでコストを比較すると、以下のようになります。

  • ペットボトル飲料水……約30~35円
  • ウォーターサーバーの飲料水……約80円

水以外の価格では、ペットボトル飲料水を購入した場合に通販だと配送料が加算され、ウォーターサーバーは電気代やサーバーレンタル料などが加わります。

数字だけで見れば、ペットボトル飲料水の方が安価であることは確かです。

しかし、重いペットボトルを持ち歩く手間や車での移動、通販購入時の送料を考えると、一概に「お得」とは言えないのが現状です。ペットボトルの水を料理やお茶、コーヒーに使う場合は、沸騰させる手間もかかります。

ウォーターサーバーの利便性は、多少のコストの高さを十分に補えるといえます。

メリットを生かそう!シーン別おすすめウォーターサーバー5選

ウォーターサーバーにはさまざまな種類があり自分のライフスタイルや家族構成に応じて選ぶことで、メリットを最大限に生かせます。

ここからはウォーターサーバーを賢く選ぶための基準として、一人暮らし向け、赤ちゃんがいるご家族向け、オフィス利用向けの3つのシチュエーション別におすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

一人暮らし向けのウォーターサーバー

プレミアムウォーター
スリムサーバーIII(ショートタイプ)
置き場所に困らないショートタイプのウォーターサーバー
『プレミアムウォーター』の置き場所に縛られないショートタイプ『スリムサーバーIII』。冷水と温水を1台で出せるほか、光センサー付きのエコモード搭載で消費電力を節約。電気代を抑えることが可能です。シンプルながらもどこか高級感のあるデザインと4つのカラーバリエーションで、室内のどこに置いてもなじみます。ロングタイプと比べてコンパクトな設計のため、部屋やキッチンが狭くてもOK。設置するだけで周囲の空間がおしゃれに見えます。
タイプ
卓上タイプ
本体サイズ(mm)
H824×W270×D366mm
水の種類
非加熱天然水
1Lあたりの水の価格
176円/L(基本プランの場合)
宅配方式
ワンウェイ方式
ボトル容量
7L、12L
ボトル取り付け位置
サーバー上部
サーバーレンタル代
0円/月
ノルマ・最低発注本数
あり・基本プランの場合:1セット(2本)から偶数単位での注文。契約年数2年。前回配送日から59日までの期間は、無料で休止可能。60~89日の休止は、休止事務手数料880円が発生。
電気代の目安
通常使用時:約790円/月、エコモード使用時:約630円
アルピナウォーター
スタンダードサーバー 床置きタイプ
好きなタイミングで購入できるノルマゼロのシンプルプランが◎
12Lボトル1,134円と、圧倒的なコスパの良さが人気の『アルピナウォーター』。定期購入のノルマがないため、1ヶ月の水の使用量が月によってまちまちな一人暮らしにぴったり。欲しいときに必要な分の水を注文できます。ボトル一本あたりの価格がリーズナブルなのも嬉しいポイント。また、定期メンテナンスが必要なサーバーも、『アルピナウォーター』ならサーバーごと無償交換できます。北アルプス爺ヶ岳の湧き水をろ過したRO水のおいしさも味わえて◎。
タイプ
床置タイプ
本体サイズ
幅27×奥行33×高さ100cm
水の種類
RO水
1Lあたりの水の価格
95円/L
宅配方式
リターナブル方式 (12L/18.9L)、ワンウェイ方式(7.6L)
ボトル容量
7.6L、12L、18.9L
ボトル取り付け位置
サーバー上部
サーバーレンタル代
629/月
ノルマ・最低発注本数
なし
電気代の目安
ボトル4本の利用で約1,000円/月

赤ちゃんがいる家族向けのウォーターサーバー

FRECIOUS
Slat
調乳に適した70度に設定可能。節電効果&チャイルドロック付き
富士山の上質なバナジウム天然水を提供する『フレシャス』のウォーターサーバー『slat』。洗練されたデザインのおしゃれなサーバーが人気です。天然水を新鮮に保つため、サーバー内にはエアレス構造を採用。雑菌を含む外気の侵入がほとんどないため衛生的です。「エコ機能」は赤ちゃんのミルク作りに推奨される70℃の温水を作り、調乳を素早く作ることができます。夜中の授乳でも時短になり、ママも赤ちゃんも大満足。小さな子どもがいる家庭でも安心なチャイルドロック機能付き。
タイプ
床置タイプ
本体サイズ
幅29×奥行35×高さ111cm
水の種類
天然水
1Lあたりの水の価格
162円/L
宅配方式
ワンウェイ方式
ボトル容量
9.3L
ボトル取り付け位置
下置きボトル収納
サーバーレンタル代
990円/月
ノルマ・最低発注本数
なし・1箱2本単位からの注文で配送周期を1~4週毎の中から指定。2ヵ月連続してサービスを中断した場合は、翌月以降(サービスを再開するまで)、月額1,100円の 休止手数料が発生
電気代の目安
エコ機能使用時:約380円/月
プレミアムウォーター
cado × PREMIUM WATERウォーターサーバー
妊婦さん・子どもがいる家庭向けのお得なプランが人気
子育て世代や妊婦さんに嬉しい機能が備わった『プレミアムウォーター』の高機能サーバー『cado × PREMIUM WATERウォーターサーバー』。ボトルの設置位置が床から低く、簡単にボトルを交換できます。『プレミアムウォーター』が提供する非加熱天然水は、赤ちゃんのミルク作りにも使える軟水。マムクラブに加入するとプレミアムウォーターサーバーやサーバー料金がお得になるほか、設置料金も無料に! スタイリッシュなデザインも魅力です。
タイプ
床置タイプ
本体サイズ
幅30×奥行38.6×高さ116cm
水の種類
非加熱天然水
1Lあたりの水の価格
137円/L(MOM CLUBプランの場合)
宅配方式
ワンウェイ方式
ボトル容量
12L
ボトル取り付け位置
下置きボトル収納
サーバーレンタル代
550円/月(MOM CLUBプランの場合)
ノルマ・最低発注本数
1ヶ月で2本以上・最低発注本数:2本 60日以上連続休止した場合は手数料880円(税込)/月 ※120日経過で強制解約
電気代の目安
通常使用時:約840円/月、エコモード使用時:約670円

オフィス向けのウォーターサーバー

アクアクララ
アクアウィズ
コーヒー好き必見!コーヒーマシン一体型ウォーターサーバー
4種類のミネラルを含むRO水で淹れたコーヒーを飲めるのが『アクアクララ』の『アクアウィズ』。ウォーターサーバーとコーヒーマシンの一体型タイプで、『ネスレ』のコーヒーマシンがコーヒー豆本来の風味を余すことなく引き出します。コーヒーマシンは2種類から選択が可能。一体型で手間もかからずコーヒーを用意できるため、自宅やオフィスなどの急な来客にも対応できる点が魅力的。冷水・温水とあわせて幅広い使い方が可能です。
タイプ
床置タイプ
本体サイズ
幅32×奥行32×高さ134.4cm
水の種類
RO水
1Lあたりの水の価格
126円/L(アクアウィズ通常プラン)
宅配方式
リターナブル方式
ボトル容量
12L、7L
ボトル取り付け位置
サーバー上部
サーバーレンタル代
3,300円(安心サポート)/月
ノルマ・最低発注本数
なし・通常コースは1年更新。1年未満の解約で解除料6,600円が発生。ネスレのコーヒー定期便が別途必要(自動契約)。
電気代の目安
約475円~/月

ウォーターサーバーはメリットに合わせて選んで使える!

いつでも手軽においしい水が味わえるウォーターサーバーは、メリットを生かすことを意識して選ぶことが大切。卓上タイプやスリムタイプもあるので、設置場所問題も思っている以上に簡単に解決するかもしれませんよ♪

▼ウォーターサーバーの選び方や価格を詳しく検討したいならこちら▼

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年6月)に基づいたものです。
※お手入れをする際は、必ず電源プラグを抜いてから作業を行ってください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。

  • 2097
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード