ホワイトデーやお花見の季節に◎ 本物の桜の花・葉を使った、ふんわり桜餅風味のビールが2月23日(木)に登場♡

神奈川県厚木市の地ビールメーカー、サンクトガーレンから、長野県伊那市高遠の桜の花・桜の葉を使ったビール「サンクトガーレン さくら」が2月23日(木)から4月初旬までの季節限定で発売されます。

  • 2283
  • 4
  • 0
  • クリップ

1回の仕込みに60kgの八重桜を使用

「サンクトガーレン さくら」は、ほんのり桜餅風味でホワイトデーのギフトやお花見シーズンにぴったりのビールです。
なお、現在サンクトガーレンのネットショップにて予約の受付も始まりました。

通常、ビールは大麦麦芽でつくりますが、このビールでは小麦麦芽を併せて使用することで、口当たりが柔らかくなっています。また、ビールの苦味のもとになるホップの量は抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付けされいています。桜茶などにも使われる食用の八重桜が1回の仕込み(2,340L)に60kg使用されています。

商品概要

商品名  :サンクトガーレン さくら
アルコール:5%
容量   :330ml
価格   :463円(税込)
原材料  :麦芽、ホップ、桜(花と葉)

※香料は一切使用されていません
※日本では桜がビールの材料に認められていないため、発泡酒表記となります。
麦芽率は高く節税型発泡酒とは一線を画します。

「サンクトガーレン さくら」開発の背景

サンクトガーレンが秋冬限定で販売している焼りんごビール「アップルシナモンエール」には長野県伊那市のりんごを使用しています。その縁で、同市のもう1つの名物である高遠の桜を使ったビールを開発してほしい、と伊那市長の要望を受け試作が開始されたそうです。


LIMIAからのお知らせ

ハズレの無いお店選びは食べログで!
対象店のネット予約でTポイントが貯まる!

  • 2283
  • 4
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード