塩原の週末の家(栃木県)

  • 1296
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

各辺25mのほぼ正方形の敷地は、北から南へ向かってなだらかに傾斜していて、その南側は数本の成熟した雑木越しに、森や集落が垣間見られる地域です。
地上より約2mほど持上げたプラットフォーム状の床盤を、東西方向に長く配置して、その何処にいても南側からの良好な眺望と採光を得ることが可能になります。

室内空間のレイアウトが自由である事は重要でその配列は各室それぞれの大きさを模した模型を、
何度となく並び替える事で、現在のプランに収束させました。
客室がLDに挟まれて利用方法の幅がひろがったり、浴室・露天風呂とリビングが続間になったり、予測しなかったプランニングに結びつきました。

  • 1296
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

建築物の機能性や空間の豊かさはもちろんの事、耐震性能など構造体の安全性確保や省エネルギー、断熱や機密性能などの室内熱環境に対する配慮など、そこで過ごす人々の生活…

おすすめのアイデア

話題のキーワード