閑かな家|入れ子構造のマンションリノベーション

若いご夫婦と文鳥、めだかが暮らすマンションの一室。簡潔な床座の生活に慣れたお施主様からLDKワンルームは気積が大きすぎて落ち着かないとのお話を伺い、小上がり・寝室・水廻りから成る3つのまとまりを微かな隙間を取りながら据えることで、身体的なスケール感と奥性のある空間を創りました。素材は木材とセメント。あとは全て塗装仕上げ。縁取った開口部から入ったやさしい光が室内に満ちる閑かな佇まいとなりました。(Photo by Keishiro Yamada)

  • 7959
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ちゃぶ台を中心とした床座の生活。

天井高を抑えた小上がり。

壁・天井は明度を落とし薄グレー色に塗装。ナラフローリングは質感を損なわないよう無塗装。

小上がりとテラスのスキマは文鳥さんの居場所。開口部は隠し框とふかし壁でマンション然とした意匠を抑える。

奥様のキッチンとご主人の書斎を1並びに配置。

セメント板+防音束でLL45性能を確保しマンションの中にモルタルの風合い。

キッチンからダイニング。

玄関と寝室のスキマ。めだかさんの居場所。

床下に仕込んだ足元灯。

スキマのフィルターを通して柔らかな光が入る寝室。

個室を1つ減らして生まれた、明るく広い洗面室。

バックセットと書棚を兼ねた長さ4.9mの可動家具。

  • 7959
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

建築、特に住まいは長い期間お施主様が住み、つないでいくものです。耳目を集めるために奇をてらったり、竣工時が最も輝いている建築では意味がありません。時と共に環境や…

おすすめのアイデア

話題のキーワード