【君は食べたか】あのTop'sのチョコケーキが激旨アイスケーキになって登場。この旨さはもはや事件【セブンイレブン限定】

チョコレートケーキで有名なTop's(トップス)。そのトップスのチョコレートケーキがなんとアイスケーキに変身し、セブンイレブンで発売されていたことをあなたはご存知だろうか? そうやってドヤ顔で言い放つ私は……実は知らなかった。知らなかったけれど偶然入ったセブンイレブンで発見し、食べることができたのである。この旨さ、もはや事件です。美味しすぎたので自慢……否、レポートしたいと思います!

  • 9660
  • 19
  • 0
  • クリップ

クリスマス向け商品で発売されたトップスのアイスケーキ。そして予約販売メイン。でも正月に店頭で普通に買えた幸運

もともとこのトップスのチョコレートケーキのアイスバージョンは、セブンイレブン限定でクリスマス向けに作られた商品。
セブンイレブンのネットショッピングか店頭で予約し、店頭か自宅への配送で受け取るシステムで取り扱われていました。
予約受付は12月17日、商品受渡日も12月20日~25日の期間限定ということで、思いっきりクリスマスシーズン用。

だがしかし、私が店内でこのアイスケーキとご対面したのは、お正月である1月1日。
しかも、予約なし。

どうやら、“偶然在庫があったから、それがたまたま私の利用圏内にあるセブンイレブンの店舗にあった”
そういうわけですね。

とりあえず「ラッキー」ということにしておこう。

「お正月の集まりにトップスのアイスケーキはいかがですか?」
と店内に貼られたポップ。
そう、これはクリスマスケーキの余りなんかじゃ無い。
お正月用のスイーツなんだ!!
それでいいのだ。

さすが本家本元のトップス監修。そのビジュアルはまさにあの「トップスのケーキ」そのまま!!

突然ですが、
「オトナになったら、自分のお金で買って思いっきり食べてやるんだ!」
……と。
子どもの頃にそう心に誓った食べ物ってありますか?

私はあります。
大いに、あります。

ワタクシ、三人兄弟でしたので、なんでも三等分。
“滅多に食べられないような美味しいもの”に関しては奪い合い。弱肉強食の世界で育ってきました。

ワタクシ、姉と弟に挟まれた三人兄弟の真ん中なのですが。
こう見えて(見た目からして、とも言うが)、ドン臭い。
弱肉強食の世界と言いましたが、食卓はまさにサバンナ。そして私は草原をかけるインパラ。
よく動物番組でチータとかライオンに追いかけられるシーンで登場するあの気の弱そうなあいつです。

幼いころ、ホットケーキがおやつに出てきた。
母がフライパンで次々と焼いては、食卓の大皿に乗せに現れ、再びキッチンへと焼きに戻る。
その動作のループの中で、育ち盛りの猛獣は一枚のホットケーキめがけてフォークを突き出す。
やっと焼き終えた母がフライパンを洗って食卓に戻ってくると、ボーゼンと佇む私の姿に気づくのだ。
母「あれ……? もう食べ終わったの?」

ちょっ、ホットケーキ、まだ食べてないです(つД`)
そんな勢い。
でも私は、肉食動物(姉&弟)に文句なんか言えない草食動物。

おやつに大きなサイズのポテトチップス一袋を三人で。
おやつにマクドナルドのポテトLサイズを三人で。
おやつにロールケーキ一本を三人で。
おやつに……以下省略

DNAレベルで草食動物である私は、毎回同じパターンに陥るわけです。
同じすぎて毎日が「ひとり再放送」です。

そして、ついに心の中で野望が爆発。
「オトナになったら、まるごと買って思いっきり食べてやるんだ!!」
と。

このトップスのチョコレートケーキも、そんな野望の対象となった存在のひとつ。

それが今、こうして夢が叶うなんて!!
しかもいつもの「トップスのケーキ」じゃ無い、初登場のトップスのアイスケーキをこのような感じで誰にも邪魔されることなく、のんびりと食べられるなんて!!

38歳、大喜びであります。

その感動を噛みしめつつ、アイスケーキの側面を守るシートをペリペリと剥いていきます。

トップス監修のチョコレートアイスケーキの全容が明らかに!

通常のチョコレートケーキと見分けがつかない、完璧なビジュアル。
アイスで作られているので崩れにくいのも良いですね。

上面には「トップスのケーキ」の特徴である葡萄柄がチョコホイップクリームで飾り付けられています。

カットしてみる。

通常のチョコレートケーキはクルミの入ったクリームがスポンジでサンドされ、層になっているのですが、こちらはアイスケーキということでスポンジは底面のみ。
その分、ミルクチョコのアイスゾーンがメインの作りになっていて、その中にはたっぷりとクルミが混ぜ込まれ、スポンジもサンドではなくダイス状にカットされたものが混ざっていて食感の違いも楽しめる。

やはりトップスのチョコレートケーキといえば、このクルミの存在は欠かせ無いもの。
ふんだんに混ぜ込まれたクルミが「トップス感」を盛り上げてくれます。

上部にチョコ味のホイップクリーム、そしてベースとなるチョコアイス。
たっぷりと贅沢に混ぜ込まれたローストクルミとスポンジダイス。
そしてそれらを支えるスポンジシート。

アイスケーキというものは過去にも食べたことはあるけれど、結局はケーキの形をしたアイスという印象しか持てなかった私。
ここまで「ケーキらしさ」もしっかりと感じさせる素晴らしい仕上がりのアイスケーキとの出逢いは、私の中では初めてです。

いざ、実食

THE 硬い。
フォークが入っていかない。

それもそのはず、アイスケーキですから。カチコチですから。

私が子供の頃、父の職場が赤坂にあった為、誕生日ケーキは毎回、東京赤坂の旧TBS会館内にある「Top’s」のチョコレートケーキでした。
私たち兄弟は三人とも夏生まれだった為、まとめて行われた誕生日会。
年に一度、父が仕事帰りに買ってくるトップスのケーキは、私たち兄弟にとってケーキ界の王様でした。
現在でも私の中ではケーキ界の王様です。
「まるごとどうぞ」なんて言われた日には、このケーキ界の王に忠誠を誓いましょう。

アイスになっても昔ながらの美味なる味は忠実に再現され、その美味しさは変わらず「王」でした。


予約受付&販売は終了してしまったけれど、私が購入できたケースのように、店舗によってはまだ店頭にて販売しているかも!
見つけたら、「絶対に、買い」です。

通常のチョコレートケーキは、ミニ、レギュラー、L、Gと4タイプのサイズ。
4〜5人分となるレギュラーサイズが、縦185×横61×高さ55mmで総カロリーが 1,979kcal。
対して、アイスケーキは縦180×横90×高さ50mmで総カロリーが1,484kcal。
双方、若干のサイズ違いはあるものの、アイスケーキの方がカロリーが低い分、アラフォーの体に摂りこんでもその罪悪感も低い。

お正月ってなにかと食べ過ぎてしまうし。
アイスケーキは太らない
と半ば強引に自分に言い聞かせつつ、食べて呑んで過ごしたお正月。
そして迎えたお正月休み明け。

もののみごとに、太ってやりました。


なんで(涙)

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

筆者profile
名前:ayataso(あやタソ)
東京在住・LIMIA公式ライター。小4の娘の方がしっかりしている1978年7月29日生まれで、まだ伸びると思っている身長147センチ(自称151センチ)。映像制作からスタートした職歴でしたがいつの間にかライター業に落ち着いたのは、書く事が楽しいから。ドライブと街散策でいろいろなものを見て回ったり、新しモノ好きなので新商品チェックは欠かさない。お気に入りの情報やニュースを発信する事が好きなのでInstagram、Facebook、Blogは大切なライフパートナー。毎日、じゃ◯りこと言う某お菓子を食べないと機能停止する持病を抱えている。

  • 9660
  • 19
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー