憧れのキッチンは?スタイルで選ぶキッチン5選

対面式、アイランド式、セミオープンなどキッチンのスタイルは様々。好みはもちろんライフスタイルに合わせることも大切です。
今回は事例をスタイル別に分けてご紹介します。自分たちに合うスタイル探しの参考にしてみてください。

  • 10430
  • 50
  • 1
  • いいね
  • クリップ

現代の定番「対面式キッチン」

かつては台所というかたちで、共有スペースとは別にあったキッチンですが、現在は対面式が主流です。
特徴としては、
・コミュニケーションがとりやすい
・背面にも収納が取れる
が主に上がります。

この対面式のキッチンは更に、2タイプに分かれます。
キッチン上部に吊戸と呼ばれる収納があるタイプとないタイプ。

収納力と適度な目隠し「吊戸収納あり」タイプ

吊戸収納があるタイプの特徴は、
・吊戸がある分、収納量が多い
・吊戸でキッチン内が適度に隠れる

コミュニケーションが取れるキッチンにはしたいが、キッチンの中が見えるのはあまり好きではない。できる限り収納にしたい。という場合に選ばれることが多いです。

明るさと解放感抜群「吊戸収納なし」タイプ

吊戸収納がないタイプの特徴は、
・天井がフラットにしあがるので部屋が広く感じる
・明るさも奥まで届くので開放的

アパート暮らしなどの経験から、吊戸収納はあまり使わないから不要。またはできる限り明るく開放的にしたい。という場合に選ばれることが多いです。

みんなで料理が楽しめる「アイランド式キッチン」

アイランドキッチンの特徴は、
・全面フラットで作業スペースMAX
・大人数でも料理を楽しめる

作業スペースがフラットでオープンなアイランドキッチン。家族や友人と料理を楽しみたい。料理を楽しみながら食事をしたい。そんな皆様に人気です。キッチンでカウンターのように食事できるタイプもあり、食事の時間が違うご家庭などにも重宝されています。

料理も景色も愉しむ「ロケーション型キッチン」

ロケーションキッチンの特徴は、
・窓から外の景色を楽しみながら料理ができる
・窓があることで、明るさや風通しもよい

対面式とは逆に、外を向けて設置するスタイル。魅力は外の四季折々の景色を愉しめること。眺めのいい立地に建築の場合や昔ながらの台所がお好み、キッチンは共有スペースから見えないようにしたいとご希望の場合に選ばれることが多いスタイルです。

ライフスタイルや好みによって分かれるキッチン。定番の対面式もいいですが、他のスタイルにもそれぞれ魅力があります。
キッチンの配置を変えることで間取りの柔軟性が上がることもありますので、いろいろなケースを想定し自分に合う、家族に合うキッチンを見つけてみてください。

【設計・施工】

四季の住まい株式会社
群馬県高崎市中豊岡町824-1
tel:027.328.6544
mail:shikinosumai@daigo-shiki.jp
HP:http://www.shikinosumai.net/

  • 10430
  • 50
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

四季の住まいは平成元年の設立以来、住まい手の健康を第一とした住宅建築を手がけて参りました。リフォーム、エクステリア(お庭)の工事も行なう、住まいのトータルコーデ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード