端材で男前な組み立て鍋敷きを作ろう☆

端材を有効活用する為に制作した組み立て式の鍋敷きです。
使わないときはコンパクトに収納できるので、
持ち運びやすくアウトドアでの利用にも最適です。

ついでにノミの練習にも最適だと思います。

材料!

材料は余ったSPF材を利用します。
1×2材が最適ですが、今回は
良く使っている1×4材の端材を半分に切って利用します。

切る!

ここでマルチエボの丸ノコのアタッチメントが活躍します。
ただ、丸ノコで真っ直ぐ切るためには治具が必要なので、
1×4材を半分に切れる治具があるとすごくイイんですけど・・・。

商品化はどうですかブラックアンドデッカーさん♪笑

削る!

切断面をカンナで削ります。
この工程は無くてもいいですが、
やっておくと出来上がりが綺麗になりますよ~。

掘る!

木材の真ん中に掘る部分の線を書きます。

そして、ここでDIY初心者にはハードルが上がるノミの登場です。
モチロン自分も得意ではありません。。
ただ、練習しないと上手くはなりませんからね!

今回はあまり精度を求められないアイテムなので、
練習に最適だと思います☆

二つを組み合わせて平らになるまで
掘り進めたらOKです。

ステンシル!

木材をブライワックスで着色して、
ステンシルを施しました。

端っこに三角環を取り付けて、紐を結べば完成です!

完成!

これにて端材を活用した男前な鍋敷きの完成です!
紐がついているので、壁のフックにかけておいても
ディスプレイになりますね♪

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー